【祇園祭り・神域の杜・比叡の山並!】

羽生の庭も37度の暑さが続いています。古都京都は千年続く祇園祭り。
お客様をお迎えする雨竹亭の応接床の間も、暑気の邪を祓う飾りです。

掛物を先に選ぶ季節の風物詩、日比野白圭の筆による「長刀鉾に半月」。
天空に白刃を立てる祇園祭りの象徴「山鉾巡行」の中でも誰もが知る「長刀鉾」。
夕闇の朧の空気の中に山車の上部分のみを描き、今登らんとする月。
これから続く暑さを邪気とともに祓う願いが込められています。

古銅の水盤に設えられたのは、古都を見守る比叡の山並み。
脇床には神域を想わせる社の森。
掛軸・水石・盆栽 がひとつの景色を現出し、
風景と共にそこに潜む日本人の自然との共生・文化的風俗が、一席に込められています。
夏飾りは、何処かに心がホッとして 何処かに祈りにも似たものを込めた
心安らぐ飾りを楽しみたいと思います。