雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴49年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”


帝都の鎮護社、明治神宮での恒例『奉納盆栽水石展』が、開催されました。

IMG_0327
水石協会の年少理事になった40代の初め、企画立案から開催に走ったあの頃を思い出します。
あれから四半世紀近く!
いつの間にか、海外の方で溢れるような観覧を得るに至った展示。
今年は過去最大の出品数となりました💦

展示会場での盆栽水石展が多い我が業界ですが、このような歴史と格式、
何よりも御社殿内陣の回廊と言う、神域の中での盆栽達は、普段と違って、どこか“おごそか“に見えます。

IMG_0325
大徳寺の盆栽庭園もそうですが、海外の方々にとって、盆栽がどれほど“日本の文化遺産“として評価を頂いているか、実感します。

昨年までは、この展示に併せて、“水石界の歴史“と言える『日本水石名品展』が、社務所講堂で開催されていましたが、
この文化の更なる広がりと多くの水石趣味の方々を趣味も正業も共に発展させる目的で、
8月に展示とオークションが続けて行われる『日本水石逸品展』として新たに始まる形になりました。

IMG_0324
回廊に飾られた盆栽と水石を記録に残そうと、iPhone片手に展示品が見えないくらいの人達が終日ご覧になっていました。
こんな光景をいろんな所で見られたら!
何処まで出来るか!頑張りたいです‼️

【芳春院盆栽庭園・第二次工事開始❗️夢の舞台へ‼️】

コロナ禍直前の開園からまる3年、芳春院和尚様の英断で、庭園の拡張を目的とした第二次工事が始まりました❗️

IMG_0245
宣伝もせずに、一年二年、まずはこの京都大文字山の麓の気候と盆栽の生育状態を理解する時間と心に決めて、
拝観者が殆どいないコロナ禍の時も、“百年の計“を思えばたった二年💦と覚悟を決めて、
盆栽、そして訪れて下さる海外を中心の拝観者の方々に、笑われないよう、
“日本の本物の盆栽を観て頂く事だけは崩さない“と努めてきました。

庭園の専従担当の渡邉さん(通称ナベさん)と共に守ってきた姿を、和尚様は“次の舞台“としての答えにして下さいました。
西側の建築物を撤去!
約2倍の面積になる庭園。

ここから1年、現在の盆栽庭園と連続してご覧頂く、“禅寺ならではの盆栽庭園“が広がります。

IMG_0246

欧米の方々半分、国内の方々半分、“真の日本の盆栽“を、常時見ることの出来る庭園“として、何を伝えようか? 
戦国時代の歴史がタイムスリップしたその大徳寺、ひとりの盆栽人が考える“時間“など、他愛も無い刻かもしれません。

“ああなるといいな、こうなると面白いな“ 色々な思いもあります。
しかし、そのすべては、公私共に尊敬する和尚様の考えに委ねて、唯々盆栽と共に頑張ろうと思います。
大阪万博の頃、この庭がどんな景色になっているか!
楽しみにして下さい‼️

それでも、庭園は今まで通り、
季節の盆栽・歴史ある名樹が、訪れる皆様を迎えて、日々開園しています。

IMG_0247
京都にいらした時、五摂家筆頭“近衛家“をはじめ、千利休・織田信長・石田三成・前田利家・細川家・畠山家・大内家、
数えきれないその他戦国大名の足跡濃いこの大徳寺と盆栽庭園にいらして下さい‼️


羽生から東北道~北関東道~関越道で、関越トンネル“谷川岳“を超えて(大袈裟ですね💦車で2時間半!)
越後の国、新潟県長岡市の水石家、中川さんの所へ伺ってきました❗️

IMG_0242
私と干支でひと回り上の中川さん。
煎茶を愛し、水石を愛し、ご自宅の一部を、来訪される趣味の皆さんとの語らいの場にして、悠々三昧の生活‼️

相変わらずの水石に対する目筋の良さ!

IMG_0243
拝見するものすべてが、“ズレてない“ 秀石揃い!
水石は勿論の事、水盤の話(当日は“幻の呑平“で盛り上がり!)道具の話、尽きる事ない楽しい時間でした!
ひとりの目利きが、創った“自分の世界“ 皆さんも長岡の方へ行く時、連絡して拝見すると良いですよ!
すぐ近くに、銘酒「久保田」の朝日山酒造があって、ショップやレストラン、楽しめます❗️


“ここからの盆栽人の役割り“という、次代にかけるステージ作りの相談で、
久しぶりに長野県鈴木伸二さんの庭に伺いました。

IMG_0219
生憎の空模様でしたが、庭内・邸内共に、“なんてキレイなんだろう‼︎“と、ため息の出る程に、
陳列も季節感も、盆栽から草物まで、“美しさとは“を追求した構成が、各所にされていました。

鈴木さんと言うと、名木の作出者のイメージが強いものですが、
繊細な美意識は、彼の“アトリエ“と言うべき、この小布施の地に来ると、よく分かります。

IMG_0218
私の所のスタッフたちにも、もっと勉強して欲しくなります💦
私も彼も60代、バトンタッチする時期と、
現代社会に伝えたい盆栽のシーンを頭に描く事の多いこの頃です❗️


艶やかなサツキの花々が過ぎ、いよいよ“初夏“の兆しが感じられる季節になってきました。
毎年“せめてひと鉢ふた鉢、花をつけて!“と、祈るように培養している菖蒲の鉢物。

IMG_0180
お蔭で今年は床の間に飾れるものが、佳き花をあげてくれました。
邪気を祓う願いを、菖蒲の葉姿を剣に見立てたのは、京都祇園祭りの“長刀鉾“にも表れています。

IMG_0178
清流の上を飛び交う二羽の燕!
大好きな田中以知庵の作品です。

脇には、明治神宮の菖蒲園にも見られる、“八橋“、ひとつの木からこの桟橋を彫り出したのは、名工田中一光先生。
白木造りなのが、菖蒲の清廉さと似合っています。

IMG_0179
季節を捉える飾り、盆栽と違って、菖蒲が売り物になる訳ではありません。
炉均窯の丸水盤に映える菖蒲も飾る前には足元を綺麗に“剝き込み“をしてからの席入れ!
盆栽人として、プロとして、怠る事なく、ご覧に入れ続けたいと思っています。
それにしても、気候変動? 
季節の草物花物、何とか上手く育って下さい💦

↑このページのトップヘ