雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 雨竹亭


【胸を打たれるひたむきな研修生達】

12月に開催される盆栽作家の登竜門「日本盆栽作風展」は、
近年 次代の作家達のための
〈新鋭作家部門〉が設けられました。
今年も私の所で研修に励む若き盆栽家達が、拙い経験の中でも、必死に己の“今”を見つめて この展覧に挑みます。
特に今年は 私の中国展開を支えてくれる西安の提携会社「楊凌雨竹亭園芸公司」で
2年の就業を経て、
法務局の手続きによって出向社員として羽生本店で日々盆栽の手入れ管理に努める中国の若者二人が挑戦します!
IMG_7425
郝君(右:ハオ・23歳)と 趙(左:ツァオ・24歳)です。
中原と言われた唐の時代の首都 長安は蔵法師が天竺から仏教の経典を持ち帰った 古都。
彼等は「日本で盆栽の手入れや管理を覚えて必ず故郷で盆栽家として頑張る」という自分達の強い決意を胸に来日しました。
日本語も殆ど分からず、特別ビザの関係で、1年は肉親が死んでも帰ったら来られなくなる、
と言う様々な問題も、自分達で両親を説得して来日しました。
日常の彼等は 私から見れば、現代の日本の若者も見習ってほしい程の 勤勉さです。
月々の給料も 決して裕福とは言えない両親に少しでも送ってあげたいと、
“日本の野菜は高すぎ”と言って、培養場の隅で 自分達で菜園を作って食べています。
言葉が少ししか分からなくても、私の言うことを一言一句聞き漏らすまいと、
必死に動き、今では 私が考えている事も、殆ど先に理解しているようです。
IMG_7429
IMG_7426
先日、最後の鉢合わせを指導しました。
自分の手で 仕上げた樹が、自分の名前で 展覧会に飾られる。
彼等に私の出来るすべてを3年間に注ぎたいと思います。
IMG_7428
IMG_7427


【伝承の為 羽生に到着!】

昨年 世界盆栽大会で、その存在が公開された 絶滅したとされていた
九州八女地方の「祖母五葉松」伝承者である田中家はもとより、
現地では「矮鶏五葉松」で親しまれていたものです。
IMG_7407
IMG_7408
昨春の訪問で この伝承種と田中家とのご縁を頂いた私ですが、
夏の終わりに 久しぶりに当地に訪れ、ご当主と歓談のひとときを得ました。
「苦しい戦後、先代達の想いを守る事だけを考えて、人が馬鹿にしようとも守ってきた事で、森前さんと出会えた。
私も歳をとって樹達の管理も大変になってきた。
世の中に矮鶏五葉松の大切さを伝えてくれた森前さんに、残されたものを託したい」
こんなお話から 羽生に去年の兄弟達が到着しました。
IMG_7362
IMG_7361
IMG_7363
“受け継ぐ心に応えたい” 早速 痛んだ枝を処理して、鉢が割れているものを仮植えして、
さあ、ここからこの山里に眠り続けた老樹達を、檜舞台に登らせる準備に入ります!
IMG_7360



台風ばかりで 棚の盆栽を守るのに、スタッフ達が不眠の日が多い今年。
その合間に訪れる“秋の澄んだ気”は、ホントに良いものですね。
IMG_7292
海外に出かけてこの国に帰った時、日本の自然の素晴らしさが空を見て・星を見て・盆栽達がいる庭を見て・つくづく感じます。
雑木盆栽での(モミジやススキ・実成りもの)秋景色の飾りは、
季節を映して嬉しいものですが、
松柏盆栽を使っても「掛け軸」や「脇飾り」の水石などで、季節の風情は醸し出せるものです。

帰国して数日、久しぶりに床の間飾りをしてみました。
IMG_7288
丁度 昨日 木村正彦先生の所から、お願いしていた五葉松の流れのある樹が 手入れを終えて帰ってきたので、
同じく目をつむって(笑)京都の美術商から“ボッタクられ”ているのを覚悟で手に入れた「雲月図」と共に 飾ってみました。
IMG_7289
IMG_7290
豊穣の秋・生気に満ちた葉色の五葉松。
雲間に澄み切った煌く光を放つ名月。
松の盆栽で遠くには既に紅葉の奥山を表す赤玉石。
IMG_7291
名筆ならではの秋の空気まで感じられる画中、松の緑と鮮やかな赤玉石の色彩の対比。
こんな「当たり前だけど、スキッとした飾り」が私は好きです。
日々の正業に追われるこの身ですが、盆栽に生きる者として、
日本の素晴らしい季節に感謝しながら “生命の移ろい”を、五感で受け止めて参りたいものです。

【9月例会 3,044万円!】

月例のプロオークションとして関東最大級の小社「天地会」の月例会が、秋空の下 開催されました。
今回は 海外よりの買付業者は無く、久しぶりに “日本人単独オークション”となりました。
IMG_7133
国風展出品樹をはじめ、数多くの盆栽・樹鉢・卓 などが 出品され、総出来高3044万となり、
最高額は 鈴木伸二さんが落札された 真柏古樹の250万でした。
中国勢の参加のない中、国内同朋のみの中で、よく出来たなあ!と思います。
IMG_7129
IMG_7130
流通の要と言えるプロオークションですが、買いたいもの・買えないもの・様々な思いの中、
一喜一憂の刻は、プロとして全神経を使います。
盆栽界のリーディングオークションハウスとして126回目の例会、
これからも、精選良品を求めて頑張りたいと思います。
IMG_7131
IMG_7132

【 『雲糸の松』】

先日上野グリーンクラブで開催された 日本水石協会主催のオークションに、心の奥に刻まれた五葉松が出品されました。
誰にも気付かれないように、せり台に登場した時「思いのある樹!」と声を上げて落札しました。
11年前、自分の不徳で もう立ち直ることも叶わない事業の失敗をして、命すら失う事も当然となった時、
馬鹿な私をまるで泥水の中からその手ですくい上げて下さった方の旧蔵樹。
IMG_6992
40年程前、その方が国風盆栽展に出品されたもので、18年前にも一度縁あって手元にあった樹です。
今でこそ、こうして多くの盆栽水石を愛する方々のお陰で 僅かでも斯界の役に立つよう日々を過ごしていますが、
あの頃を思えば、生涯 この世界の為に滅私奉公をし続ける事しか 私の一生は無いと思う記憶です。
こうして、3度目の縁で 羽生の庭に帰ってきたこの樹に『雲糸の松』と言う銘を付けました。
IMG_6991
IMG_6993
芥川龍之介の短編に「蜘蛛の糸」という物語があります。
生きている時 ありとあらゆる悪行の限りを尽くしたカンダタという男が、地獄で無限の苦しみにもがいている時、
天からこれを見ていた仏様が、カンダタが命ある時一度だけ、道端の蜘蛛を踏まずに避けた事を思い出しました。
仏様は天から細い糸を地獄に降ろし、カンダタはそれにしがみついて地獄から抜けられる時、
下の方からこの糸に多くの地獄の亡者達が「俺たちも揚げてくれ!」と 細い糸が切れる程にぶら下がってきました。
「やめろ!これは俺のものだ!」と、カンダタが叫んだ時、仏様の糸はふつっと切れて、
カンダタは元の地獄の中に落ちていきました。
私をあの時 慈悲の心で導いて下さった方、その方へのあの時の想いをいつまでも忘れぬように、
この五葉松に『雲糸の松』と名付けたのです。
いつまでも羽生の庭で私の生き方を見守って頂き、私はこの樹を守り抜いていきたいと思います。

↑このページのトップヘ