雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭

 【高見の見物(誰も乗ってくれない!)】

木村先生の との中国訪問から帰って、僅かに残った名残の桜を見て、伸び過ぎた枝や害虫が広がる前に、枝打ちをする事にしました。
背の高くなった桜達はもう脚立では届かず、友人の庭師から重機を借りて行いました。
“誰か乗って!”と言ったら、サーっと皆んな引いてしまって、結局数え60の私が箱に乗る事になりました。
IMG_5548
初めて乗った箱ですが、やっぱり機械を使うと仕事が早い!
残った時間で “そうだ!雨竹亭を高い所から撮っておこう!” と思って、色々iPad で撮りました。
IMG_5546
IMG_5547
IMG_5545
普段暮らしている所からの景色とはまた違う、いろんなものが見えた気がしました。

【席飾りの美しさ!】

今年は藤の盆栽が、花咲早く、普通は連休の頃まで楽しめるのに、すでに満開となりました!
IMG_5496
先日、海外講演へ出かける前に、雨竹亭の応接室に今年の藤の飾りをしたくて、取り合わせをしてみました。
FullSizeRender
「長尺藤・野田藤」などと呼ばれる薄紫色の降るような藤の花々。
FullSizeRender
この五月雨にも似た花姿こそが、日本人が藤に求める“記憶の中の美”ではないでしょうか。
FullSizeRender
朧月と山河の雪解け水を湛える湖水を思わせる「黒鞍馬石」の景趣見事な天然石。
季節を映し出す取り合わせ飾りは、
誰が見ても その時の自然の“在りよう”を無理なく表現した席が、心に優しく映るものですね。

【 一位原木の施術スタート!】

昨秋、北海道から運んだ一位の樹齢約500年の原木を、
いよいよ施術・鉢上げの為に、羽生雨竹亭(第3岩崎培養場)に、木村正彦師と門下の藤川氏・森山氏、
そして私とスタッフのみんなで、木箱から施術へ向けての作業に入りました。
IMG_5350
上部の舎利芸豊かな部分に比べて、伸びた下部幹部分と根の状態は、
名匠木村正彦師を持っても、“どうやってこれをたたみこむか”を 悩ませる状態です。
IMG_5351
ここからは、下部の不必要な幹部分を割いてはずし、水揚げの皮のみを小さくまとめて鉢入れする大胆な作業に入ります。
この樹が、最終的にどんな姿になるか、もうしばらくお待ち下さい!
IMG_5349
IMG_5348

【枝垂れ桜・床飾りの美】

細身ながら、一重性の可憐な美しい花を見せる枝垂れ桜(富士桜系)が、今年も羽生の庭で咲きました。
IMG_5354
陽春の徴として毎年床飾りを楽しませてくれるこの種、今年も朧月の掛け軸と、
春らしい 稜線美しいのどかな遠山石を“水温む”感を楽しめるように、水盤飾りでの脇飾りとしました。
IMG_5352
IMG_5353
IMG_5355
「樹・石・画」 が一体となり、席中に「季節と詩情」を生み出すのも、床飾りの醍醐味です。
2000点を超える庭の子供達(盆栽)も、暖かい陽射しを受けて、花や芽吹を見せるものも多くなりました。
“ あれも飾りたい、これも面白い” と あちこちと庭を歩き廻る朝が多くなりました。
これも良い運動ですね!

【植え替えです!大変です!】

彼岸の季節、暖気が増す頃となり、盆栽達の植え替えに心が惑わされます。
IMG_5313
子供の頃から この世界にいるせいか、桜の咲く季節となると、
毎日少しずつ芽を動かしてゆく樹々に「ああ、この樹も植え替えをしないといけない!」と、
2000点を超える目の前の盆栽達に、バタバタと心が乱れます。
IMG_5316
海堂・花梨・モミジ、五葉松・・動きの早い順や、眠りから覚める前に施術しないといけないもの、
手に入れて来て、羽生の庭に来たばかりで、姿や鉢映りを変えるべきもの、納得のいかないものが、目について離れません。
あれやこれやで抱えている仕事の合間を縫ってでも、弟子達と1日5~10本頑張っています。
IMG_5318
IMG_5317
特に、鉢合わせで角度や雰囲気を変えるものは、“根締め”をしっかりとしなければなりません。
IMG_5315
いくつかの根締め法がありますが、私は基本的に手間を惜しまず「竹打ち」で行います。
IMG_5314
ガッチリと締め込んで、例えれば植え終わった時、樹を持っても鉢が付いてくるような根締めに心がけています。
IMG_5312
枝や鉢上の部分は、ここから2~5年、鋏や針金で樹作りが出来ます。
しかし、土中の根は次の植え替えまで、この時の仕事が唯一の時です。
“目に見えない部分を丁寧に!」を弟子達にも伝えたいです。

↑このページのトップヘ