雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 水石

「日本の水石展」に特別出品!

水石文化の発展の為に 始まった 東京都美術館の「日本の水石展」もこの2月の開催で6回目。
全国から150点以上の各地の名石が水石協会の選考を経て出品されます。
IMG_8542
毎回「特別出品」として水石界に伝わる伝承の名石を、冠として公開しています。
第1回の上野寛永寺の「黒髪山」は、東日本を代表する大名石でした。
数々の名品がこの展覧会に登場していますが、水石界に身を置く者として、織田信長が石山本願寺との長い戦いの末、
和睦の証として贈ったとされる盆石『末の松山』は、日本水石界を代表する別格中の別格。
“末の松山の出品は無理”という業界人の評、何とか平成の最期の展覧に華を添えたいと1年の交渉の末、
所有者である西本願寺のご協力で、今回の出品となりました。
IMG_8541
水石協会は清廉と言えば聞こえが良いですが、私達が組織を預かった時、
予算も殆どなく、会員の協会費ではとても展覧会を開催できる状態ではありませんでした。
多くの方々の協力を得て、オークションや様々な活動で資金を捻出して、現在の活動となっています。
ただ!今回の「末の松山」には これに掛かる費用で頭を痛めました!
西本願寺様は、ご好意に等しい御礼で良いのですが、文化財級の歴史と内容を持つ盆石、
その取り扱いと運搬は、重要文化財と同じ仕組みなんです!
日本通運の美術運搬特別便だけに掛かる往復の費用だけでも、何と140万以上!
これに同伴する学芸員の日当・交通費・宿泊費・等々、今月27日に開催される「日本の水石展」での資金捻出の為のオークション、
もし2000万分の落札があっても、この石ひとつの経費で消えてしまいます!!(泣笑)
それでも稀代の名石、全国の愛好家の皆さんに観て頂く事に、協会は頑張ります!
是非、「城ひとつ分の石」をご覧に来て下さい!
勿論、美術館の中には 多くの水石が飾られ、一部は床の間飾りに設えられています。
河川に横たわる一塊の石が、人の美意識によって、
森羅万象を表現する美へと昇華される水石、
美術館で同時に開催されている「国風盆栽展」と共に 楽しんでください!
IMG_8544
IMG_8545


【小林國雄 理事長の圧倒的 盆栽作品に囲まれて!】

東京都美術館で毎年早春に開催される「日本の水石展」の 、
来春用の審査選考・撮影会が、
日本水石協会の 春花園 小林國雄理事長宅「啓雅亭・春花園盆栽美術館」で行われました。
IMG_7476
IMG_7477
年々レベルが高まる出品石はもちろんのこと、相変わらずの理事長の盆栽作品群には息を呑むばかりです。
IMG_7474
私よりひとまわり年上の理事長、このところ、何となく温和で慈しみ深い相貌になられた様に思います。
“盆栽に向き合う刻と、弟子達の成長が 一番楽しいよ”と、今も昔も その時に自身が想う感情をそのままに言われる。
本来の心が 素直であることが、亭内にある 見事な作品を生み出したのだなあ、と あらためて思いました。
IMG_7475
小林理事長が太閤秀吉・不肖私が黒田官兵衛。
そんな事を世間に評されてもう7年、再来年、平成から新しき御代となった中、
明治神宮で予定している盆栽水石の一大展覧は、理事長と私の水石協会での集大成になる大催事。
長沢・鈴木 両副理事長・鈴木伸二氏・加藤蔓青園氏・など、多くの同志と共に、「果てなき夢」を追い続けて行きたいと思います。

IMG_7473

【 盆栽業界屈指のオークション】

半世紀の歴史を持つ、日本盆栽協同組合主催の 定例オークション「水曜会」は、
毎月組合員登録を持つ盆栽業者のみが参加できる 名門オークション。
IMG_7463
年2回(3月・10月)の大会は、私も参加して 全国から集められた秀作盆栽を買い付けています。
IMG_7461
IMG_7460
IMG_7462
今回は約1000点の出品!
お陰様で私もトラック1台分の買付で、取引高1位となりました。
但し、今回の様子を見ていても多少の不安が残ります。
出品作品のレベルが徐々に下がっているように感じられます。
市場に流通する盆栽そのものの数と内容が減少しているのです。
対中国関連の勢いは相変わらずのものがありますが、国内全体の市況はけして上向いているようではありません。
拙い私が言えることではありませんが、業者全体が、
“明日売れるものばかりに傾注して抱えて作る”
と言う盆栽業本来の姿を何処かにおき忘れているように思います。
新たな愛好家の方々への積極的なアプローチや、盆栽展などでどの様なプレゼンが必要なのか?
真剣に考える刻が待った無しで近づいていると思います。
買い付けた盆栽も、少しでも手直ししてより良いものにしてからお客様にご紹介する、
そんな当たり前のことをコツコツと続けたいと思います。


【銘酒『久保田』の蔵元屋敷・有形保存建築での展示!】

水石協会の理事として、日頃から交流深い中川幹男さんのご案内で、昨年に続いて新潟 長岡に赴きました。
昭和初期の素晴らしい邸宅建築の中での展覧、慌しい毎日から離れて 座敷陳列の空気に触れると、何故かホッとします。
IMG_7187
IMG_7189
IMG_7191
中央での水石展などでお会いする愛好家の方々もいらっしゃって、
地方の水石展という感覚を超えて、秀石・秀席・名品道具 を拝見する機会となりました。
IMG_7188
IMG_7190
羽生でも 雨竹亭の片隅に 小さな和風の“掘っ立て小屋”を建てて、
お客様達と 座敷の中ならではの “しつらえの楽しさ”を 伝えたいと前々から願っているのですが、
予算を貯めると 何故か欲しい盆栽や水石にそのお金が流れていってしまって?
反省・反省!


【1億円越え!】

8月26日に上野グリーンクラブで開催された
「盆栽・水石 大オークション」(日本水石協会主催)は、
日本トップクラスの専業者・盆栽作家・愛好家が参加して、総出来高1億300万という今季最高額となりました。
IMG_6847
IMG_6848
企画・事務局を預かる私にとっても本当に有難い結果でした。
弱小水石協会の様々な文化企画展の予算捻出の為に行われたオークションですが、水石・樹鉢・卓・水盤 は 勿論のこと、
名匠木村正彦先生をはじめ、小林國雄理事長・鈴木伸二理事・など、
日本盆栽界を代表する面々の全てが、ボランティアの精神で参加して下さったことに、心から感謝しています。
IMG_6845
盆栽部門は予想通り木村正彦先生の文部大臣賞受賞作品の真柏が550万の最高値、
水盤では吉村香風園出品の名器「紫南京楕円」が 350万、
主人公である水石部門は、関西に眠り続けた孔雀菊花石が1350万で落札されました。
私も1億円のうち、2000万程の買付となりました。
これからも、水石文化の発展と伝播の為に年2回のこのオークションで、各地に眠り続けている名品を探したいと思います。
IMG_6846

↑このページのトップヘ