雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽


コロナウィルスの感染予防で、開催が危ぶまれていた業界中央オークション「水曜会」
上野グリーンクラブで多くのプロ盆栽作家・バイヤー・を集めて久しぶりに開催されました。

IMG_9166
IMG_9168

在宅の人達が多い社会環境、通信販売での盆栽購入が伸びる中、オークションでも中型の作品に声が集中しました。
先日の私の水石図鑑執筆の時も、山里まで陣中見舞いに来てくれた鈴木伸二さんも
「作りたいような素材がないですね」と嘆く程、“おっ“と見直すような樹は中々出ません。
やはりコロナの影響で、遠くからの“眼垢が着いていない樹“が、東京開催という事で、集荷が少ないようです。

IMG_9167
IMG_9170

その為に組合も考えて、ライブ映像での会員参加ができるように、色々と設備の試行錯誤をしているようです。
それでも、ここへ来れば、どうしても“虫“が騒いで、結局300万程の仕入れをしました。

今日も、13日に予定されている水石協会の大オークションの業界への挨拶も兼ねてきました。
私の羽生で行われる年に2回の大会、沢山の盆栽や水石・鉢・が集まる事を祈っています。

IMG_9169

同席した水石協会の役員としていつも一緒に苦労している、蔓青園の加藤さん・鈴木伸二さん・みんなで多くの参加をお願いしました!


3年前の『世界盆栽大会inさいたま』での、日本水石協会による未曾有の名石展覧「日本の水石百選」を基に、
平成の時代にも作られなかった名石図鑑を作ろうと決めて、長い刻が経ってしまいました。
協会からも「森前君に頼るしかないが、まだ出来ないか?」と幾度も言われて、愛好家の方々にも申し訳なく思っていました。

「百選」だけで作れば、昨年には執筆を終えていたのですが、“もう二度と作れない”と思うと、その後に登場した無名の名石の多い事!
『近代盆栽』日本執筆している「名石探訪」・毎年協会が開催する「日本の水石展・東京都美術館」・歴史ある「日本水石名品展・明治神宮」等々、
“まだこんな素晴らしい水石が隠れていた!”と、これも載せたい、これも記録を残したい、と、
既に200点近い賓石が候補となってしまいました!


“いつまでも待たせられない!“そんな事をずっと思っていて、コロナ災禍に悩む今夏、
社員の全員に夏季連休を取らせる間、お盆も羽生の留守役をして、
“最終執筆はここに居たら雑用でいつになっても出来ない!“と、腹を決めて、某所山奥の“隠れ家”に1週間籠る事にしました。

IMG_9120

ここから基本の単体解説を全品仕上げるまで頑張ります。
「筆を置く」にまで至らなくても、せめて単体執筆を終了させて、全体構成と巻頭巻末の編集を後にするまでにここで仕上げたいと思います。

IMG_9121

心配なのは、盆栽の無い刻を私が本当に1週間も持つかな?と少し心配です。笑!


名門、蔓青園氏の紹介で、羽生に届いた黒松の太幹素材!

IMG_9118

庭木と大型盆栽の狭間にある様なこの樹、冬季まで管理に努めて、枝接ぎ、胴接ぎを施術して、
10年後には全体を半分の大きさにした作品にしようと思っています。

「こんな樹が本物になるのか?」と見る人の方が多いでしょう。
しかし、こういう素材が、“これがあの時の粗樹?!“と言うくらいに変貌していきます。

IMG_9119

市場で明日にでも売れる樹を扱う、これも商売ですが、
盆栽業として、“次の時代に残せる役立つ素材“、これを仕立てておくことも、大切な仕事です。

自分でも分かっているのですけど、私はどうしても“自分より遥かに大いなる樹“に魅力を感じるのです。
“これがいつの日か、多くの人達を魅了してくれれば“。
そんなロマンばかりを相変わらず追い求める私です(笑)


お得意様に納めてある、木村正彦先生の有名な真柏石付作品。
培養を重ねると各部分の繁茂と徒長をして、全体を締め込む手入れが必要となります。
木村先生の所に毎週3日ずつ住込で、特別指導を頂いている羽生雨竹亭のハオ君とツァオ君。
大型真柏の手入れをする私の隣で、この樹の仕事を任せました。

IMG_8861

“半日くらいかかるかな“と思ったら、2人で僅か2時間で仕上げました。
朝7:30から夜は10時位まで、自分の技術の向上の為に頑張る2人。

IMG_8866

木村先生も「この2人は、あと2年私の手元にいられたら、本物になるよ」。
残念ながら、彼らは今年いっぱいで、3年の研修を終えて、母国へ帰国しないといけません。
ご両親とも離れて頑張る彼らを見ていると、“あと2年ここにいてくれたら“と思う気持ちを中々伝えられません。

IMG_8865

でも、私はこの子達が、日本にいる間に教えられる事を精一杯教えて、生まれ故郷の中国へ帰って、
すぐに商売などせず、王永康先生のような大師のそばで、更なる腕を磨いてくれればと願っています。
でも、少し残念なのが、今日本にこの子達のような想いで、日常を送っている若き盆栽家の卵が、どれだけいるのだろう?と思う事です。
自分を磨く為に、寝食を忘れる・・
私の年代が心に思ったあの頃の情熱は、もう古いのでしょうか?
日本という国は、そんな思いが作ってきたと思うのですが。


商用と京都盆栽美術館の打合せで、長野県小布施町の鈴木伸二さんのアトリエに伺いました。

東京に隣接する埼玉県の私達と違い、長野県ではコロナ感染に対して、とてもナーバスになっているそうです。
感染者が出ると、信じられない話ですが、近隣の住民から家に石を投げられたり、様々な嫌がらせを受けるそうです。
確かに、“夜の街“や居酒屋などでの宴会をして、となれば、非難すべきものもありますが、
仕事に励み、感染にも注意をした上での罹患となれば、誰もがありうる事で、本人にしても本意であるわけもなく、同情すべきものもあるくらいだと思います。


それとは別に、相変わらず彼のアトリエは、美しく、清潔で、そこに“住んでいる“盆栽達は、日本の名品のオンパレードと言える内容です。

IMG_8583
国風賞を受賞した盆栽だけでも何点あるのか?多数の京都財団の名品盆栽達の圧巻の内容。

IMG_8584

一般の愛好家から同業者の市場の商品、銀座店からのお客様の依頼による樹勢回復を頼まれた傷んだ盆栽達、
羽生は苗木から傷病兵、そして将来の名品、多種多様、鈴木伸二さんの所を美術館に例えれば、我が家は総合百貨店とホームセンターの混成部隊!
それでも、樹齢数年の樹を化粧鉢にスタッフが植えて、それをカップルの若い方々が「可愛いね」と求めてくれる時、とても嬉しいんです。
羽生でやれる事、銀座で役に立てる事、若いスタッフと頑張ります!
IMG_8563

↑このページのトップヘ