雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:雨竹亭


【76歳!いつまでも 作り手として現役!】

昨年末、私共の羽生雨竹亭に木村正彦先生が来訪されました。
先生が他の盆栽園に訪れるのはとても珍しく、拙亭も10年間で三度めです。
「今年は一緒に中国へ連れて行ってもらったり、いろいろと世話になった」
と世界にその名を知られる方とは思えぬ程の謙虚さ。
本当に頭が下がります。
亭内を一巡され、かつて手掛けた作品などを見て懐かしがられていました。

スタッフ・見習い・中国研修生 達との記念写真にも気軽に応えて下さって、
若者達には最高の記念になりました。
床の間の黒松は遠い昔、大家小口賢一翁が愛蔵されていたもので、
基本の姿は若き頃の木村先生が作り上げたものです。
樹も先生と三十年を超えての再会です!


【中国西安よりの研修生  とにかく一生懸命!!】

12月からエスキューブ出資中国法人「楊凌雨竹亭有限園芸公司」から
出向研修のビザで短期研修に来た郝君と趙君ともに21歳!
西安の培養場で8名の中から選ばれた優秀な2人は、
日本に来ての1ヶ月も「アッパレ!」と言えるほどの頑張りぶり。

貧しい農村から高卒で園芸専門学校を出ても30歳くらいで得られる給料は3~4万!
「日本の最高の盆栽管理と制作技術を身につけて故郷の人達と盆栽事業で豊かにする!」
私が43年前にこの世界に入った頃の想いが蘇ります。
元旦から頑張る彼らに、はじめて盆栽を触れさせました(1ヶ月は雑用のみ!)

この苗木のような真柏が彼らと同じく将来の名木になるように、見守りたいです!
ガンバレ!若者!



【樹々たちは 変わらずの姿で】

除夜の鐘まで僅かとなる中、年越の準備に追われる盆栽園!
関東地方独特の"寒風"が吹く中でも、盆栽達は冬日の陽射しを受けて静かな日々を過ごしています。

新年に各所に飾る実成りものは野鳥からその実を守る為、部屋じまい、
手入の始まった大型松柏類は大型木造室へ、雑木盆栽は枝先の剪定!!!!
願わくば、13月があればと毎年想うこの季節です。


【1000点越えの古鉢・水石・卓】

年末の大掃除が始まりました!
天気の良い日、諸道具収蔵庫(別名 高木倉庫・以前 旧高木美術館コレクションを収蔵する為に作った名残です)
を1回全部出しての大仕事です。

"こんなに在庫あるんだ??"
と自分でもびっくりするくらいの量。
1年間良品を求めて買い続けるとこんなになるモノかと、あらためて感じました。
新年よりのお客様をお迎えする時、雨竹亭の倉庫をご覧になる方が、
しまったままの古作名品を見やすい形でご覧頂く毎年恒例の"大棚飾り替え"です。
私たち自身もしまいっぱなしにしておいた鉢や水石、
そして展示会用の卓など、あらためて目で確認する機会としています。
年明けにお越し頂いて、この蔵に"こもって"1日楽しんで頂くのもよろしいかと???


【展覧会未公開の真柏名樹・日輪画幅・大鷹】

歳の始めに皆様にお届けする年賀のご挨拶状。

来年は酉年、双龍を想わせる真柏は私の所で14年の年月を過ごし、
ようやく盆栽らしくなってきた"将来の名樹"です。
昇りゆく龍は希望や道そのもの、円山応震の日輪の図は、
床勝手にあった画中右手描き、脇床にはやや大きめですが干支に因んで大鷹の鋳銅作品。
昇る日の出に向かって羽ばたく鷹、神格化された真柏老樹。
新年の格調と「大和の盆栽美」を構成してみました。

↑このページのトップヘ