雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:鉢


[広州 盆栽大典 福田理事長達と合流】

4年に一度の中国大盆栽展、広州への訪問は
"失われた広東鉢"の再現と来年の日本「世界盆栽大会」招待状のお届けが目的です。
7月にようやく辿り着いた広東鉢再現のパートナー劉さんの窯場で、
あの時絵に描いた幾つかの鉢が、胎土の状態でほぼ完成していたことには感激しました。
僅かな修正程度で、後はこれだけの大きさの鉢が釉薬の研究と共に焼成して仕上がるかの段階に入ります。
何とか2月位までに日本に運べればと願ってますが、
"未来に残る仕事"となるよう、納得のいく作品にしたいです。


広東鉢の故郷 広州で開催された盆栽展は、日本盆栽協会福田理事長と合流して、
世界盆栽大会の招待状を中国著名盆栽家にお渡しする活動でした。

圧倒的な展示内容、式典のイベント化など、参考にすべきものが多くありました。

【小品盆栽から大型名木・古鉢・水石・卓・水盤】

幅広い盆栽関連商品を「いつでも・どこでも・誰にでも」
キャッチフレーズに
多くの皆様にご利用頂いていた雨竹亭ネットオークションが間もなく再開されます!
中国関連の"爆買い"ともいえる状況に、私共が本当に求めていた
"開かれた楽しめる空中の雨竹亭"とは違うものとなっている事を憂慮して中断していました。
エスキューブ雨竹亭も現在国内4店舗・海外1店舗、
スタッフも総勢20人を超えています。
20代の若いスタッフ達から
「安くてもいいから、幅広い多くのお客様に良質な情報と商品を提供させて頂こう」
との声が大きくなり、始めに求めていた"安心して楽しんで頂くサイト"の理念で再始動させて頂きます!
「愛好家のお気持ちになって」を忘れず、
掲載商品の精選、解説の真正性を第一にはじめます!
どうぞご覧になって下さい。

ヤフオク雨竹亭ストア


【日本に来なくなった宜興の"本当の実力"】

西安ギャラリーのオープンに併せて、以前より希望していた
紫砂の故郷"宜興"へ出向き、今の宜興盆器の真実を見てきました。
以前より何度か訪れた事のある「宝山」は5年前とは大きくその製作品が変わり、
大型の"良作"が数多く積み上げられていました。
ここにある紫泥・朱泥の手作りの盆器の殆どは、現在日本には運ばれていません。
盆器担当の楚さん曰く、
「日本の皆さんとのお付き合いは古く、お世話になっていますが、
最近は中国国内の上質な作品への要望が高く、日本の通信販売用の量産品もコストが上昇している関係で、
以前程の日本受注はありません。
特に森前さんが認めてくれる私達の自信のある本当の宜興の胎土と腕を活かした作品は、
高いと言われて殆ど注文は頂けず、国内で高まる良質作品への注文に宝山も傾注しています。」
とのこと。
"宜興の陶都の技術"は今も僅かに伝承されている事に、震える想いを持ちました。そしてこの本物の秀作を利益があまり無くても日本へ広める事も、
私の大切な役目と確信しました。
秋には私が選んだ"本当の宜興鉢"を日本の盆栽界へ届けたいと思います。

↑このページのトップヘ