雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

タグ:上野グリーンクラブ


【世界盆栽大会 資金協賛事業  どなたでも参加出来ます!】

私も事務局長を務める日本水石協会の文化普及事業である、
東京都美術館「日本の水石展」や
来春4月にさいたまスーパーアリーナで開催される世界盆栽大会「日本の盆栽水石・至宝展」の運営資金協賛事業として、
今月28日に上野グリーンクラブでオープン参加方式のオークションが 開催されます!
水石・水盤は勿論のこと、盆栽・樹鉢・卓など、
盆栽水石界に必要とされる殆どの物が網羅された大オークションです。

昨年は9000万円台と言うバブル以後の最高出来高となりましたが、
金額だけではなく、盆栽水石の文化を未来に繋げようとするイベントに
プロアマ問わずに多くの方々がご参加いただいたことが、
どんなにこの事業を推進するエネルギーになったか、感謝に堪えませんでした。

今回も前日27日(土)下見、翌28日(日)午前8:00からオークション開始となっています。
当日現金精算方式ですので、水石協会員はもとより、
協会役員・日本水石組合員・日本盆栽協同組合員の保証があればどなたでも参加出来ます。
会費は昼食弁当付で¥1,000です。

普段見ることも少ない名品の数々がライブで落札されていきます。
これをご覧になるだけでも"一見の価値あり"です!
ご参加を心よりお待ちしております。

(写真は昨年の出品状況)


【都会の喧騒を忘れて  山野草・盆栽・水石  そして  アンティークの数々】

今春、池之端の老舗骨董店「呂宋・内久根」が
銀座雨竹庵  池之端店」となり、半年が経ちました。
創業70年(終戦後  開店!)の歴史を持つこの店は、
私どもの古くからの友人である現店主内久根シゲ子さんが2代目として守られていたものです。
美術骨董界に信頼厚い内久根さんが "店長"を快く引き受けてくれたので助かりました!
床の間飾りも楽しめる店内は、盆栽水石界と
骨董世界の様々な道具を楽しんで頂く「出会いの場」として
多くの皆様が内久根さんとの語らいのひと時を楽しまれています。

この間、霧煙るまさに今の季節を切り取った様な飾りをされていました。
 
室内に自然の美しさと詩情を取り入れる日本の素晴らしさを伝えたいと店主は願っています。
(店主は結構男勝りの"江戸っ子タイプです!お会いになればわかります!)

image13


来年の「日本の水石展」へ協賛寄付を目的としたオークションが
上野グリーンクラブで日曜日開催されました。

総取引高9400万円はリーマンショック後の最高取引高です。
商売だけのオークションだったら無理な数字が
“水石界将来の為”という大義でプロアマ問わずに協力した結果です!

↑このページのトップヘ