雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴49年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: WABI CHANNEL


最近の盆栽市況は、“次の盆栽“を作るための素材の入手が難しくなっています。
この10年、市場が世界規模になる中、日本の愛好家の方々が、時間をかけて仕上げた盆栽達の多くが、私達プロの誘導で市場に流れました。
勿論愛好家の方々の事情(高齢で少し減らしたい・大きなものが扱い辛くなったなど)もありますが、
“要望のある売れ筋“を求める業界側の事情も関係しています。

年明けからの交換会(業界の卸売市場)も希薄になっている中、業界本部交換会(水曜会)では、様々な要因を含めて、
海外からのリモート参加(相手国の応札希望者を代行してライブでオークションに参加する仕組み)を
一時的に中断する決断をされました。
市況を考えれば、中断は収益を減少させる事になりますが、
国内の業界保護や、卸売り市場の適正化という点では、英断と言える事だと思います。

それでも、“この樹ならこう作れば“と思えるような盆栽が激減しています💧

第一から第三培養場まで、総数は数え切れないほどの羽生雨竹亭。
買い付けてから培養の安定まで1~2年、作ることよりも健常にする事を心がける樹達。

“こうしてみよう“と思う樹を少しずつ手入れと植替えをし始めました❗️

IMG_9629
IMG_9631

山採り後、根元の切り落とした舎利幹がそのままになっていた真柏、整姿と植替えで、皆さんに観て頂ける盆栽へと導く。

IMG_9630
当たり前の事ですが、そんな時間を今まで以上に大切にしないと!と思う春になりました。

※画像の真柏の植え替え風景はWABI CHANNELでご覧頂けます


春の真柏植替え鉢合わせ解説~盆栽に応じて使い分けたい根捌き根締め方法~


【世界を翔ける二人の真の心の内 “盆栽への愛!命を創ること!”】

国風展が終わって間もない頃、密かに進めていた“夢の対談“が、羽生雨竹亭で行われました。

IMG_9290
“世界の木村” 木村正彦先生、“鬼才“ 小林國雄先生、この二人の共演での対談形式の撮影💦
“両雄並び立たず“と言われたこの企画、お二人とも“森前君の頼みなら“と、1ヶ月前に、快諾を頂いていました。

親交深い月刊『近代盆栽』を発行されている近代出版・徳尾隆次社長に相談して、
私がナビゲーターを務めるYouTubeの「WABI CHANNEL」が先立って、
3月16日(土)21時〜、23日(土)21時〜の2週にわたって、公開されます。
『近代盆栽』は、5月発売の6月号の誌面で、この様子を専門誌の視点で特集されます。

撮影当日は、お二人にお願いして(あつかましいのは覚悟の上😅)
名匠の代表作・真柏「登龍の舞」黒松「翔鶴」を応接床間に飾り(名樹2点を一緒に!ホントにあつかましいですね💦)
私のMCで、“巨人“ お二人に忌憚なき問い掛けをさせて頂きました❗️

IMG_9288
IMG_9289

深く・真っ直ぐで・飾りないお二人の言葉、走り抜けてこられた其々の道のりは違っても、
盆栽人として仰いだ“頂き“は、同じものなのだなあ!と痛感しました。 

名樹2点に併せてかけた書、西郷隆盛(号・南州)の「淡如雲」“淡き雲の如く”
最近毎朝自身の鍛錬で書を書かれている小林先生は、その語彙と筆力に感動されていました。

IMG_9291
対談の中で私がお二人を、“正当派の修練から独自の世界を築かれた“木村先生を“近代日本画の象徴・横山大観のよう“として、
小林先生を“反骨精神と独学の先に辿り着いた美意識で、1970年大阪万博のシンボル・太陽の塔を残された、鬼才・岡本太郎のよう“
と表現した事を大変喜んで下さいました。

心に染みる談話の中身、是非YouTubeで、臨場感と共にご覧になって下さい‼️

WABI CHANNELはこちらから
是非チャンネル登録お願いします!


【変貌する赤松大懸崖の改作!】


YouTubeで公開している私共の『WABI CHANNEL』も、木村正彦先生、小林國雄先生などのご協力を得ながら、順調に毎週の新動画の発表をしています。

多くの盆栽のYouTubeチャンネルがありますが、WABI CHANNELは、雨竹亭らしい視点の動画を心がけています。


今回、羽生から15分の所で盆栽園を開き、一昨年には「日本盆栽作風展」で、内閣総理大臣賞を受賞した、

森山義彦さんに協力頂き、赤松大懸崖の改作に挑んで頂きました。


IMG_7435


木村一門の若き名匠として、温厚で物静かな職人肌の森山さん。

赤松の見所を捉えると、僅か5間で仕上げてしまいました❗️


IMG_7436


さすがの技術力!と洞察眼!

改作の様子は、編集作業(字幕を入れて、英訳を入れて💦10月初旬には公開となります。

神の手を受け継ぐ中のひとり、是非動画もご覧下さい‼️


WABI CHANNELはこちら

(YouTubeに飛びます)


【インタビュー対談!変わらぬ情熱と“優しさ“】

数ヶ月前より開始した、YouTubeチャンネル「WABI CHANNEL」 
銀座時代に全ページを執筆していた(今やれと言われれば、逃げます!笑)盆栽情報誌『WABI』のエキス、
“盆栽と水石の文化的発信“   これを“世界に向けて“  ナレーター役で、字幕入り(英訳の転換も!)でご紹介する番組。

羽生雨竹亭から大徳寺盆栽庭園、そして名匠・木村正彦先生との対話と実技、
お陰様で、僅かな時間で、チャンネル登録が3,000人となり、
毎週土曜日に“世界の方々に本当の思い、本当の深い内容、をお伝えしようと、新しい動画をアップしています。

猛暑の残る、八月下旬、普段より親交深い、春花園・小林國雄師の所で撮影と対談をさせて頂きました!

IMG_7276
水石協会の理事長と事務局長として10年間、喜怒哀楽を共に階段を昇った間柄。
こうして世界に名を馳せた盆栽作家としての一面を取材すれば、75歳となる中でも、飽くなき探究の姿勢が満ち満ちている本人。

IMG_7279
先立って取材した木村先生と共通する“すべての物事を子供のように純粋に捉える心“  日本の盆栽家を代表する2人は、やっぱり違います!
床の間15席!と言う、盆栽界唯一の展示席を有する、日本建築の粋「啓雅亭」!

IMG_7277
日々来園される方々(何と毎日100~200人の内、9割が外国の方❗️)の為に、この床飾りを毎朝されています💦 
ある意味お弟子さん達も技術だけではなく、日本盆栽界ならではの、文化の深さと意味を学べる幸せな空間です。

IMG_7278
盆栽に対する考え方、幅広い捉え方、次代に繋ごうとする斯界に対する“滅私奉公“の心。
九月中旬にはアップされるYouTube「WABIチャンネル」ぜひ皆さんも登録してご覧下さい‼️

WABI CHANNELはこちら(YouTubeへ飛びます)

↑このページのトップヘ