雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭


昨年、秘匿の内に四国鬼無から羽生に移送した五葉松の巨木素材群。
奈良時代からの旧家「神高総本家」と、鬼無盆栽界の恩人、小西翁から受け継いだ五葉松約150点。

今春、トレーラーを連ねて移送して、数ヶ月をかけて鉢入れした中の、“これは将来の宝“と見定めた樹の大改作を始動しました。

IMG_7094
小手先の枝掛けでの“見た目だけの手入れ“をせず、10年後の名樹への想いを込めて、
1日1点の計画で樹の限界ギリギリのジャッキ曲げなどを駆使しての仕事です。

IMG_7104
私も含めて、“明日売れるもの“に走りがちな現在の盆栽界。
だからこそ、次の時代に残すものを造り、そのプロセスを若いスタッフ達に経験させようと思いました。

しかし、大型の“つわもの達“。
簡単には言う事を聞いてくれません。

IMG_7105
友人の改作の名人、寺川穂積氏の協力を得て、第1作が仕上がりました。
四国五葉松らしい、堂々とした力強さの表現を活かした樹相、勿論ひとつずつ、樹の持っている特性と表情は違います。 
IMG_7103
“こうしたい“と言う自分の我を出し過ぎずに、“樹に教わる“つもりで、この冬は少しずつ仕上げていこうと思います。
とにかく大きいので、幹や枝がみしみしと骨が折れる程の曲げ込みをした樹達は、
厳寒の季節を屋外にはおけず、寒風や低温を避ける必要があります。

また、“ハウスを作らなければ“・・スタッフ達の苦労が目に浮かびます。
でも、数年後、この樹達が見せる勇姿をみんなで見たいものです。


朝夕の冷え込みで、雨竹亭の盆栽達も少しずつ紅葉の色を増してきました。
応接展示室に、“黄葉“のイワシデを飾って、“秋“を室内に運んでみました。

IMG_6718

京都盆栽園老舗、大溝さんが作られた寄せ株立ちの古盆です。
葉性の良いイワシデを若木の頃に選んで作られたのでしょう。
IMG_6725
枝々の細やかな仕上がりも、自然に出来てゆく性です。

IMG_6726

取合わせの掛軸は、塩川文嶺の「散り紅葉」 時雨に打たれて散りゆく紅葉の葉が、過ぎゆく秋の風情をよく表しています。
脇には、峻厳な岳景を見せる揖斐川龍眼石。
IMG_6727

もうそこには季節を感じるものはなく、荒涼とした厳しい景色が現出されています。

里山の雑木林の黄葉、遠く仰ぐ山々には、吹き荒ぶ風、刻々と変化してゆく日本の四季、
誰もが唸る程の盆栽ではなくても、季節を楽しむことは出来ます。
私がいつもひとつだけ大切にしているのは、鉢の中での培養の古いもの、“持込み“と言われる古感です。
樹は年輪を重ねたものは、じっと見ていると、自然界の風雨に長い間晒されてこそ現れる“貌“を見せてくれます。
室内にこんな景色の表現を、出来れば月に2回はしてみたいものです。


澄んだ空の下、羽生雨竹亭の盆栽庭園も、徐々に彩りを増しています。

IMG_6697
コロナ禍で、お客様に“遊びにいらして下さい!“と、お声をかける事も憚るような日常が続いてきましたが、
感染される方々が減少して、世の中も“外へ出かけて気分を晴らしたい!“と願う人達でいっぱいのようです。

私達盆栽業も、こんな時少しでも自然や広々とした庭園で、
のんびり盆栽の四季の移ろいを楽しんで頂くことが、皆さんに出来る事と、
スタッフで庭園や樹々・水石達を飾ってみました。


IMG_6698
IMG_6699

一年半、今までにない刻をすべての人達が過ごしてきた中で、あらためて盆栽達をゆっくり観て頂ける機会にして頂ければと、願っています。

「観照会」の字に、“観賞会の間違い?“と言われますが、
観賞は長め愛でること、観照は目の前にある樹や石と自分で対峙して、心の内側にある景色を照らして楽しむこと、
その願いを込めています。

