雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴47年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 水石

【盆栽水石・究極の世界観】

盆栽水石の趣味世界を、“道”としての美意識のレベルで見つめる同好会「玄虹会」
京都禅林名刹「芳春院」を舞台に今年も静謐な展示がなされました。
IMG_5929
コロナウィルスの惨禍で、開催も危ぶまれましたが、たとえ無参観でも季節の飾りに込めた美を研鑽しようと言う会員の皆さんの想いのお手伝いとなりました。
文化財級の歴史的堂宇と茶室をご提供下さるご住職には感謝しかありませんでした。
IMG_5958
IMG_5959
繰り広げられた各席の“設え”は、文豪谷崎潤一郎が著した『陰翳礼讃』に込められた日本人の美に対する精神的な意味と言うものを、無学な私にも感得できるものでした。
IMG_5957
IMG_5960
ひとつひとつの盆栽水石の素晴らしさ・「連席」と言うひとりの方が複数のもので一席を設える世界・自然観の表現の裏側に込められた禅の教えにも似た“人が見つめる生き方”の想い。
IMG_5961
IMG_5962
会期を片手に堂宇を巡る皆さんには、敢えて解説などをせず、観者の捉える見方を大切にしてほしいと言う会の思いがありました。
毎回、繰り広げられる世界観の中に、いつも新しい発見を感じます。
形骸化する盆栽展・水石展。
業界人として反省多き現代ですが、こんな展覧がずっと続いてくれる事を心から願いながら、至高の場に佇みました。
IMG_5953

【徳川慶喜家旧蔵石を首座に大展覧!】

IMG_5870
「水石文化を美術館で」この願いを胸に、現在の展覧会を企画したのが8年前。
上野寛永寺「黒髪山」永青文庫「重ね山」西本願寺「末の松山」など、日本水石文化の中で、燦然と輝く名石を迎えて回を重ねてきた本展。
IMG_5871
IMG_5865
IMG_5868
IMG_5869
お陰様で 172席の出展。
国内はもとより海外からの出品も30席以上!(これが日本の愛好家も叶わない?程の良石!)
昨年までは、ポスターに迎える名石を、美術館や名刹などの蔵石としていましたが、
今回からは、民間に秘蔵されている歴史的名石としました。
IMG_5863
IMG_5864
根尾菊花石・銘「皇山・おうざん」
“ 最後の将軍” 徳川慶喜家が伝承したもので、最近まで個人宅に秘蔵されていたものです。
令和初の日本の水石展、東京オリンピックの年に、咲き誇る菊の花々の石。
事務局長として、非力浅学の私が、理事諸兄を中心に多くの皆さんの応援でよくここまで来たなあ!と感慨深いものがあります。
IMG_5867
IMG_5866
盆栽に比べれば、まだまだ周知が足りない水石の文化、もう少し頑張りたいと思います!

【廣瀬邸 見学会】

私が取りまとめ役を務める「玄虹会」の秋季研修旅行。
大中国盆栽旅行を数年続けた中、今年は久し振りに国内盆栽研修としました!
1日目は現在の日本愛好家を代表するおひとり、廣瀬幸夫先生の大邸宅へ訪問しました。
大徳寺での『玄虹会展』などにも参観に来てくださり、昨年は大観展の際、
会員との会食を木村正彦先生達とも過ごされた廣瀬先生。
以前よりの“一度 噂に聞く大邸宅と名木群を拝見させて下さい”と言う、私の懇願に快く迎えて下さいました。
IMG_3710
10年の時をかけて造られたご自宅は、日本建築の粋を現代に残す名建築!
選び抜かれた木材と匠の技。
これだけの個人邸宅を平成の作品として見るのは、他には無いと思いました。
広々とした庭園、その一角に設けられた盆栽棚。
IMG_3711
所蔵される五葉松を中心とする古樹達は、第一級の名樹ばかり!
この中には国風賞を受賞したものだけでも6点と聞いてびっくり!

邸内に招かれてその造り・所蔵される名石・道具にため息ばかり!
これでも最近の蒐集品を蔵に入れる暇が無いものだけ!との事!
IMG_3712
玄虹会の会員の皆さんもあまりにも圧倒的なスケールと幅広い眼福高い収蔵品に、言葉を失う程でした。
盆栽から水石へ、歓談の時は 美術品そして蒔絵芸術・刀剣へと、そのどの分野においても、国内トップレベルの内容!
今でも盆栽界にこれ程の見識と実蔵をされる方がいらっしゃる事に、感嘆と敬意を持つばかりでした。
IMG_3713
“本物に魅入られると、くだらないものは要らない!その方が無駄も授業料も安くすむんだよ”
と、お若い頃よりの蒐集趣味を語られていました。

今回の慰安を兼ねた研修旅行の第一歩で、会員の皆さんにも ある意味の満足をして頂けたと有難く思って、
「名品の坩堝」と言える 邸宅から、妙義山を眺めて退出しました。

最終執筆!

軽井沢「銀座雨竹庵」最後の年、7月下旬から3週間、残すところあと数日となりました。
道ゆく避暑地を歩く皆さんに初めてご覧になる盆栽を説明するのは、今も昔も楽しいものです。
お得意様のお相手も凡そ済んだ中、水石界に依頼されても“貧乏暇無し”ゆえ、
執筆に長い時間を頂いている『日本水石名品選集』、この残された軽井沢の時間で骨子全体の執筆だけは完了しようと鉢巻を締めています。
IMG_3191
いざ!取り掛かると、所載が予定されている水石の数々は、日本を代表する名品ばかり!
IMG_3193
IMG_3194
IMG_3195
IMG_3196
次世代に遺す大切な文献のなる事を思えば、1度1石の校了となっても、再考して書き直す!の繰り返しです(笑)
IMG_3192
IMG_3197
少しでもひとつひとつの石に対して、正確で出来るだけの資料となるように努めて、
自分にとっても、プロとしての足跡になれるように頑張りたいと思います。
それにしても、学が無いという事を身にしみる毎日です(泣)

【大宮盆栽美術館!】

日本水石協会とのコラボで、毎年開催される盆栽美術館での水石展は、今月の26日まで行われています。
前期・後期 に分けての展示、メインの床間席と後期分を私共で お手伝いしました。
IMG_2530
20日には 来場の方々に展示品の解説をする〈ギャラリートーク〉を今年も担当しました。
盆栽愛好家だけでは無く、ご家族連れや学生達の観覧も増え続けている美術館。
IMG_2370
IMG_2371
IMG_2372
“石が文化として飾られているんだ!”と、興味を持って頂ければと、同じ水石協会の役員である蔓青園主、加藤崇寿氏と 続けています。
今回 主飾りとなった瀬田川石「男体山」は、最近まで〈幻の名石〉として 斯界に広く喧伝されながらも、
その現物は半世紀以上公開されなかったものです。
IMG_2368
IMG_2369
その名の通り、加工なき姿は日光連山の主峰をまるで絵に描いたようです。
各展示石共に、水石を理解して頂きたい気持ちで、山地や姿、そして台座ものと水盤石、水石の幅の広さを展示してみました。
IMG_2531
IMG_2532
残り数日程ですが、ぜひご覧になってみて下さい。

↑このページのトップヘ