雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭

この間 ブログで紹介した五葉松の根連なりを私の所で“出仕事”に来ている森山義彦君
(木村正彦先生のお弟子さん 修行を終えて九州から来ている)が
軽く整える整枝針金を施しました。

image16



雨竹亭の応接 床の間も“秋飾り”の季節となり、
「風に靡く松林、仰ぐ名月の向こうには訪れる秋を思わせる稜線美しい鞍馬の遠山石」 。

image18



五葉松だけでは伝えきれない季節感を名月(掛軸)遠山石(秋色)で表現しました。


image17


当たり前の飾り、一番“間調子”が大切な飾り。

image14


2~3年前から何度か手に入れる機会がありそうで中々手元にこなかった樹です。
山梨県の秋山さんが持たれていましたが、先頃の水石協会大オークションで協力を兼ねて手放してくれました。

正面と鉢映りを変えてみたくて、雨竹亭スタッフの社員研修の間に一人でこんなふうにしてみました。

協力オークションで不眠不休(一年中だけど)の結果、肺炎で点滴!
あと3年半で還暦の年なんだと実感しました。

image15


作品づくりも健康でないと今回みたいに70点の仕事になってしまいます!

人間も盆栽も猛暑の夏をよくぞ乗り越えたものです!

漸く盆栽飾りのシーズン到来ですね!

image



この樹は栃木県で要職を歴任された先輩が趣味で作っていたものを“強引”に譲って頂いたものです。

根連りの五葉松は作品の多くがやや大型でこの樹のようなサイズの程よい樹は非常に少なく、幹の大小や“流れ”の良さ、針金整姿を必要としない程の鋏技による枝作りの見事さ、等々これからの作出が楽しみな一樹です。

このまま石付きで見るか、鉢に入れて楽しむかは、もう少し樹と対話してからとします。

image

先日の“久々に震えた逸材”を早速鉢合わせしました。

image11


“線”の美しさと足造りなどに見られる“研ぎ澄まされた程よい緊張感を併せ持つ
100年前の日本鉢を選びました。

意識としては室町時代水墨画に表現される“線”と僅かな枝の葉組みで生きる姿に,
真柏盆栽に最も大切な「気韻生動」の美を現出したいと思いました。

私は昭和の戦後生まれですが、明治大正昭和前期に育まれた日本の盆栽“美学”にこそ、
未来永劫に続く大切なものがあると確信しています。


どうぞ羽生にこの子に逢いにいらして下さい。


image12
 

image1 (4)


友人の盆栽家の所で愛好家が長い間秘蔵していた真柏を“強引”に譲ってもらいました。

幹芸、舎利味、間調子すべてに「真柏の美」を見事に表現している樹です! !

これだけいい素材を見ると「鉢合わせ」をしてみたくなります。
結構難しいけど、やりがいがあります。

2、3日推敲させて頂きます。

どんな鉢合わせになるか、お楽しみに!

↑このページのトップヘ