雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴47年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 展示会


澄んだ空の下、羽生雨竹亭の盆栽庭園も、徐々に彩りを増しています。

IMG_6697
コロナ禍で、お客様に“遊びにいらして下さい!“と、お声をかける事も憚るような日常が続いてきましたが、
感染される方々が減少して、世の中も“外へ出かけて気分を晴らしたい!“と願う人達でいっぱいのようです。

私達盆栽業も、こんな時少しでも自然や広々とした庭園で、
のんびり盆栽の四季の移ろいを楽しんで頂くことが、皆さんに出来る事と、
スタッフで庭園や樹々・水石達を飾ってみました。


IMG_6698
IMG_6699

一年半、今までにない刻をすべての人達が過ごしてきた中で、あらためて盆栽達をゆっくり観て頂ける機会にして頂ければと、願っています。

「観照会」の字に、“観賞会の間違い?“と言われますが、
観賞は長め愛でること、観照は目の前にある樹や石と自分で対峙して、心の内側にある景色を照らして楽しむこと、
その願いを込めています。

IMG_6700
葺き替えの済んだ展示場と応接室、壁の仕上げも開園以来の改修をしての開催です。
盆栽や水石達に、是非会いに来て下さい。
11月1日~7日9時~16時


羽生本店雨竹亭ホームページ
【羽生本店雨竹亭 観照会のお知らせ】

羽生本店雨竹亭
アクセスはこちらから


大宮盆栽美術館で開催した『山水涼景・水石の世界』は、
私が事務局長を務める一般社団法人・日本水石協会との協同主催による企画でした。
東京オリンピックも佳境を迎える中、水石協会長である、島村宜伸先生と小林國雄理事長と、同館に伺いました。

IMG_5429
※記念写真撮影時のみマスクを外して撮影しております※

平成天皇陛下(現・上皇陛下)のご学友でもあった島村先生は、農林水産大臣、文部大臣を歴任された日本に尽くされた方。
87歳になる今もご健勝の日々、初めて訪れた盆栽美術館での水石展を観覧され、
庭内の吉田茂元首相、岸信介元首相、の盆栽達をご覧になって楽しまれました。
IMG_5431
IMG_5432
先生の出品された水石の席、今回の展示を任された身として、喜んで頂いた事にホッとしました。

IMG_5427
IMG_5430
五輪の花咲く菊花石、昇る日輪の掛軸、左に仏教の三重塔、右に神道雅楽の蘭陵王。
山水景情や侘び寂びに代表される水石飾りですが、“ハレ“と言う舞台としての飾りが、盆栽と同じく水石にも顕される事を伝える席にしました。


大宮から45分、お忙しい先生に初めて羽生雨竹亭へご案内しました。


IMG_5428
日頃より親しくさせて頂いている、河田晃明・羽生市長も共に出迎えて下さり、短くも思い出深い時を過ごしました。
羽生のスタッフ達にもひとりずつ丁寧に笑顔の挨拶をしてくださる島村先生。
昼食も、僅かに残されたものを、箸を使って丁寧にひと隅に寄せて箸を置かれる見事さ。
人の上に立つ方のあるべき姿を学んだように思います。



7月16日~8月11日、私達〈一般社団法人・日本水石協会〉が、毎年協力している『山水涼景~水石の世界』が、大宮盆栽美術館で開催されています。


IMG_5265
この内、後期展(7月30日~8月11日)の展示内容を預かり、例年のように“ギャラリートーク“つまり、展示内容の解説を行いました。
但し、今回はコロナ感染予防の為に、観覧の方々を前にした解説ではなく、
私のような年代には難しくて分からないのですが、ズームと言う、皆さんのお顔が見えないパソコンの前での解説となりました。

IMG_5266
少しでも水石の美と深さを伝えられればと思い、一般の方でもわかりやすい解説に努めました。
小さな石に求める日本の自然の景色、禅僧や茶人が求めた沈潜した観照の美、そんなものを上手く伝えられたか?
まだまだ未熟内省身を恥じています。

IMG_5267
美術館のYouTubeで、その時の内容が見られるようです。
是非皆さんもご覧になって下さい。





【五輪会場の隣で、静かに自然の素晴らしさを観賞!】

普段なら多くの参拝客で賑わう明治神宮。
コロナ災禍の今は、閑散のした静謐な雰囲気になっています。
水石協会が毎年開催している『日本水石名品展』も、会場として長くご協力を頂いている明治神宮ですが、
感染予防の為に、水石展の会場「社務所講堂」が使えなくなっています。
神宮文化部との協議で、参拝の方々が目指すご祭神の大前、“内陣回廊”での、盆栽と水石の奉納展覧を行う事になりました。

IMG_4073
例年も水石展に先立って行っていた奉納盆栽展。
室内が使えない今、盆栽と水石を、取り混ぜて、約30席の最高の舞台を設えました。
“是非ご覧下さい“と、声を掛けたい内容なのに、こんなご時世、あまりお誘いが出来ない歯痒さもあります。

IMG_4072
久しぶりに、盆栽水石の展示をしましたが、やっぱり展覧会の構えで見る盆栽はいいですね!
日頃から庭で多くの盆栽達と居ますが、彼らにとっても、こう言う時が“晴れ舞台“です!


IMG_4074

神域の清浄な空気の中、都心にある“人の心が作った自然の楽園“明治神宮。
近くにいらっしゃる予定がある方は、““是非ご覧下さい““‼️


20日に開園となる、京都大徳寺「芳春院盆栽庭園」の展示盆栽の準備が始まりました。
この為に羽生の庭園で守ってきた樹、長く愛好家と私で作出してきた樹、季節を彩る愛らしい樹達。
永遠に閉じることない盆栽庭園の門を開ける時に観て頂く大切なメモリアル。
14日に出発する大移動の為、最終手入れが始まります。

IMG_2380
IMG_2381
この他に、日本を代表する盆栽家達、木村正彦先生・真柏「登龍の舞」小林國雄先生・黒松「翔鶴」鈴木伸二先生・真柏、井浦貴史先生・真柏「風神」等々、
国風賞や作風展内閣総理大臣賞作品など、皆さん永年のお付き合いの中の有り難さで、開園を祝う特別展を賑わせてくれます。


色々な準備を考えると、めまいがしてくるほどですが、芳春院和尚様をはじめ、
名樹の数々を私に預けて京都へ飾らせて下さる方々のお心に感謝しかありません。

↑このページのトップヘ