IMG_6700
葺き替えの済んだ展示場と応接室、壁の仕上げも開園以来の改修をしての開催です。
盆栽や水石達に、是非会いに来て下さい。
11月1日~7日9時~16時


羽生本店雨竹亭ホームページ
【羽生本店雨竹亭 観照会のお知らせ】

羽生本店雨竹亭
アクセスはこちらから

【スッキリとした秋飾り!】


盆栽に興味を抱かれる方々、元々の愛好家のお得意様方。
羽生雨竹亭は、盆栽水石を楽しまれるすべての皆様への窓口を自負しています。
庭園の開設から16年。
応接展示室や展示場の屋根・壁も各所に傷みが生じ、8月下旬から9月中旬にかけて、大幅な改修工事をしました。
それに合わせて、工事期間利用が出来なかった庭園の整備と掃除をして、展示される盆栽達も一新しました。

IMG_6142
・・・自分で言うのも何ですが、❗️キレイ❗️になりました。
何が変わった訳でもなく、スッキリと開園当時の雰囲気に戻っただけなのに、とても清々しい気持ちになります。
多少の杭方の打ち直しや、植栽の撤去などをしましたが、全体の掃除を何よりも心がけて、
訪れる方々が、ゆっくりと、のんびりと、盆栽のある空間を楽しんで頂ければと仕上げました。


IMG_6143

庭内の老大樹や季節の盆栽達。
散策する楽しみとは別に、応接室には敢えて“何気ない季節の飾り“を縞ススキで設てみました。

IMG_6141
庭園に並ぶ名樹を前に、“これでもか“と、室内にまで高価な盆栽を飾るよりも、
お客様とゆっくり語らう前には、まるで“日本の野山の秋“がここにあり、その中でひとときを供させて頂いている。
この感覚を大切にしました。
ひとりで朝夕に庭に佇んでいると、言葉にならない“至福の時“を感じます。
何処からか、虫の音が聞こえて来る・・さあ、雨竹亭の秋の始まりです。



コロナ下で、来園されるお客様も少ない1年。
以前より考えていた、庭園の応接室と展示場の外壁、屋根の改修工事が進んでいます。

IMG_5919
17年前、この地に盆栽園を作って、初めはいらっしゃる方々をお迎えする場も無く、
手入れをする所や、ベニヤ板に敷いてお茶を出す有様だった雨竹亭。
1年をかけて正門・外壁・応接室・展示場・を完成しました。
自然の風雨、商売や人生の風雨(笑)など、この庭と設備と共に歩んで来ました。
還暦になったら痛み出した所を修復しよう、思っていましたが、
2年前より、京都大徳寺の盆栽展園開園工事にかかり出来ませんでした。
風雨でひびが入り、箇所箇所には剥落も見えた建物の外壁。
コロニアルで葺いていた2棟の屋根は、捲れ上がったり、欠落していたり、
ここで改修をしないと雨漏りなど大きな立て直しになりそうだったので、9月いっぱいをかけての整備のしなおしをしました。

IMG_5920
不景気の中、なんで会長は設備にお金を掛けるのだろうと、スタッフが思う気持ちもわかります。
でも私は、盆栽園を開く者は、どんなに小さくてもどんなに粗末でも、訪れる盆栽を愛する方々に、
“やっぱり盆栽はいいなあ!“と、感じていただける場面を用意すべきで、名木が無くても、いつも“美しい庭と盆栽“を見て頂きたいのです。
ここで改修工事をしておけば、10〜15年は大丈夫でしょう。
丁度私がこの庭、この会社を守る時が終わっている頃です。
10月には、“あれ?なんか綺麗になった?スッキリしている“って、来園される皆さんに感じてもらえる庭園になっています。
コロナ!コロナ!疲れます。 
でも、そんな時だからこそ、広々として“三密“なんか程遠い盆栽園で、ゆっくり盆栽と季節の移ろいを楽しんで頂ければと願っています。

↑このページのトップヘ