雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 展示会

【乾坤一擲の準備!】

11月22日からの第39回日本盆栽大観展。
今年も昨年に続き、主催者の理解を頂き、展示ブースに特別設営のギャラリー展示をします。
今回は 私の大観展での最期の企画展示ブースになります。
来秋は、同じ京都 禅寺「大徳寺」内 塔頭「芳春院」に 造営が予定されている
『芳春院盆栽庭園』を任される事になり、私の活動の中心がそこになるためです。
全長28mの最大級の展示ブース、名樹・名鉢・名石・を、持てる力の限りを尽くして 皆様に披露します。
IMG_4439
今はその準備に追われる毎日、盆栽の整姿・苔張り・鉢合せ、
名石・名鉢 の展示設備の寸法出し など、時間の空く時を惜しむように ひとつひとつを仕上げています。
IMG_4440
第1回から関わってきた大観展、いつのまにか “業界最大級”となったブース。
還暦の年に千秋楽の披露をして、来年は大徳寺の庭園で 皆様のご案内役をする・・・
こんな盆栽人生が訪れるなんて、思いもしませんでした。
今は “ハレの舞台”に立つ樹々や名品達と、その日に向かって向き合う毎日です!
IMG_4441

【秋の盆栽観賞会】

年に2度の羽生雨竹亭を 多くの方々にご覧頂く観賞会。
IMG_4300
IMG_4299
今年は11月5日まで。
普段は盆栽愛好家、つまり国風展や大観展へのご出品をなさるお客様をお相手する雨竹亭ですが、
観賞会は 広く門戸を開いて、地元の家族連れや御年配の方、お若いカップルの皆さんが、のんびりと盆栽と過ごして頂きたくて、行なっています。
IMG_4301
IMG_4307
5日間の為に、盆栽の掃除や庭内の整頓を心がけ、スッキリとした庭で 特別な時間が楽しめるように、スタッフみんなで頑張りました。
秋晴れの中、どことなく普段見ている樹々達も、少し緊張して気恥ずかしそうです(笑)
IMG_4302
IMG_4303
IMG_4304
私自身も毎日あくせくとしていますが、この期間は羽生で盆栽とお客様、そしてスタッフ達と過ごす “貴重な” 刻です。
時に追われることなく、自分の庭で盆栽を見つめながら過ごす時間が、とても尊い事だと、
還暦を過ぎてしみじみと感じます。
やっぱり盆栽はいいなあ!って。
IMG_4306
IMG_4305

【仕上げ手入の盆栽達!】
11月1日から5日間の『秋の観賞会』・年に2度 多くのお客様をご案内する催事です。
庭内の乱れを直して、盆栽のひとつひとつを少しでも来園される方々に、美しくご覧頂く為の 手入や準備が始まりました!
IMG_4034
季節の実物や葉物は、まだ色付きをしませんが、松柏類は 秋の陽射しと気候で、充実の色合いの葉姿を見せています。
IMG_4039
まだ手入れを終えていない状態ですが、18年 私の庭から世の中に出ていない真柏を床の間に設えてみました!
IMG_4028
IMG_4029
『乾坤之神龍・けんこんのじんりゅう』と名付けたこの真柏は、
真柏の山採り名匠・亡き初代井浦勝樹園翁より四十代初めに譲り受け、枝も殆ど無い頃から作出に努めたものです。
相生に生きる幹姿を「乾坤・天と地」になぞらえて、“天の龍・地の龍”という意味で命名しました。
IMG_4030
IMG_4031
取り合わせた掛け軸は、江戸期名筆家・狩野探幽「三日月図」天空の夜に煌々と輝く三日月を探幽が銀泥で描いたものです。
真柏の持つ 神韻響く幽玄な姿を、その際立つ鋭さからこの掛け軸を選びました。
他にも“この樹はこう捉えてみよう!この樹はどうしようか?” 
まだまだ観賞会まで 思案の時間がかかります。
IMG_4040

【名鉢名水石・一堂の大展覧!】

未曾有の台風災害で沈痛の日本、その最中ではありましたが、
日本盆栽協同組合50周年を記念した大展覧が上野グリーンクラブで開催されました!
IMG_3988
国風展へ出品される殆どの樹を扱い、盆栽作家の登竜門「日本盆栽作風展」への選考資格者でもある盆栽組合員達。
半世紀の想いを込めたからこそ、これだけの名品が一度に集められる事は、今後もないと思います。
IMG_3989
数々の歴史を彩った名樹達・日本水石界を代表する名石・現物を見る機会はプロでもあまりない名鉢群。
被災された多くの方々への事を思えば、“なんでこの時に”と日程を恨む程の“二度と出来ない展示でした。
IMG_3990
私も 蔵品の内閣総理大臣賞を受賞した真柏と古渡烏泥を飾らせて頂きました。
IMG_3991
祝賀会場には、今年の作風展の大賞受賞作「赤松・漆畑大雅氏作」が会場の華を添えていました。
親交深い尊敬する木村正彦先生の門人として、その技量は以前より高く評価されていた人物、遅咲きと言えるくらいです。
業界に身を置いて45年、展示された数多の名品を見れば、自分が扱ったものも多く、若き頃の記憶が蘇ります。
還暦の今、もう少し頑張ろうと思いました。

【大宮盆栽美術館!】

日本水石協会とのコラボで、毎年開催される盆栽美術館での水石展は、今月の26日まで行われています。
前期・後期 に分けての展示、メインの床間席と後期分を私共で お手伝いしました。
IMG_2530
20日には 来場の方々に展示品の解説をする〈ギャラリートーク〉を今年も担当しました。
盆栽愛好家だけでは無く、ご家族連れや学生達の観覧も増え続けている美術館。
IMG_2370
IMG_2371
IMG_2372
“石が文化として飾られているんだ!”と、興味を持って頂ければと、同じ水石協会の役員である蔓青園主、加藤崇寿氏と 続けています。
今回 主飾りとなった瀬田川石「男体山」は、最近まで〈幻の名石〉として 斯界に広く喧伝されながらも、
その現物は半世紀以上公開されなかったものです。
IMG_2368
IMG_2369
その名の通り、加工なき姿は日光連山の主峰をまるで絵に描いたようです。
各展示石共に、水石を理解して頂きたい気持ちで、山地や姿、そして台座ものと水盤石、水石の幅の広さを展示してみました。
IMG_2531
IMG_2532
残り数日程ですが、ぜひご覧になってみて下さい。

↑このページのトップヘ