雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:水石

 「人間修養と盆栽水石美の探求」を是として設立された玄虹会の恒年展覧は定例会場である京都大徳寺塔頭「芳春院」で
初の秋季展として開催されました。

 単に盆栽水石を展示することから、それを通して感得できる
“神遊世界”へ辿り着くことを本義とするこの会は、
遡れば室町桃山江戸そして明治大正昭和と磨かれてきた日本人の自然観から創出される
美意識の結晶とも言えます。

 会場の芳春院は加賀前田百万石 前田家の初代利家の妻松子(通称おまつ様)が建立したもので、
諡“芳春院殿”から名がついたそうです。

来年はおまつ様没後400年遠忌となり、JRの「京都冬の旅」で特別公開されます。
(通常は非公開寺院です)
展示された名席の一部をご紹介していきます。 

image1


IMG_0370


長岡市にある朝日山酒造は「久保田」の蔵元として有名ですが、
この蔵主の旧宅は「松籟閣」と称する見事な明治の邸宅です。

ここで開催された水石の本格座敷飾り
「楓石展」は地域を代表する見事な展覧でした。

IMG_0374


やはり水石は、飾られる空間で醸し出す美的余韻が大きく違うものになることが
あらためて実感できました。

“かわりゆくもの”と“かわらずに伝えるもの”があることを教えて貰った気がします。


IMG_0394
 

image24


岩﨑大蔵先生の遺愛石を手に入れたので、三点飾りをしてみました。

「遠くに見える穏やかな景色」が感じられる石なので、
取り合わす盆栽も“険しい姿のものを避けて五葉松の文人系の“流れ”を持つものにしました。

真黒系の石と五葉松の取り合わせには、季節感が出づらいので掛軸に「来雁図」を使って
“穏やかな老松の彼方に見える山並み、空から今年も雁が降りて来て秋の訪れを教えてくれる”

そんな景趣を想って設えてみました。

季節感、流れの調和、全体の間調子など、何十年やっても満点は叶いませんね!

image25
 

image13


来年の「日本の水石展」へ協賛寄付を目的としたオークションが
上野グリーンクラブで日曜日開催されました。

総取引高9400万円はリーマンショック後の最高取引高です。
商売だけのオークションだったら無理な数字が
“水石界将来の為”という大義でプロアマ問わずに協力した結果です!

羽生、銀座、多くの愛好家の皆様にご愛顧頂いて私共は「雨竹亭」「雨竹庵」を営んでおります。私自身、こういう電波の世界は苦手で若いスタッフに任せておりましたが、「他には無い中身の濃い、面白いブログを」という声に背中を押されて、慣れないキーボードを一文字ずつ押して始めることにしました。日々の出来事、感じた事、盆栽水石界の“本音の話”等々、その時の思いつくままをお伝えしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

盆栽家  森前誠二

image1

↑このページのトップヘ