雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:中国


【中国広州の旅で出会った若き陶芸家】

香港に近い中国広州へ"失われた広東鉢"を探す旅の途中、
佛山市という所で若き陶芸家に出会いました。
王為敏君。29歳の彼は5年前"自分探しの旅の途中で陶芸に出会い、
この広東窯(正確には石湾窯)で陶芸家を目指すことになったそうです。
清の時代の建物を仲間と借りてアルバイトをしながら
佛山にある明の時代の登り窯を借りて作品造りに励んでいます。
「貧しくても自分の夢を追いかけて」
42年前、15歳の私がこの道に入ったあの頃を思い出しました!
彼からその時頂いた小さな置物を使って真柏と取り合わせてみました。
大自然を生き抜く樹とそれを仰ぐ老僧、今度広州へ行った時、
彼にこの分野の作品を作ることを相談してみようと思います。
旅の出会いが新たな飾り道具を生んでくれたら嬉しいです!


【大連・宜興・義烏・西安・広州・上海】

中国各地の諸用の傍ら、訪れた愛好家の庭で盆栽の"プチ教室"を時間の許す限り行いました!
何気ない真柏の"畑作り"の素材を手入れする事で、盆栽としての階段に一歩を昇らせる・・
こんな事でも役に立つのなら、いつでも何処でも頑張りたいと思います。
授業料なし、観客なしの盆栽教室ですが、
樹の持ち主はそばで本当に感動してくれます。
その感動が、友好と盆栽文化の架け橋の"藁一本"にでもなれたら嬉しいです。


【友人  温 貴仁 氏の情熱と大連盆栽世界の今後】

数年来の友人であり、弊社の恩人でもある大連の温 貴仁 氏の所に初めて訪問しました。

道路建設などで国の発展に尽力された温氏は、紫砂の魅力に傾注し、
茶器関係を中心とする個人美術館を開設されました。
私どもとの付き合いで、急須など紫砂茶器を蒐集する為の日本来訪が、
いつの間にか盆器のコレクションと言われる程になったとのこと。
今度は本当に温氏の喜ぶ紫砂名品茶器をご紹介してあげようと思っています。
奥様共々、お優しいお人柄は、"大連は良い所"と言う印象をもたらしてくれました。


【日本に来なくなった宜興の"本当の実力"】

西安ギャラリーのオープンに併せて、以前より希望していた
紫砂の故郷"宜興"へ出向き、今の宜興盆器の真実を見てきました。
以前より何度か訪れた事のある「宝山」は5年前とは大きくその製作品が変わり、
大型の"良作"が数多く積み上げられていました。
ここにある紫泥・朱泥の手作りの盆器の殆どは、現在日本には運ばれていません。
盆器担当の楚さん曰く、
「日本の皆さんとのお付き合いは古く、お世話になっていますが、
最近は中国国内の上質な作品への要望が高く、日本の通信販売用の量産品もコストが上昇している関係で、
以前程の日本受注はありません。
特に森前さんが認めてくれる私達の自信のある本当の宜興の胎土と腕を活かした作品は、
高いと言われて殆ど注文は頂けず、国内で高まる良質作品への注文に宝山も傾注しています。」
とのこと。
"宜興の陶都の技術"は今も僅かに伝承されている事に、震える想いを持ちました。そしてこの本物の秀作を利益があまり無くても日本へ広める事も、
私の大切な役目と確信しました。
秋には私が選んだ"本当の宜興鉢"を日本の盆栽界へ届けたいと思います。


5年間の本当の夢がここから始まります!


エスキューブの対中国盆栽輸送は、5年前に始まりましたが、
私達は単に盆栽を景気の良い中国愛好家に売るためだけではなく、日本の盆栽の真の内容をきちんと伝えて、
両国の盆栽文化が本当の意味で高めあって欲しいと願っています。
その意味で、京都市と姉妹都市である唐の都「西安」の世界遺産である
三蔵法師が経典を納めた「大雁塔」から歩いて僅かの所に、
盆栽ギャラリーが完成したのは、これからの私達が目指す仕事の要となると確信しています。
中国の愛好家に"日本の盆栽文化"を見て頂こうと思っています!

↑このページのトップヘ