雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽


【埼玉県行田市桜ロータリークラブ講演】

先日 ご懇意にしている愛好家の依頼でロータリークラブの講演をさせて頂きました。
私に出来ることは、盆栽や水石を隣において様々な自分の日常や出来事をお話しするだけです。
今回は4月の世界大会に出品する真柏を飾り、この大会が日本の盆栽界にとってどれ程大切なものかを伝えて、
併せてそこで「盆栽と水石を世界遺産登録へ!」という活動の発信についてお話しました。
地域や社会に尽くされる方々に、少しでも盆栽界の現状と未来を伝えられればと願っています。

真柏は彫技による舎利やジンの芸ではなく、自然の風雪が創り上げた天然の姿を持つ数少ないものです。
僅かな枝姿で幽玄な相を現しているのも真柏盆栽の真骨頂と言える樹です。
使われている鉢は宜興紫砂泥で特注した扇型で、
"古典と現代的モダン"を融合させた作品として私なりに気に入っているものです。
海外・特に中国での多くの真柏盆栽を目にする今ですが、
こんな日本ならではの美意識で作出された盆栽を訪れる多くの皆さんに観て頂きたいものです。


【捉え方で表情を変える山採り盆栽の面白さ!】

国風展売店に飾る為に、以前から庭にあった真柏古木の見付・鉢合せを変えてみました。

いつものことですが、鉢合せは決まる時は1発で簡単に決まりますが、
合わないとなると何枚試みても合いません。
2000~3000点の鉢が羽生雨竹亭にはあるのに困ったものです!!
この真柏は以前から両面から見られるので、どちらで作るべきか中々纏まらなかった樹です。

漸く枝の捌きや空間の姿などを総合的に考えて右流れで仕上げる事にしました。
正方の"逃げ"の効く鉢から紅泥袋式楕円と言う量感と"抑え込む力"を持つものに換えてみました。

以前に整枝作業をして針金掛けによって枝作りをした姿から今回の植え替え・植付けで、
舎利幹の前にある左落ち枝の下部分を取り、幹筋の流れと空間を見せるようにしました。

私は「名人」ではないので、時間をかけて樹と少しずつ対話する気持ちで、
"そうか!ここを直せばこの樹はもっと美しくなるかも!"
とはっきり感じてから作業をする事にしています。
上野グリーンクラブ2階に特設されるエスキューブ国風展特設売店で是非ご覧になって下さい。


【検疫用 完全根洗い後の早急処置  in 台湾】

雨竹亭が長くお世話になっている台湾の美術愛好家のお預かり盆栽を
初めて検疫の為に"完全根洗い"をして空輸で台北に送りました。
恩人と言える方の大切な樹、追いかける様に現地に向い、
協力して下さった台北盆栽園の詹さんの助けを借りて梱包を解いて即座に植込みを行いました。
ここから1ヶ月、毎日5~10回の噴霧と15度前後の温度管理、元気な回復を祈るばかりです。
国によって違う検疫条件、私達日本からの供給方は
健全な流通に欠かせない現地での管理にも惜しまぬ協力をしていきたいと思います。


【出来高4750万円! 木村正彦先生・内海理事長 も参加!】

小店が創業以来続けている交換会(オークション)「天地会」は1月12日開催で、111回となりました。
多くのプロが参加して下さり、現在では国内でも有数の市場となり、
今回も木村正彦先生・内海理事長・小林國雄先生などをはじめ、約100名の参加を頂きました。
初会を彩る目玉として、新潟県燕市の老愛好家より、50年を超える愛培の蝦夷松・真柏 類が、
約100点"鉄砲扱い"つまり、成行き売りの出品を頂きました。
人生の殆どを共に過ごした樹々達を放出される気持をくんでこそのプロと思い、
1点ずつ丁寧にセリあげた結果、想定の2倍近くになりまた!
古老の"次なる目標は、国風展出品です。
来月の展覧に翁が自作した蝦夷松が展示されるのを心待ちにしている毎日です。


【76歳!いつまでも 作り手として現役!】

昨年末、私共の羽生雨竹亭に木村正彦先生が来訪されました。
先生が他の盆栽園に訪れるのはとても珍しく、拙亭も10年間で三度めです。
「今年は一緒に中国へ連れて行ってもらったり、いろいろと世話になった」
と世界にその名を知られる方とは思えぬ程の謙虚さ。
本当に頭が下がります。
亭内を一巡され、かつて手掛けた作品などを見て懐かしがられていました。

スタッフ・見習い・中国研修生 達との記念写真にも気軽に応えて下さって、
若者達には最高の記念になりました。
床の間の黒松は遠い昔、大家小口賢一翁が愛蔵されていたもので、
基本の姿は若き頃の木村先生が作り上げたものです。
樹も先生と三十年を超えての再会です!

↑このページのトップヘ