雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:岩﨑大蔵

【未来の名木"四天王"】

四国「高砂庵」岩﨑大蔵先生の遺品盆栽を全品入手して、いつの間にか一年が過ぎました。

色々な人達が"色々な"思いを持って、「高砂庵コレクション」に会いに来ましたが、
当時この四点は手入れが甘く、培養状態も満点とは言えなかったので、
誰の目にも止まりませんでした。
芽すぐり、植え替え、施肥、消毒と、"当たり前の事"を一年続けた結果、
今の雄姿へと変貌したのです。
私の胴回りはあるかと思う程の幹力は、雨竹亭の他の盆栽と並べて置いてしまうと、
ほかの樹が"引き立て役"になってしまいます!
一樹ずつ個性があり、3~5年後、
彼等にどんな未来が来るのか、とても楽しみです。
盆栽の面白さは、人間と同じくしばらく見ない間に、その存在感が大きく変化する事でもあります。
言い方を変えれば、人も盆栽も一年や二年では本質は何も変わりません。
逆にその本質に気が付かなかったのです!
物事は安直に価値や判断をしてはいけない証拠です!
皆さんも「白鳥になり始めたアヒルの子達」に会いに来て下さい!


岩﨑コレクションには溢れるほどの松柏類の盆栽がありましたが、
名木として世の中に発表されている樹はごく僅かです。
多くの五葉松は実生80~100年、
約500本の"王"がこの樹でした。

冬季に整姿針金掛け、春先に植え替えを施し、
ようやく「大樹の相」が現れてきました。
3~5年の後には大名木として
盆栽界に名の通る存在になっているでしょう。



【高木盆栽美術館  改め  京都盆栽美術館  展示用!】

昨春、私共で取得した岩﨑大蔵先生の盆栽群の名樹部分30点余りが、
建設を予定される「京都盆栽美術館」の為に羽生雨竹亭で、
訪れる展示の為の培養の日々を過ごしています。

5年余り先生亡き後も四国の地で守られていましたが、
専門的な植え替えはなされていませんでした。
先日からこの名木群の本格的な植え替え作業をしています。
エスキューブ管理班全員集合です! 
とにかく大きいです!

岩﨑大蔵先生、やっぱり凄い方でした!

↑このページのトップヘ