雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴49年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽庭園

1週間で色付く京都の紅葉🍁大徳寺の錦繍❗️

盆栽界・秋の最大イベント『日本盆栽大観展』も4日間の開催があっと言う間に過ぎました❗️
猛暑の夏、今年の紅葉は京都も期待できないものと思っていましたが、
大観展の後半になると、“北山時雨“の訪れとともに、急に寒さも増して、僅か数日で目に映るもみじ達が、見事な紅葉を見せてくれました。

芳春院盆栽庭園も、大観展に飾られた、財団の“上杉謙信の一位“や、
“伏見宮家の宮様楓“などが、庭園に戻り、年に何度かの“見映えの庭“となりました‼️

IMG_8344
澄んだ青空の下に色を添えた庭園風景❗️
いいもんですね‼️

ここから京都は一気に“暮れの雰囲気“になっていきます。
隣接する修行道場の昼夜を問わぬ“鐘の音“や読経、各塔頭で開催される茶会や遠忌会。
街中と離れたこの“紫野大徳寺“の近辺、“月明かりで本が読める“と言う言葉が本当なんだと実感できる日常。

IMG_8342
静謐の中にある盆栽達とともに居る時間は、何ものにもかえられません❗️
この庭園はまだ三年経たず💧
百年の計からすれば、一歩を踏み出したばかり。

近い将来は、和尚様と私が描いた、“禅林の中の盆栽“ を末長くここに有り続ける為の、更なる舞台へと変貌するでしょう。
予定では来年までは、この庭園の仕様、再来年には、今の二倍の規模の庭園へと、和尚様と私の夢は広がります。

IMG_8343
それでも、今年の紅葉は今年限り❗️
昨日を思うものではなく、明日を思うものでもなく、

“今“と言う刻を大切に有り難く、盆栽と過ごしたいと思います。

芳春院盆栽庭園・大展示替え❗️大観展に向けて‼️】

今月下旬に開催される『日本盆栽大観展・於京都みやこメッセ』に合わせて
大徳寺芳春院盆栽庭園も、“晩秋~初冬の秋色展示“に羽生雨竹亭からトラック輸送で、大幅な展示替えをしました❗️
山柿・椿・もみじなど、季節を彩る盆栽、そして大観展に「京都国際文化振興財団」が特別展示する一位の巨木、
戦国大名上杉謙信のゆかりを持つ『謙信峠』を出品前の最終手入れをする為に、名匠鈴木伸二さんの所に移動している今、
庭園の“顔“として、同じ一位の名樹(これも同財団の所蔵樹)『白昇龍』を羽生から運び込みました❗️

IMG_8158
圧倒的な庭園の巨木名樹に加えて、庭内の“通玄庵“の床の間や、展示棟には、誰もが自分でも楽しめる親しみのある盆栽達も設えました❗️
真柏の文人樹の風韻、筆柿の晩秋の風情、盆栽の素晴らしさを少しでも伝えたいと願っての取り合せです。

IMG_8157
開園してもうすぐ3年、海外を含めて多くの方々がご覧頂くこの庭園、
秋の紅葉観光で賑わう京都で、日本盆栽大観展に訪れる皆さんも、“この機会に“と昨年も多くの盆栽愛好家が来園下さいました。
50本を超える選抜された盆栽達、どれもが庭園の構成美に大切な配置!

IMG_8159
ひとつの庭園の“姿“は、2週間程で数本が季節の役目を果たして入れ替わります。
今月いっぱいの芳春院盆栽庭園の“満喫の秋“。是非皆さんもご覧にいらして下さい。


友人の盆栽家、神奈川県秦野市にある“椎野宝樹園“椎野健太郎さんの所で、
盆栽のある部分の真髄を遺された、会田一松翁を顕彰する取材が、月刊『近代盆栽』によっての特別取材が行われました。

IMG_7932
普段は商売仲間の椎野さんですが、お互いに修行時代を持つ古典的な盆栽人として、
“本物の盆栽とは?”と言う、自分達が生涯求める命題に対して会話をする事が多く、
椎野さんが敬愛する大家、故会田一松翁が遺された数少ない盆栽と会話する内に、
“多くの方々にこの考えや世界を伝えたい“と言う気持ちが強くなり、近盆さんに相談して、今回の特集取材になった次第です。

IMG_7933
現在ではその当時の資料すら殆ど残っていない“会田一松翁の世界“、
現在の盆栽界の主流とはひと味違う美意識と概念、でも失いたくない考え、
“商売にはならないよね“と、お互いに苦笑いしながらも、至福の刻を共に出来たと思っています。

IMG_7931
途中からは、一松翁の旧蔵樹を複数所有される、寺内幸夫様が、栃木県からはるばるいらして下さり、
愛好家の立場での盆栽観も交えての対談となりました。

IMG_7934
“削ぎ落とされた美“ 
“瀟洒で間の美しさを大切にした樹々“ 
来春、2月にはこの特集が誌面を飾るそうです。
楽しみになさっていて下さい❗️


先日、久しぶりに長野県小布施町の鈴木伸二さんの園に伺いました。
いつ見ても、“こんなアトリエ庭園があったら“と想わせる、素晴らしいシーン❗️
内外のお弟子さん達の律した動き、入り口から名樹の庭園までの息を呑む完成度とレベル!
応接展示室の“美しい“と表現すべき設えと内容。

IMG_7903
これ程までの完成度を見せる彼のアトリエは、
若き頃から苦難の道をたったひとりで駆け上がった彼が、心の中で描いた“理想“そのものなのでしょう。

還暦を迎えた彼、もう三十年を超えるお付き合い、“ここからの夢は“と尋ねると、
“盆栽を守り作りながら、自分がそうあったように、若い人達を育て導きたい“の言葉。

IMG_7904
さて、ここから彼と人生の“第三幕“をどのように開くものか?楽しみです❗️
それにしても、すべてが完璧で美しいこと❗️
羽生も見習いたいです💧

【大徳寺芳春院「中秋の名月」❗️】

9年29日、遅めの中秋の名月、今年は京都大徳寺にいる日となりました。
これほど美しい名月、初めてかと思います。

IMG_7780
隣接する修行道場から聞こえる鐘や笏丈の音、それ以外は何も聞こえない静けさの中の盆栽庭園。
京都市内の灯りも届かないここは、まさに“月明かりで本が読める“❗️

堂宇の屋根に光る月、星空の灯りに照らされた庭園、こんな幻想的な景色は、一生の内そうはないと思います。
ひとり静かに仰ぐ月、盆栽と禅林、贅沢の極み!
申し訳ないくらいです‼️

和尚様にお願いして、来年は中秋の夜、お世話になっている方々と、“夜咄の盆栽観賞“をしてみたいです❗️
IMG_7781

↑このページのトップヘ