雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭


【木村正彦先生 創作作品 初の展示販売実現!】

大観展展示ブースの一角に、エスキューブの特設ギャラリーを作らせて頂き、
芸術作品としての展示設備を作り、初の木村正彦先生の創作盆栽を価格を表示して飾らせて頂きました。
IMG_7952
当初は「創作ものなんて、本格盆栽展では見る人がいない」などの揶揄もされましたが、
私は作家としての創作意識を創出される木村先生の作品をこのように価格を表示して飾ってみたかったのです。
IMG_7985
IMG_7986
IMG_7987
フタを開ければ 初日完売という有難い結果!
勿論先生の作品の力がすべてですが、著名愛好家の皆さんにも評価をいただいたことの方がとても嬉しかったです。
IMG_7988
次代の盆栽界がどのような方向に在るべきかの布石のひとつになればと願っています!

【羽生に到着!】

九州八女山麓の古い歴史を持つ松の産地、

この地で明治の初めには人の手で手入れが始まった五葉松達が、ようやく羽生に到着しました。

IMG_7682

1年前に交渉して入手して、“根巻き”による樹の樹勢安定を図り、安全を確認しての輸送でした。

友人の庭師を頼んで、大型トラックから下ろし、鉢入れをスタッフみんなで1日がかりで行いました。

IMG_7681

IMG_7680

見上げるような大きな松、“こんな大きなものが盆栽になるのか?”という方々もいます。

勿論 日本元来の座敷飾りの盆栽とは一線を画すものですが、間も無く還暦となる私は、

自分の寿命を遥かに超えるこの松達を眺めていると、普段 世間を生きてゆく為の疲れがどこかに行ってしまうように感じるのです。

IMG_7679

IMG_7678

“すごいなぁ、よく生きているなぁ、元気だなぁ”と。

ここからこの子達も羽生の一員の仲間入りです。

時事刻々と自然の中に生きてゆく姿を有り難く眺めながら、“どう生きるべきか”を 教えてもらおうと思います。



【年に2回の 庭内全域を解放しての 展覧!】

1日〜7日、春に続いての羽生本店「秋の観賞会」が始まりました。
IMG_7517
迎庭・応接展示室・展示場・中庭・収蔵庫・など、
雨竹亭の全域をお越し下さる皆様に公開しての観賞会です。
樹齢数百年の古樹名木から、掌に乗る可愛らしい季節の実物盆栽・文物と言うべき名器や卓、そして数百点の水石群。
IMG_7526
秋の1日を 盆栽水石三昧で亭内を逍遥出来る陳列にしました。
普段何気なく棚の片隅に生きてきた樹達が、“私を見て下さい!”と言わんばかりに、静謐な美しさを競い合っています。
国風展級の名品は勿論素晴らしいものですが、細き僅かな鉢に生きる旋律を見せる樹々は、心に沁みるものがあります。
社員・研修生・皆んなが 雨竹亭の中に生きるすべてを見直す機会でもあり、
“この樹はこんな見方や飾り方もあったんだあ”と、展示会の準備が、プロとしての勉強にもなる舞台でした。
IMG_7527
日々の冷気で色づきを変えてゆく葉物盆栽、引き締まった空気で葉色に厳とした強さを増す松柏類。
千点を超える盆栽達の競演をご覧になりに来てください。

羽生本店雨竹亭


【胸を打たれるひたむきな研修生達】

12月に開催される盆栽作家の登竜門「日本盆栽作風展」は、
近年 次代の作家達のための
〈新鋭作家部門〉が設けられました。
今年も私の所で研修に励む若き盆栽家達が、拙い経験の中でも、必死に己の“今”を見つめて この展覧に挑みます。
特に今年は 私の中国展開を支えてくれる西安の提携会社「楊凌雨竹亭園芸公司」で
2年の就業を経て、
法務局の手続きによって出向社員として羽生本店で日々盆栽の手入れ管理に努める中国の若者二人が挑戦します!
IMG_7425
郝君(右:ハオ・23歳)と 趙(左:ツァオ・24歳)です。
中原と言われた唐の時代の首都 長安は蔵法師が天竺から仏教の経典を持ち帰った 古都。
彼等は「日本で盆栽の手入れや管理を覚えて必ず故郷で盆栽家として頑張る」という自分達の強い決意を胸に来日しました。
日本語も殆ど分からず、特別ビザの関係で、1年は肉親が死んでも帰ったら来られなくなる、
と言う様々な問題も、自分達で両親を説得して来日しました。
日常の彼等は 私から見れば、現代の日本の若者も見習ってほしい程の 勤勉さです。
月々の給料も 決して裕福とは言えない両親に少しでも送ってあげたいと、
“日本の野菜は高すぎ”と言って、培養場の隅で 自分達で菜園を作って食べています。
言葉が少ししか分からなくても、私の言うことを一言一句聞き漏らすまいと、
必死に動き、今では 私が考えている事も、殆ど先に理解しているようです。
IMG_7429
IMG_7426
先日、最後の鉢合わせを指導しました。
自分の手で 仕上げた樹が、自分の名前で 展覧会に飾られる。
彼等に私の出来るすべてを3年間に注ぎたいと思います。
IMG_7428
IMG_7427


【伝承の為 羽生に到着!】

昨年 世界盆栽大会で、その存在が公開された 絶滅したとされていた
九州八女地方の「祖母五葉松」伝承者である田中家はもとより、
現地では「矮鶏五葉松」で親しまれていたものです。
IMG_7407
IMG_7408
昨春の訪問で この伝承種と田中家とのご縁を頂いた私ですが、
夏の終わりに 久しぶりに当地に訪れ、ご当主と歓談のひとときを得ました。
「苦しい戦後、先代達の想いを守る事だけを考えて、人が馬鹿にしようとも守ってきた事で、森前さんと出会えた。
私も歳をとって樹達の管理も大変になってきた。
世の中に矮鶏五葉松の大切さを伝えてくれた森前さんに、残されたものを託したい」
こんなお話から 羽生に去年の兄弟達が到着しました。
IMG_7362
IMG_7361
IMG_7363
“受け継ぐ心に応えたい” 早速 痛んだ枝を処理して、鉢が割れているものを仮植えして、
さあ、ここからこの山里に眠り続けた老樹達を、檜舞台に登らせる準備に入ります!
IMG_7360


↑このページのトップヘ