雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭

【仕上げ手入の盆栽達!】
11月1日から5日間の『秋の観賞会』・年に2度 多くのお客様をご案内する催事です。
庭内の乱れを直して、盆栽のひとつひとつを少しでも来園される方々に、美しくご覧頂く為の 手入や準備が始まりました!
IMG_4034
季節の実物や葉物は、まだ色付きをしませんが、松柏類は 秋の陽射しと気候で、充実の色合いの葉姿を見せています。
IMG_4039
まだ手入れを終えていない状態ですが、18年 私の庭から世の中に出ていない真柏を床の間に設えてみました!
IMG_4028
IMG_4029
『乾坤之神龍・けんこんのじんりゅう』と名付けたこの真柏は、
真柏の山採り名匠・亡き初代井浦勝樹園翁より四十代初めに譲り受け、枝も殆ど無い頃から作出に努めたものです。
相生に生きる幹姿を「乾坤・天と地」になぞらえて、“天の龍・地の龍”という意味で命名しました。
IMG_4030
IMG_4031
取り合わせた掛け軸は、江戸期名筆家・狩野探幽「三日月図」天空の夜に煌々と輝く三日月を探幽が銀泥で描いたものです。
真柏の持つ 神韻響く幽玄な姿を、その際立つ鋭さからこの掛け軸を選びました。
他にも“この樹はこう捉えてみよう!この樹はどうしようか?” 
まだまだ観賞会まで 思案の時間がかかります。
IMG_4040


羽生で2年、中国西安から盆栽技能の研修に来ているハオ君とツァオ君。
朝7:30から夜は作業が終わるまで、日夜 未来の自分の為に頑張っています。
IMG_3945
IMG_3946
大学を出ていない彼等が、母国で身を立てるには、盆栽技術者としての技を磨くこと。
日々の一生懸命の彼等の姿は、私は勿論のこと 私と同じ11年の住込み修行をした名匠木村正彦先生の心も動かしました!
「森前君、彼等なら私の技を教えるよ」
感謝感謝です。
12月に開催される「日本盆栽作風展」に新鋭作家部門で今年も挑戦しました!
IMG_3947
IMG_3948
昨年はツァオ君が受賞した奨励賞を今年はハオ君が見事受賞しました!
最終的な仕上げの針金整姿を木村先生に指導して頂いて、鉢・卓・などの合わせも羽生で指導しました。
プロとしてはまだ入口の所ですが、等身大の自分を見つめて来年の作風展には、
日本での最後の作風展に更なる上を目指して頑張って欲しいです!
IMG_3949
おめでとう🎉  可愛い息子達。


記録的な脅威が心配な台風19号、私達盆栽家は すべての仕事を中止しても、樹を守る事に尽くします。
出来るだけの盆栽達を暴風雨から防ぐ為に、応接室・展示場・手入小屋・スタジオまで、取り込める所全部を使って樹の安全を第一にします。
IMG_3939
IMG_3940
幾星霜をかけて先達の盆栽家達が守り伝えたもの、一度の天災でその継承を失うわけにはいきません!
それでも羽生の盆栽は2000点以上。
IMG_3941
IMG_3942
全部をしまうわけにはいきません。
老幹の肌を大切にしたいもの・葉物・実物・文人樹・伝承名樹。
そして何よりも大切なのが、お客様からお預かりしている盆栽達。
IMG_3943
IMG_3944
日本は島国なんだと海外から帰るといつも思いますが、災害は来て欲しくないですね。
台風一過の秋晴れを祈るばかりです。


※掲載している画像は昨日11日に撮影されたものです。


古くは昭和前期に盆栽として作られ、戦時中は地に植え、
戦後大切に培養された “黒松の王”と称された巨木が1年の交渉の末、羽生の庭に到着しました。
IMG_3775
数年前拝見した時は、まだ枝作りの初期で、今ほどの量感は感じられませんでした。
木箱に植えられたこの樹を庭に飾るのに、総重量1トンを超える台として、
栃木県大谷地区の名産「大谷石」の“特級質”を切り出し注文して、到着を待ちました!
昨年の台風で倒れたこの羽生雨竹亭の地に100年前よりあった梅の古木の跡地、
ここに据えよう!と 思って4寸の厚みの板も用意しました。
ユニックで吊り上げられて、前庭に据えられた黒松。
IMG_3776
“やっぱり大きい” ここからこの樹を本物の大型名木「黒松の王」にする為の日々が始まります!

【体感40度以上!】

長い梅雨が明けたかと思えば、昨年の熱波を思い出させる猛暑が襲ってきました!
IMG_3103
IMG_3104
気象庁の予測を基に、7月下旬には棚場の遮光をしておいたので、
その下の気温は2~3度低くなります。それでも 人も樹もギリギリの温度。
朝の水掛けの他に、夕方の「葉水掛け」は欠かせません!
IMG_3105
IMG_3106
樹と鉢の中、そして棚場全体の温度を下げる効果は、人間が昼間どんなに暑くても、夜涼しい中ならば ゆっくり休めることに似ています。
“葉水をかけながら、余分な水は与え過ぎない”この矛盾するようなふたつを樹の表情を見ながら1点ずつ調整するのがプロなのです。
IMG_3107
IMG_3108
昔から盆栽屋は「8月は素麺食べて水掛けしてろ」と言われることがわかります!
でも 人間は甘えん坊ですね!
梅雨の間は「青空が見たい」夏が来れば「涼しい秋が待ち遠しい」・・いつも“今以上”を求めてしまいますね!
それが本当は一番美しい日本の四季であり季節の移ろいなのはわかっているんですが!笑

↑このページのトップヘ