雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 日常


【震災・津波 の街に 若き盆栽文化の継承者!】

私共エスキューブ雨竹亭で修行を終えた 宮城県多賀城市の 加藤 充 君が、
震災から6年、様々な思いを込めて住み慣れた自宅を壊し、
市内を見下ろす地に盆栽園を建設中です。

徒手空拳の初代、何もないところからのスタートは並大抵のものではないでしょう。
先日、多賀城へ出向き初めて現場を拝見に行きました。
高台にある旧家の自宅は津波を免れたものの、眼下の見慣れた街は大変な被害にあったとの事。

修行中も東北人らしく、寡黙で盆栽と向き合う様な性格の彼は、
故郷へ帰ってからの7年、人生を変える程の災害を目の前に盆栽と向き合う日々を、
各地の愛好家の手入れ仕事をしながら過ごしてきました。
"1度きりの人生、盆栽しか自分が世の中に尽くせるものはない"
と心に決めて傾斜地という難しさと闘いながら、もう少しというところまで来ました。

今はまだ、仮置きの盆栽棚、ようやく地面が仕上がった自宅部分、
夢と苦労を背中に背負う青年の応援をしたいと思います。
頑張れ!東北人の魂!


【矢内 信幸翁 の 美意識と日常の中の盆栽】

先日 久しぶりに大阪箕面市の料亭「みのお茶寮」へ
20年来の得意先 矢内信幸先生の所に行って来ました。
元々はご自宅だった茶寮は、まさに矢内先生の美意識のかたまり!
自然体に造られた庭には、其処此処に盆梅の古木が点在していました。
建築や調度品など、造作のすべてが翁の凝った意識の中でまとめられ、床の間には白梅の古樹。
ここ"みのお茶寮"は、まさに「矢内ワールド」全開の世界でした!
20年前、独立間も無い私が初めて出店した「日本盆栽大観展」の売店。
そこで矢内先生に出会い、ご自宅の盆栽を拝見した時、
"関西にこんな味の効いた盆栽を理解して楽しむ方がいたのか!"
と驚きを覚えたことがつい昨日のようです。
長いお付き合いの中で、意見をぶつけたり、個展の開催をお手伝いしたり、いろんな事を教えて頂きました。
盆栽界にも料理界にも染まらず、自身の「矢内ワールド」を貫く姿は今も昔も変わりません!
約300点に及ぶ盆栽をたった一人で日常の管理手入れをし、
毎日店に訪れる方々を迎えるように各部屋に「季節の自然」を設える。
これを矢内先生は数十年続けているのです。
至福の昼食を頂いた後、退出する暖簾の脇に紅梅の古木が見送ってくれました。
 



【"嫁入り"盆栽の化粧仕上げ着々と!】

2月5日〜13日開催の国風盆栽展に併催される上野グリーンクラブ「立春盆栽大市」。
毎年エスキューブ雨竹亭は、場内最大のブースを設けます(15軒分の大きさ!)。
羽生で冬姿で冬眠しかかっていた樹々を"盛装"する仕事が始まりました!
鉢を替えて"衣装直し"や植替えで、角度や見付を変えたり、約50点の「嫁入り前の化粧支度」です。
2000~3000点の鉢在庫を持ちながらも、中々ぴったり!といくものは半分位です。
本当は「冬枯れ」の少し寂びた色味が盆栽の良さなのですが、
近年の愛好家の皆さんは、緑美しい姿を好まれる為、温度と湿度を与えて"色戻し"をしなければなりません。
選び抜かれた樹々達から更に選りすぐりの作品が会場に運ばれます。

却って今の羽生にお越し下さるお客様が一番いろんなものがご覧になれていいかもしれませんね!


【盆栽・水石、鉢・水盤・道具  大量出品!!!】

水石協会の文化事業に協賛する目的で開催される交換会も今回で4回目!
昨夏は1億円の大台越えとなりました。
冬季2回目の今回は国風展を目前に多くの盆栽・鉢も出品も予想されます。
社団法人の事業ですので水石協会員の他、関連業界の方々、
そして一般愛好家も協会員の推薦があれば参加出来ます。
又、ご自身で協会員などとのお付き合いの少ない方は、
免許証など身分証明が出来るものを提示頂ければ参加可能です。
現金決済の当日オークションは基本的に"卸値"に近い売買となります。
この機会に是非業界の名品の数々をお楽しみ下さい。


【検疫用 完全根洗い後の早急処置  in 台湾】

雨竹亭が長くお世話になっている台湾の美術愛好家のお預かり盆栽を
初めて検疫の為に"完全根洗い"をして空輸で台北に送りました。
恩人と言える方の大切な樹、追いかける様に現地に向い、
協力して下さった台北盆栽園の詹さんの助けを借りて梱包を解いて即座に植込みを行いました。
ここから1ヶ月、毎日5~10回の噴霧と15度前後の温度管理、元気な回復を祈るばかりです。
国によって違う検疫条件、私達日本からの供給方は
健全な流通に欠かせない現地での管理にも惜しまぬ協力をしていきたいと思います。

↑このページのトップヘ