雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴49年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 展示会


4/12(金)~4/14(日)、上野グリーン倶楽部で、春の恒例イベント、『翠緑盆栽展』が開催されました。

IMG_9774
古感見事な黒松や五葉松、生命の神秘すら感じる真柏の古木、
そして、今の季節を代表する、新緑の雑木盆栽の数々!

IMG_9771
冬季の格調高い『国風盆栽展』の素晴らしさは勿論ですが、
“春の息吹き“・“自然の生命の美“を感じさせてくれる、若葉の美しさは、何物にも代え難いものがあります。
全国から集められた多くの逸品が、“名残の桜“で賑わう、この上野公園に程近い、グリーン倶楽部に集まりました!

IMG_9772
同じ松柏類にしても、厳しい冬の姿と今の瑞々しい季節の葉色は違うもので、新しい1年を樹達が迎える“色“は良いものです❗️


IMG_9773
名画・横山大観の「雨後の山」と共に飾られた、五葉松「稲取」は、
旧高木盆栽財団の記念帖に平成2年(1990)にその姿を映してから34年、
一時衰弱がひどく、
木箱での必死の培養が続けられてから、初めての出品で、おおらかな勇姿が、“稲取生きていた!“ の声が、会場からも聞こえてきました。

新芽の動く時期の展示の難しさ💦
出品者も、扱い業者の方々も、その苦労に頭が下がります。


“水石を文化として美術館で“と言う水石界の大願。
それを実現したのが、11年前に開催された今も続く、東京都美術館での「日本の水石展」、
今年からその名を改めて「第61回日本水石名品展」となったこの展覧です❗️

IMG_9198
水石という、盆栽からすればマイナーとされる水石。
これが美術館と言う大舞台で続けられるのか?とい
う不安を一掃するように、
小林國雄理事長の旗の下、事務局長の私も10年の間、まさに“駆け抜ける“ように、
毎回“来年は何を首座に持ってこようか?“と思案しながら走り続けました。
名石「黒髪山」から、伊達家「鎌倉」小堀遠州「重山」そして信長由来の西本願寺「末の松山」
今では海外からの愛好家の定着、出品、そして年々増えて来た来場者の方々と若い層の注目❗️
ありがたい事です。

昨年就任された長沢新理事長は、四半世紀、水石協会を“縁の下の力持ち“で支えてくださって来た“影の功労者。
朴訥な性格の氏ですが、真の水石への慧眼深く、実直な旗頭として、
私も今回から総括理事としての立場で、相変わらず図録解説などの実務を預かっています。

IMG_9197

10年の刻をかけて築いた『日本の水石展』の重み。
しかし、水石界には『日本水石名品展』という、協会発足以来からの展覧会があります。
三越本店、盆栽倶楽部(現・上野グリーンクラブ)そして近年の明治神宮社務所講堂。
神宮は、協会誕生の時より、会長職を宮司様にお願いして、今の社団法人になってからは、名誉会長をお願いしています。

毎年6月には『奉納盆栽水石展』が、参拝される世界の方々を魅了して、日によっては展示している本殿回廊が、人だかりで盆栽が見えないほどになるのが常です❗️
その中、長沢新理事長の地道な努力で、美術館の「日本の水石展」が、60年続く「日本水石名品展」への名称変更の許可がおりました。
小林前理事長が尽力されて定着した「日本の水石展」を千穐楽にして、歴史と共にある旧来の名跡にするか?
私達役員は悩みましたが、長沢新理事長の“先人達が築いてくれた歴史を100年100回展にする為に“という想いに、小林前理事長が“いいと思うよ“の漢気❗️

こうして今回の『第61回日本水石名品展』は開催されました❗️
“河原にある石が美術館に飾る芸術?文化?“と、学芸的な立場の方々から揶揄された11年前を思うと、
水石に対する、愛好家の皆さんも含めての“思い“が、ここまで導いてくれたと思います。

IMG_9196
レベルも往時の日本水石名品展の絶頂期を凌駕する程になりました❗️
“帝都の美術館で水石展“ 
いつまでも、あの頃の開催に賭けた苦労を忘れずに、愛好家の方々に寄り添って、この文化を守り広めたいと願っています。


東京都美術館で、今年も国風盆栽展が開催になりました!
100年近い、日本そして世界の盆栽界の象徴となっている展覧。

IMG_9183
全国、と言うより、今では世界からの出品申込みのある国風展。
大型古木から、中品盆栽、そして“棚飾り“の小品盆栽。
特に最近は中品盆栽への国内愛好家の意識と注目が強くなったように思います。

IMG_9184
IMG_9182
外国勢は、相変わらず中国からの出品、今年はタイの盆栽熱が高くなって、大型の国風賞の真柏も、タイの方でした。
世界に広がる盆栽熱!
どの国の方が栄冠を掴んでも良いのですが、その樹のすべては、
元々日本で長く育まれたものを、高額で海外の方が購入して、日本の安心できる盆栽園に預けて出品しているもの!

