雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 中国


【時価30億円! 世界最高の盆器コレクション 蘇州 楊 貴生 邸】

蘇州での実演日程を終えて、木村先生と私たち一行は、
古渡盆器の至高 最大のコレクション
「楊 貴生 盆栽 盆器 コレクション」を 拝見に訪問しました。
存在感ある楊先生は、温厚で心優しい 盆栽と盆器を愛する 中国盆栽界で尊敬の的の人物です。
「古渡盆器の至宝」と謳われる 李鴻章旧蔵の烏泥を中心に、
息を呑む名品が数百点の単位で収蔵されている特別室は、木村先生・藤川君・森山君 皆が言葉を失う程でした。
IMG_5457
IMG_5456
庭園の盆栽も同じく、数百点の真柏と黒松を中心とした 名品達、
そして何よりも木村先生が感嘆したのは、“10年後を見据えた段階的な樹作り”です。
IMG_5453
無駄枝を敢えて伸ばし、ふところの大切な枝を細やかに作ってゆく。
明日を完成にするのではなく、その樹が本当に持つ 力量に見合った時間をかけた培養計画。
IMG_5458
IMG_5455
特に 中国奥地から山採りで採取された圧倒的な年輪と太さを持つ真柏の原木群は、
木村先生をして
「森前君、私はこんな素材を思い切り残された人生で作ってみたい!何とか日本に運んでほしい」
と言わしめる 日本国内では既に手に入れることは不可能と言える内容の逸材達です。
“先生の為にも、必ず この未来の名品達を日本に運んでみせる”
 子供のような眼差しでその素材を見つめる先生を見て、胸に誓う訪問でした。
IMG_5454


【中国 実演公演と盆栽漫遊の旅 Part 1】

3月26日、名匠 木村正彦先生と直弟子 藤川政幸氏・森山義彦氏と共に、
中国江蘇省 蘇州へ「第1回江蘇盆景協会連盟 逸品盆栽展」の式典と実演公演の為に日本を出発しました。
IMG_5400
同連盟の主席である、中国を代表する愛好家、張小寳先生の依頼によるものです。
700万都市である蘇州の「蘇州美術館」を使っての式典展覧に驚かされました!
IMG_5399
式典式辞の後、木村先生の特別実技公演が企画され、会場は多くの雑誌社・新聞社は勿論のこと、テレビ局の取材も入りました。
IMG_5401
当初は先生ひとりでの独演が予定されていましたが、準備された真柏が大きく、先生の指示で私を含めた4名全員での施術となりました。
IMG_5397
IMG_5398
44年目の盆栽人生で、親交深い木村先生ではあっても、一門以外の私も含めての実演は、初めてです。
私自身も意外な経験となりました。
提供された真柏を見て、こんな素材が何百本でも手に入ると聞いて、
なんとか日本の盆栽界の将来のために、運べないものか、本気で考えようと思いました。
IMG_5420
IMG_5421



【藤川・森山 腹心の弟子と共に】

3月26日より、名匠木村正彦先生は、
若き頃岩崎太蔵氏に導かれて訪れた中国盆栽界の依頼で、“最後の海外実演旅行”に出発します。
中国を代表する盆栽愛好家団体「江蘇盆景協会連盟」の主席であり、
同国を代表する愛好家、張 小宝 氏の招きによるものです。
公演に先立って先日 張氏の広大なコレクションがある常熟市に赴きました。
山東省で山採りされた“日本ではもう不可能”と言える真柏(約300~500年)の素材の中から数点を選びました!
IMG_5201
IMG_5200
当日27日は、午前中木村先生の独演を、世界各国から訪れた盆栽家が見守る中進められます。午後は、同じく張氏の所蔵される五葉松の大根連なりを、
各国代表チームが、それぞれ実演する時、日本チームの素材として改作をします。
特殊な道具だけでも50~60キロをみんなで中国へ運び、
“木村マジック”の本領を見せたいと思っています。終了後またその姿をこのブログでご紹介します!
IMG_5199


