雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:勝樹園


【井浦さん  お父さんの形見で受賞!】

グリーンクラブの第42回作風展は、長野県須坂市の勝樹園 井浦貴史氏が、
昨年逝去された「真柏山採りの父」と謳われたご尊父の遺品で見事 大賞を受賞されました!

私も十数年来の友人で 亡き先代にも大変よくして頂きました。
以前、満を持して挑んだ真柏名樹で"無冠の三位"となった時、「自分の実力不足です」と
謙虚な姿勢を貫いた彼の栄誉を本当に心からおめでとうと言ってあげたいです。

三十代の技量高き盆栽家が、衆目の評価を得て活躍される事は、
還暦の足音が近づく私達の年代から見ても、とても嬉しい事です。
先日、共に中国の旅をした木村正彦先生も賛助出品で、
得意の真柏石付きを展示されていました。
76歳にして精力的な創作活動には頭が下がります。
もうひとつ、大徳寺「玄虹会」でいつも素晴らしい自作の盆栽を披露される矢内先生の出入り方である、
大溝さんが初出品、文人部門で初受賞!

お二人とも大徳寺での仲間であり、五葉松文人も内容素晴らしく、
後輩の栄誉に心温まる日となりました!


【長野県  須坂市  勝樹園井浦氏の傑作】

銀座雨竹庵「軽井沢店」の今季開店の準備で長野県に行った時、
足を伸ばして久々に真柏盆栽の著名盆栽園「勝樹園」を訪れました。
先代から受け継がれた名樹「風神」と"未完の名木"「雷神」は元気に
そして "さすが "の存在感を見せて棚場を圧倒していました。
「1億円」の価値と言われる意味が、目の前で見ると納得できます。
" 私はこの樹を守りながら時を重ねて行きたいです "と
現当主は謙虚に語っています。
親から子へと受け継がれる名樹とその"想い"。
2作が完成した姿を楽しみに園を失礼いたしました!

↑このページのトップヘ