雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹庵


軽井沢の店に久しぶりに自分で立って、無事に20日で今年の店仕舞いとなりました。
お陰様で、13日間の売上げ 990万!
ありがとうございました!
IMG_6819
避暑に訪れる熟年のご夫婦・観光で街を歩く若いカップル・家族連れの自転車、
多くの方々が「ワァ!盆栽!キレイ!可愛い!」と ごく自然に声をかけて下さいます。
老若男女を問わず、盆栽が広く社会に受け入れられた事を痛感して、
誰もが無謀だと言った銀座へ店を開いたあの頃を思い出します。
こうして世の中が盆栽を身近な愛らしい存在に感じてくれるようになったのも、
この20年くらいの盆栽界全体の努力の結果だと思います。
IMG_6821
高くなくてもいいのです。
社会に暮らす様々な環境の人達が、ご自分に合った身の丈に合わせた盆栽の楽しみ方を伝えるのが、
私達の本当に大切な役目だと、年を重ねるごとに感じます。
この街で感じる特徴は、誰も仕事に疲れてあくせくしていないところです。
みんな、ここ軽井沢の清涼な空気と、日本屈指の避暑地を満喫されているのでしょう。
IMG_6820
日頃身を潜めている“日本人の美しい心の優しさ”が、日常を離れて本当の素直な自分の中に現れているのでしょう。
そんな心が、盆栽に対して微笑みを返してくれるのだと思います。
20年前、39歳の時 徒手空拳の中で開いた銀座の店。
多くの出会いと沢山の失敗、そしてそんな私を見守ってくださる方々の心。
すべてはこの言葉から始まりました。
『こんにちは!盆栽はお好きですか?』
IMG_6818
軽井沢の店は、自分が独立して本当にやりたかった事を 思い出させてくれます!
盆栽達の待つ羽生に戻ります!
また 慌しい日々が始まりますが、頑張ります!
本の執筆!?予定の半分でした!
なんとか時間を作って上梓に向けて鉢巻締めます!

【短期営業開始!】

7年目の軽井沢店が始まりました。
IMG_6741
最高気温で知られる 埼玉県熊谷市に近い猛暑の羽生本店
盆栽を守る為に 管理を中心とするスタッフ達も 毎朝6時に出勤して水かけをする中、
軽井沢店の常駐者が中々決まらず、結局 私自身が 水石協会の執筆100ページ以上を進める為、
ダンボールふたつ分の資料を携えて、店を守ることになりました。
IMG_6743
飾り付けの際も、友人の鈴木伸二氏が、激励に訪れてくれました。
店にほど近い所に、執筆に合う寝床を確保できたので、
昼間は店、朝夕は執筆とお得意様、という 日々が始まります。
IMG_6744
大観・春草・陳鳴遠・等々、盆栽以外にも 自分で好きな品々を羽生から運んで、
2週間の軽井沢を有意義に過ごしたいと思っています。
IMG_6742
こうして、1000円の可愛らしいミニ盆栽から、国風展に出品された真柏まで、
そして水石・添景などを飾って、避暑の街を歩く若い人達と触れ合うと、
20年前、銀座に店を出したあの頃を思い出します。
「盆栽はお好きですか?」
3個1000円の鉢をスウェーデンから一時帰国された母娘さんにご紹介している自分が、
“こんな時間が本当は一番好きなんだな”と、実感した初日でした。




【羽生に収蔵! 只今 詳細調査中!】

小田原在住の盆栽水石大家、小泉 薫 先生の邸宅より、ご親族の依頼を受けて、
所蔵されていた盆栽水石飾りの座敷用添景道具一式を、羽生に持ち帰りました。
IMG_6734
IMG_6733
「盆栽水石界で楽しんだ道具をより広く愛好家の方々へ」と言う、ご親族のご意向によるものです。
IMG_6737
IMG_6735
IMG_6736
景道を創始された片山一雨先生の直弟子として、邸宅に陳列用の数寄屋書院まで設けられた小泉先生。
その蔵品のレベルは高く、
ここから小泉先生の友人でもある私のお得意様達に、受け継いで頂く思いで、ご紹介したいと思っています。
勿論、エスキューブ にご縁ある皆様にもご提供出来るように、ウェブサイトを通じて何割かはご紹介したいと思います。

水石協会『日本の水石百選』の執筆もあり(汗)8月8日からは軽井沢店の店番をしながら、
2週間ほど、“山にこもる”予定ですが、縁あって使いやすい別荘が借りられたので、
そこに 気に入っている数点を運び、訪れて下さる方々と、眼福の品々を肴に?お茶を飲みたいと願っています。
お時間のある方は、是非 軽井沢へいらして下さい。
IMG_0275



【7年目、お客様は良品を理解!】

人手不足で開店も危ぶまれた軽井沢店の夏季営業。

執筆関係も多く妻と2人で僅かな日数でも店を開けようと、
エスキューブ全体の夏期休業日を使って久しぶりの"現場担当"の日々です。
店にいてとても強く感じるのは、多くの人たちが
「あ!盆栽だ!」
と足を留めて下さる事です。
やはり、世界大会の社会への周知と影響は計り知れないものがあったんだなあ  と思います。
商売の方も、1000~3000円が例年の売り物でしたが、
店構えのために羽生から持ってきた10~30万円の盆栽・古鉢が、4日間の間に200万円売れました。
お客様達は、"持ちやすい良いもの"を手頃な値段で欲していらっしゃる事が、ヒシヒシと感じられます。
"いらっしゃい、こんにちわ"・・
ここから始まる人と人との出会いこそが、この仕事の一番大切な事だと、痛感する"避暑地の店"です。
お越し頂いて、ありがとうございます。


【原稿執筆を兼ねて在店】

旧軽銀座へ真っ直ぐ駅から向かう軽井沢通りに面する「三笠ハウス」一階に
夏季限定 雨竹庵」をオープンしてもう7年目になります。

羽生本店銀座店上野池之端店 など、正業もお陰様で忙しく、
この軽井沢店も人手が足りず、"今年の夏はオープン無理?"のスタッフの声もありました。
私にとっての軽井沢は、今の人達が楽しまれる「アウトレット」的感覚ではなく、
日本最古の避暑地の別荘地として、政財界・文化人が束の間の夏を過ごす"軽井沢"なのです。
独立して間もない38の時、銀座に店を出した20年前、
「いろんな世界の人達に会ってみたい、盆栽水石を多くの人達に見てほしい」と言う想いで創りました。
私にとっての軽井沢は同じなんです。
今回は4月に行われた「世界盆栽大会」の水石展図録解説を
ここで集中的に執筆しようと決めて9日間のみの"店開き"としました。
店の飾り付けをして、正札をつけて、いらっしゃる"盆栽は初めて"と言うお客様とお話をして・・・。
私の仕事の原点を身体で感じる心地良い初日でした。
「いらっしゃい、どうぞお好きに見て下さい!」
忘れかけていた"大切な時間"が蘇ります。
どうぞ「9日間の軽井沢店」にいらして下さい!

↑このページのトップヘ