雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 日常


【盆栽・水石、鉢・水盤・道具  大量出品!!!】

水石協会の文化事業に協賛する目的で開催される交換会も今回で4回目!
昨夏は1億円の大台越えとなりました。
冬季2回目の今回は国風展を目前に多くの盆栽・鉢も出品も予想されます。
社団法人の事業ですので水石協会員の他、関連業界の方々、
そして一般愛好家も協会員の推薦があれば参加出来ます。
又、ご自身で協会員などとのお付き合いの少ない方は、
免許証など身分証明が出来るものを提示頂ければ参加可能です。
現金決済の当日オークションは基本的に"卸値"に近い売買となります。
この機会に是非業界の名品の数々をお楽しみ下さい。


【検疫用 完全根洗い後の早急処置  in 台湾】

雨竹亭が長くお世話になっている台湾の美術愛好家のお預かり盆栽を
初めて検疫の為に"完全根洗い"をして空輸で台北に送りました。
恩人と言える方の大切な樹、追いかける様に現地に向い、
協力して下さった台北盆栽園の詹さんの助けを借りて梱包を解いて即座に植込みを行いました。
ここから1ヶ月、毎日5~10回の噴霧と15度前後の温度管理、元気な回復を祈るばかりです。
国によって違う検疫条件、私達日本からの供給方は
健全な流通に欠かせない現地での管理にも惜しまぬ協力をしていきたいと思います。


【中国西安よりの研修生  とにかく一生懸命!!】

12月からエスキューブ出資中国法人「楊凌雨竹亭有限園芸公司」から
出向研修のビザで短期研修に来た郝君と趙君ともに21歳!
西安の培養場で8名の中から選ばれた優秀な2人は、
日本に来ての1ヶ月も「アッパレ!」と言えるほどの頑張りぶり。

貧しい農村から高卒で園芸専門学校を出ても30歳くらいで得られる給料は3~4万!
「日本の最高の盆栽管理と制作技術を身につけて故郷の人達と盆栽事業で豊かにする!」
私が43年前にこの世界に入った頃の想いが蘇ります。
元旦から頑張る彼らに、はじめて盆栽を触れさせました(1ヶ月は雑用のみ!)

この苗木のような真柏が彼らと同じく将来の名木になるように、見守りたいです!
ガンバレ!若者!



【1000点越えの古鉢・水石・卓】

年末の大掃除が始まりました!
天気の良い日、諸道具収蔵庫(別名 高木倉庫・以前 旧高木美術館コレクションを収蔵する為に作った名残です)
を1回全部出しての大仕事です。

"こんなに在庫あるんだ??"
と自分でもびっくりするくらいの量。
1年間良品を求めて買い続けるとこんなになるモノかと、あらためて感じました。
新年よりのお客様をお迎えする時、雨竹亭の倉庫をご覧になる方が、
しまったままの古作名品を見やすい形でご覧頂く毎年恒例の"大棚飾り替え"です。
私たち自身もしまいっぱなしにしておいた鉢や水石、
そして展示会用の卓など、あらためて目で確認する機会としています。
年明けにお越し頂いて、この蔵に"こもって"1日楽しんで頂くのもよろしいかと???


【トンネルを抜けると!!雪化粧の盆栽達!!】

世界大会特別ブースを預かる 福島県舩山先生の邸宅に各出品作品の準備(手入れ)の為に伺いました。
羽生から栃木県を高速で過ぎた頃から、少しずつあたりが白くなってきて
郡山付近は2~3cm積雪がありました。
" 福島市は市内だから大した事ないだろう"
と間もなく到着と言うトンネルを抜けると!!!
一面真っ白の世界。
先生の庭の盆栽も5~8cmの雪帽子をかぶっていました。
予定していた手入れよりも、先日針金掛けをした樹などの雪落としや、
取り込みに追われました。
結局その日に予定していた手入れの分は、お預かりして羽生でやることになりました!
それでもシンとする空気の中、雪を纏う盆栽達は美しいです。

↑このページのトップヘ