縁あって、数年前国風展の大賞に輝いた楓の石付が手元に来ました。

若い修行時代、松田松月園氏の扱いで、展覧の席で拝見した時、“これが有名なあの楓“と心躍らせたものでした。

IMG_8274
細身の立石に絡みつくように根をおろした姿。
独特と言える樹相と、印象的な古鏡型の鉢。
40年前の出来事が目の前に甦りました。

羽生に届いた時、“これがあの樹?“  と思うくらい、印象が変わっていました。

IMG_8271
樹の培養状態、作品としての維持と手入れは満点なのに・・鉢映りでした。
培養を考えて和鉢の深みのある楕円に“のんびり“と植えられていました。
2ヶ月、全国の仲間に“古鏡型の中渡り鉢がないか?“と問い続けて、ようやく京都で想いの叶う鉢に巡り会いました。

IMG_8272
半世紀前は、紫泥のおとなしい古鏡。
今回はひとまわり大きくなった樹に合わせて
海鼠の大鍔型の古鏡。
植え付けを終えて、眺めれば、往時の感慨が再び心に甦りました。

IMG_8275

IMG_8276
盆栽は鉢を“締め込む“事で、樹相が“大きく“感じられます。
勿論、培養のみを考えれば、楽な合わせが順当なのでしょうが、やはり“衣装“はその樹を変えます。
自分で納得のゆく鉢合わせ、私も和鉢まで入れれば3000点以上の鉢を保有していますが、
それでも、植え替えの時、うまく合わない時は、半日かけてもピッタリと来ない時があります。
48年間、植替えを毎年やってきても、それは変わりません。

盆栽人として、“最良の美なる鉢映り“を、いつも心掛けてゆきたいとあらためて思った楓の石付です。

“深山の更に奥を逍遥すれば、崖上より岸壁にしがみつくように生きる樹々の姿
その梢はあくまで細やかでやさしく、降りおりるような景色“

私の中の石付盆栽の象徴のひとつが“あの頃の姿“になりました。