いつかは検疫を受けて、海を渡るでしょう。

私の知るアメリカの友人、ダグラス・ポールなどは、厳しい検疫を受けてニューヨーク郊外の大邸宅で楽しんでいますが、
専門の管理者を数人おいて、“自分が生涯楽しんだ後は、州や国の植物園にある盆栽施設にすべてを寄贈する“と明言しています。

“日本から尊い盆栽をアメリカに運んだ責任が私にはある“というダグラスの考え!
そんな気持ちで、海外の方が盆栽を求めてくれれば、数百年の“命“を彼の地でも守り伝えられるのですが💦

IMG_9181
世界に広がれば広がるほど、その盆栽達が、そこからどんな人生(樹生?)を送るのか?
そんな事にも私達プロは思い馳せたいものです。


大阪北部の閑静な住宅街、箕面市「みのお茶寮」
料亭としても、“知る人が知る“ 達人料理人の、矢内信幸さんが主人の店。
矢内さんは盆栽愛好家として、1970年の万博にも盆栽を出品されている、“筋金入り“の愛好家❗️

私も独立以来、長いお付き合いをさせて頂いています。
盆栽に対する慧眼は、私の知る限り、“本物の盆栽を理解される“大家❗️

IMG_9123

国風展に近い日、毎年開く、梅を愛でる“観梅会”(これで“かんばいえ“と読みます)に、
予定をやり繰りして初めてお邪魔しました❗️

矢内さんの友人であり、私もお世話になっている愛好家、本出先生(最近まで大学の先生でした!)の3人での、歓談の時。
茶寮の中に飾り込まれた梅の古木の数々‼️

IMG_9120
園芸的な樹形のものなど一切なく、まるで、明治から昭和にかけて育まれた、日本の盆栽美が凝縮したような梅達の世界!
聞けば矢内さんと本出先生の愛樹達で構成されているとの事❗️

IMG_9121
お二人の会話の中にいると、“盆栽の趣味家のあるべき本当の姿“と言うものを感じます。

IMG_9119
私達プロは、このような愛好家の方々に寄り添い、学び、それをまた別の方々に伝えてゆく、そう努めたいと思う日になりました。
やっぱり、梅の盆栽は良いですね~‼️


【国風展出品を待つ盆栽達を拝見❗️】

2月9日より開催される“第98回国風盆栽展“、誰もが知る日本盆栽界の最高峰の歴史ある展覧。
この出品先行審査が先日行われ、前後期合わせて、約300点弱の作品が選出されました。
選考に搬入される盆栽達は、どれもため息の出るレベルの樹達!
展示席数の関係で、すべてを飾る訳にもいかず、落選の憂き目をみるものも多くあります。

私が修行時代などは、出品申込数も今の2倍近くあり、数百点の逸品盆栽が、“これがダメだったの?“と言う有様でした💦

先日、木村先生のアトリエにお伺いして、出品が予定されている作品を拝見しました。

IMG_8916
三十数点と言う、先生の所からの国風展出品量!
80歳を超えてなお、相変わらず扱い数もトップという健在ぶりには驚かされます。

山採りの古典名木、現代的な創作的作品、理想型と言える模様木など、多種多様な出品内容。
今では国内愛好家だけではなく、海外の方々の出品依頼も多いとのこと!

IMG_8914
まさに“世界の国風展“になりつつあります。
しかし、先生は将来の日本の盆栽界の為への想いも仰っていました。
“山採りの素材すら枯渇する我が国、瑞祥や創作的寄せ植えなど、自分の手で一から育て仕上げる事の出来る盆栽を若い層にもっと伝えたい“と。
自分が苗木から育てた樹が、夢の舞台に行くなんて、愛好家からすれば、こんなに楽しい事はないでしょう!

IMG_8915
先生はこうも仰いました。
「古い名木は、時には傷んだり、海外へ“お嫁に“行ったり、増えることなく減り続ける。だからこそ、新しい盆栽を創出する事がとても大切」・・❗️

国内屈指の名樹の数々を守りながらも、視点を変えて伝えてくれる次世代への気持ち。
“10~20年で、名もない素材から国風展へ飾れるものもあるよ“と先生。
よし!私もまだ💦65歳!
苗木からやってみるか❗️(腕の差がある事!忘れてました💧)

↑このページのトップヘ