雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 盆栽


千葉県匝瑳市マルキョウ盆栽が主催する交換会が10日現地で開催されました。
海外からの参加者も含めて毎月盛大に開かれ、小社の「天地会」、
群馬県の「6日会」と共に、民間三大交換会と言われています。
IMG_7121
IMG_7122
会主の江波戸さんは、気風の良さは天下一品の方!
娘婿の光一さんの共種園さんと共に、エスキューブの事業の良き理解者でもあります。
市場流通は、時として盆栽の人気種の相場が変動して 安いなあと思う時、
中々買えない時 など様々ですが、ここマルキョウは現地の愛好家も参加される為、
“こんな樹があったんだ?”と 感心するものがあります。
IMG_7123
IMG_7124
海外の購買力が強く、徐々に市場の優良な盆栽が減少する中、
愛好家の皆さんの為にも 私達専業者は頑張らないといけません。



11月23日より開催される「第38回日本盆栽大観展」に、エスキューブ は18メートルに及ぶ大ブースを設けます。
この中で 木村正彦先生の作品を特別展示する為に、私の依頼に応えてくださって、現在 大型創作盆栽の制作が開始されました。
IMG_7007
今春 先生と旅をした 中国『黄山』の原風景をイメージしての 過去最大級の石付き作品を展示する予定です。
IMG_7009
IMG_7008
今回 その制作打合せをさせて頂いた時、原石の加工・切り出し・そしてその石にどの様に盆栽が植栽されるのか、
生理学的にも健康な培養を考えた、先生独自の各所における驚きの隠された技術を知り、
"他で見る類似作品との大きな違い"に感銘を受けました。
IMG_7016
IMG_7017
現在は素材である石と真柏各樹の下準備の段階ですが、10月初旬にはいよいよ制作になります。
近代盆栽』が、この制作過程を全面取材され、大観展終了後の直近の1月号(12月1日発売)に、その全容が公開されます。
10日26日から大宮盆栽美術館で開催される『木村正彦の世界』にもこの作品は展示されます。
作家とプロデュース役・この盆栽界には今まで存在しなかった形を名匠と挑戦出来ることに、期待と責任を感じています。
IMG_7010
この制作の助手として、先生の下で修行中の海外からの2人
(アンドレイ・ロシア22歳、アレッサンドロ・イタリア20歳)にも、記憶に残る刻になってくれる事を願っています。

【「祖母五葉松」の故郷 九州 八女地方へ】

八月の終わり、久しぶりに九州 八女の地に赴きました。
IMG_6917
数年前、縁あって偶然出会った祖母五葉松の守家「田中家」ご当主も奥様も
高齢とは言え、相変わらず 盆栽の愛培に汗をかきながら過ごされていました。
「森前さんのおかげで、いろんな人がうちの五葉松を見に来るよ!
森前さんには魔法にかかったみたいに、代々受け継いで来た樹の何本かを譲ったけど、
やっぱり大切にしてくれる人にしか渡せないね」
と、以前と変わらない話ぶりが嬉しくなりました。
IMG_6915
IMG_6916
半日いる間に、また「森前マジック?」で、
何点かを譲って頂くことになり、お互いに笑顔でお別れしました。
(田中さんご夫婦も笑顔でしたよ!念のため!)
田中家の親戚筋の庭に伺って、そこの先代が残された盆栽・庭木を拝見して、
この地が本当に松を愛した地域なんだとあらためて感じましたが、
地元を離れて大企業で活躍された現ご当主が、先代の盆栽を維持管理されている姿を拝見して
“これ以上このままでいると、樹たちも限界”なのが感じられて、割愛を申し出ましたが、
いつもあることですが、プロが一括買取を申し出れば、「安く買い叩かれるのではないか」と不安を感じられて ご返事が頂けません。
わかってはいるのですが、盆栽のことが心配です。
IMG_6918
庭の五葉松も「これを鉢上げすれば面白い!」と思うものがありましたが、
根巻き・抜き込み を依頼する地元のプロに尋ねたところ、
「接口に問題があって抜く時に外れる恐れがある」とのこと。
やっぱりその道で苦労している人の意見は大切です。
暑い1日でしたが、五葉松を守るご夫婦に会えた楽しい旅でした!
(田中さんには祖母五葉松ではなく、矮鶏五葉松だよ!と何度も言われました・笑)

【さいたま市盆栽美術館で開催!】

10月25日より約1ヶ月のロングランで、
名匠木村正彦先生の盆栽家としての歴史と作品を紹介する企画展が、さいたま市大宮盆栽美術館で開催されます。
先生との打合せで、お宅に訪問した時は、丁度明日 美術館用のパンフレット撮影の為に、
作品の最終調整の手入れをされているところでした。
IMG_6829
「毎週9点の入替だから、今から手入れの進行予定が大変だよ」
と笑顔でいらっしゃいました。
IMG_6831
IMG_6830
名作『登龍の舞』(真柏)から直近の大作『神威』(一位)まで、
圧倒的な作品群が、盆栽美術館に陳列されます。
「老成」という “老いてなお見えてくる真実”に 今も日々真正面から向き合う姿は、
真の盆栽家のあるべきものと 胸を打たれます。


軽井沢の店に久しぶりに自分で立って、無事に20日で今年の店仕舞いとなりました。
お陰様で、13日間の売上げ 990万!
ありがとうございました!
IMG_6819
避暑に訪れる熟年のご夫婦・観光で街を歩く若いカップル・家族連れの自転車、
多くの方々が「ワァ!盆栽!キレイ!可愛い!」と ごく自然に声をかけて下さいます。
老若男女を問わず、盆栽が広く社会に受け入れられた事を痛感して、
誰もが無謀だと言った銀座へ店を開いたあの頃を思い出します。
こうして世の中が盆栽を身近な愛らしい存在に感じてくれるようになったのも、
この20年くらいの盆栽界全体の努力の結果だと思います。
IMG_6821
高くなくてもいいのです。
社会に暮らす様々な環境の人達が、ご自分に合った身の丈に合わせた盆栽の楽しみ方を伝えるのが、
私達の本当に大切な役目だと、年を重ねるごとに感じます。
この街で感じる特徴は、誰も仕事に疲れてあくせくしていないところです。
みんな、ここ軽井沢の清涼な空気と、日本屈指の避暑地を満喫されているのでしょう。
IMG_6820
日頃身を潜めている“日本人の美しい心の優しさ”が、日常を離れて本当の素直な自分の中に現れているのでしょう。
そんな心が、盆栽に対して微笑みを返してくれるのだと思います。
20年前、39歳の時 徒手空拳の中で開いた銀座の店。
多くの出会いと沢山の失敗、そしてそんな私を見守ってくださる方々の心。
すべてはこの言葉から始まりました。
『こんにちは!盆栽はお好きですか?』
IMG_6818
軽井沢の店は、自分が独立して本当にやりたかった事を 思い出させてくれます!
盆栽達の待つ羽生に戻ります!
また 慌しい日々が始まりますが、頑張ります!
本の執筆!?予定の半分でした!
なんとか時間を作って上梓に向けて鉢巻締めます!

↑このページのトップヘ