【失われた 古渡盆器の再現・次代への遺産として】

泥物盆栽鉢の頂点・中国江蘇省宜興県の窯場『宝山』に “失われた古渡盆器再現” 
そして これを良心的価格で 日本盆栽界に紹介する活動を開始する為、半年振りに訪れました。
IMG_4633

IMG_4634

以前にもコンテナ2台分を羽生に運びましたが、まずはプロ専業者の皆さんに
使用されている胎土や洗練された古渡を踏襲した『宝山』の作品の素晴らしさを伝えようと紹介したところ、
蔓青園さん椎野宝樹園さん達、活躍目覚ましい人達に殆どが売れてしまって、市場に送り出す分がなくなってしまいました。
先達の盆栽界が伝承してきた名器の多くが、海を渡って作られた中国に渡った今こそ、
10年後・20年後 の日本盆栽界の為に『次代の名器』を 日本にもたらすのが、私の仕事だと思うようになりました。
18歳の時、修行先の竹風園で大量の宜興紫砂を親方が誂えて、必死に全国を売りに歩いたことが思い出されます。
私が今紫砂盆器を発注しているのが、当時の宜興紫砂陶磁公司を前身とした会社『宝山』で、
何人か当時のことを知る人がいる事も不思議な縁です。
IMG_4637

IMG_4636

18歳で宜興鉢に出会い、38歳で独立して、20年後の今、次代の盆栽鉢をその地で作っている・・・
人生はほんとに不思議な巡り合わせだなあ、と思います。
2月8日からの国風展売店(上野グリーンクラブ2階)のエスキューブの店にもこれらは飾られます。
是非ご覧下さい。
IMG_4635


【実用と失われた古盆を求めて】

数年前から 訪れて、盆栽鉢「広東」の 新しい実用品を模索する中で、出会った人達と 次なる扉への相談に訪れました。
IMG_4613

IMG_4614

「華南軒」は、広州1番の骨董街の中でも、盆器の目利きとして名高いオーナーさん。
エスキューブの中国姉妹店「楊凌雨竹亭」社長の宋さんとの旅です。
ここ佛山市は中国で「古鎮」という呼び名で言われる“現地の歴史と文化を残した地区”です。
IMG_4616

久々に伺った華南軒は、相変わらず“何処にこんなに古鉢があるのか?”と思う程の品数でした。
「貴方が来ると聞いたから、一生懸命集めたよ」と、商売上手も相変わらずでした!
IMG_4615

オーナーの好みと私の欲しい物に微妙な差はありますが、日本の盆栽界に持って帰りたいものも多かったです。
丁度、この地に着いた頃、日本の羽生本店から“コンテナが届きました”と連絡。
昨年集めた古作・新作が国風展や植え替えに間に合うように届いたのです。

佛山の骨董街でひと通りの買付を終えて、一時間半の車程で、郊外の山間にある劉さんの窯場に着きました。
IMG_4618
IMG_4619

昨年の国風展売店で「均窯袋式楕円」を再現して、話題となった窯です。
「広東の本当の実力を次の時代に残したい」と、30年前教職を捨てて窯の再現に尽くした古窯復活の恩人です。
今回も次にどんな鉢の再現をしようかとの打合せでした。
IMG_4620

“こんな釉薬鉢があったら”と日頃から脳裏に描いているものを劉さんとあれこれ話して来ました。
秋には また “本物の新作”が日本に届くでしょう。

中国との盆栽の商売、圧倒的な資金力と購買力で、夥しい数の盆栽が海を渡っています。
私達 専業者はその恩恵に預かっていますが、“売るだけの仕事”より、
この中国で日本盆栽界の未来の宝を探したり、作ったりして、それを持ち帰れたらと 始めた仕事です。
いつか自分が作った鉢が多くの愛好家の名木に使われるなら、この中国でのストレスも報われると思っています。

↑このページのトップヘ