雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽


【長野県  須坂市  勝樹園井浦氏の傑作】

銀座雨竹庵「軽井沢店」の今季開店の準備で長野県に行った時、
足を伸ばして久々に真柏盆栽の著名盆栽園「勝樹園」を訪れました。
先代から受け継がれた名樹「風神」と"未完の名木"「雷神」は元気に
そして "さすが "の存在感を見せて棚場を圧倒していました。
「1億円」の価値と言われる意味が、目の前で見ると納得できます。
" 私はこの樹を守りながら時を重ねて行きたいです "と
現当主は謙虚に語っています。
親から子へと受け継がれる名樹とその"想い"。
2作が完成した姿を楽しみに園を失礼いたしました!


【"物足りない"模様木から名木半懸崖へ】

岩崎先生の数ある赤松太幹素材の一本です。
模様木として木村政彦先生の所で基本的な整姿針金掛けをお願いしましたが、
このままではずっと"二級"の太幹の一生になると思い、
思い切って半懸崖への施術を先日羽生手入小屋で行いました!
角度的に根の処理がギリギリで、
しばらくは第3培養場で養生に努めるつもりです。
いつの日か国風展に飾られる日を楽しみに育てたいと思います。


【蝦夷松と真柏200点!「やっと先が楽しくなってきたところ」!!!】

一昨年、偶然出会った「越後のご隠居」名人笹川さん。
蝦夷松、真柏を挿し芽や山採りで唯ひたすら愛培に尽くした50年!
笹川さんの盆栽庭園はまるで私が40年程前に"いつか何処かで見た昭和の盆栽棚"が、
そのままタイムカプセルに守られて保存されている様でした!
盆栽棚と同じく笹川さんの盆栽観
"毎日盆栽と暮している。毎日発見がある"と、
齢80才を越えても盆栽作りに邁進されている。
とにかく「脱帽」。
まだまだ自分が恥ずかしいです。

【借景に囲まれた名庭と和風大邸宅!】

友人の紹介で、栃木県を代表するさつき盆栽愛好家の坂本先生宅へ伺いました。

温厚な先生が案内して下さった庭園と邸宅、
そして圧巻の太幹大型さつき盆栽の名木群!
すべてにスケールの大きさに感動しました。

「これでもまだ未完成」と仰る庭園と豪邸、
盆栽は「大盃」と「紫竜の舞」がおそらく現存の最高峰の作品でしょう!

邸宅の奥の庭には"未来の名木"を夢見るさつきの素材が見渡す限り!
四国新居浜の故岩崎大蔵先生を彷彿させる坂本先生に脱帽です!


【神域に飾られた名樹の数々・500年の真柏・加藤三郎翁 遺愛の五葉松など】

日本水石協会による明治神宮の「奉納盆栽展」
菖蒲園で賑わう神宮の初夏の恒例行事。

今年も全国から選抜された名木達が、参拝の方々をはじめ、
圧倒的な海外よりの観光者の目を釘づけにしていました。

↑このページのトップヘ