雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽

【植え替えです!大変です!】

彼岸の季節、暖気が増す頃となり、盆栽達の植え替えに心が惑わされます。
IMG_5313
子供の頃から この世界にいるせいか、桜の咲く季節となると、
毎日少しずつ芽を動かしてゆく樹々に「ああ、この樹も植え替えをしないといけない!」と、
2000点を超える目の前の盆栽達に、バタバタと心が乱れます。
IMG_5316
海堂・花梨・モミジ、五葉松・・動きの早い順や、眠りから覚める前に施術しないといけないもの、
手に入れて来て、羽生の庭に来たばかりで、姿や鉢映りを変えるべきもの、納得のいかないものが、目について離れません。
あれやこれやで抱えている仕事の合間を縫ってでも、弟子達と1日5~10本頑張っています。
IMG_5318
IMG_5317
特に、鉢合わせで角度や雰囲気を変えるものは、“根締め”をしっかりとしなければなりません。
IMG_5315
いくつかの根締め法がありますが、私は基本的に手間を惜しまず「竹打ち」で行います。
IMG_5314
ガッチリと締め込んで、例えれば植え終わった時、樹を持っても鉢が付いてくるような根締めに心がけています。
IMG_5312
枝や鉢上の部分は、ここから2~5年、鋏や針金で樹作りが出来ます。
しかし、土中の根は次の植え替えまで、この時の仕事が唯一の時です。
“目に見えない部分を丁寧に!」を弟子達にも伝えたいです。


【受け継いだ日本一の樹】

先年より体調を崩されて、先生が所蔵される60数点の名盆栽を雨竹亭は託されました。
国風賞受賞樹を筆頭に数々の名木が、羽生の庭で健やかな日々を送っていますが、
この季節、とりわけの美しさを見せてくれるのが、
春の芽出しの時に鮮やかな紅色の新芽を楽しませてくれる モミジの貴賓種「清玄」です。
IMG_5305
数十年小泉先生は、この樹を大切に愛培され、多くの人たちが割愛を所望しても、自邸に飾られていました。
長く広東鉢の長方に植えられていましたが、先日 私が中国広州で誂えた均釉の袋式楕円に植え替えをしました。
IMG_5303
IMG_5304
日本を代表する愛好家が半世紀を愛した名樹を、ここから盆栽界に受け継ぐのが、私の大切な役目です。


【原 研哉さんの 賛文 最高です!】

日頃から盆栽の展示でお世話になっているGSIXの蔦屋書店さんで、久しぶりの企画展示をさせて頂きました。
IMG_5259
IMG_5255
IMG_5256
その展示のメインボードに、デザイン界の巨匠・原研哉さんの 盆栽に対する序文を頂きました。
その文の素晴らしさ! 
IMG_5258
僅かな言葉で、人が盆栽とどう関わるべきかを、見事に説いています。
この文に込められた盆栽を見つめる心に触れるだけでも、この展示企画はしてよかったと思う程です。
ぜひ皆さんも見てあげて下さい。
主人公は・・・盆栽達です!

IMG_5257
IMG_5254


【藤川・森山 腹心の弟子と共に】

3月26日より、名匠木村正彦先生は、
若き頃岩崎太蔵氏に導かれて訪れた中国盆栽界の依頼で、“最後の海外実演旅行”に出発します。
中国を代表する盆栽愛好家団体「江蘇盆景協会連盟」の主席であり、
同国を代表する愛好家、張 小宝 氏の招きによるものです。
公演に先立って先日 張氏の広大なコレクションがある常熟市に赴きました。
山東省で山採りされた“日本ではもう不可能”と言える真柏(約300~500年)の素材の中から数点を選びました!
IMG_5201
IMG_5200
当日27日は、午前中木村先生の独演を、世界各国から訪れた盆栽家が見守る中進められます。午後は、同じく張氏の所蔵される五葉松の大根連なりを、
各国代表チームが、それぞれ実演する時、日本チームの素材として改作をします。
特殊な道具だけでも50~60キロをみんなで中国へ運び、
“木村マジック”の本領を見せたいと思っています。終了後またその姿をこのブログでご紹介します!
IMG_5199


【雑木盆栽の名匠・四季を奏でる自然美の結晶達】

FullSizeRender
先日、久し振りに大宮盆栽美術館へ伺い、大先輩 芙蓉園主 竹山浩先生の個展を拝見しました。
IMG_5184
ひとことで、その端正な作風に感動しました。
松柏盆栽が中国などの流通影響で、もてはやされる中、
日本盆栽界が「刻」と言う何ものにも代え難い宝物によって創り上げた美の世界が散りばめられていました。
IMG_5185
若き頃、先代芙蓉園の房造先生の寄植え作品に感動した思い出が、二代現ご当主にも正統に受け継がれていることに、
盆栽とは伝承する文化である事を、あらためて認識させられました。
私のような腕ではこんな見事な作品は創出出来ませんが、
同じ盆栽人として、せめてその姿勢を見習いたいと思いました。
FullSizeRender

↑このページのトップヘ