雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 日常

【9月例会 3,044万円!】

月例のプロオークションとして関東最大級の小社「天地会」の月例会が、秋空の下 開催されました。
今回は 海外よりの買付業者は無く、久しぶりに “日本人単独オークション”となりました。
IMG_7133
国風展出品樹をはじめ、数多くの盆栽・樹鉢・卓 などが 出品され、総出来高3044万となり、
最高額は 鈴木伸二さんが落札された 真柏古樹の250万でした。
中国勢の参加のない中、国内同朋のみの中で、よく出来たなあ!と思います。
IMG_7129
IMG_7130
流通の要と言えるプロオークションですが、買いたいもの・買えないもの・様々な思いの中、
一喜一憂の刻は、プロとして全神経を使います。
盆栽界のリーディングオークションハウスとして126回目の例会、
これからも、精選良品を求めて頑張りたいと思います。
IMG_7131
IMG_7132


千葉県匝瑳市マルキョウ盆栽が主催する交換会が10日現地で開催されました。
海外からの参加者も含めて毎月盛大に開かれ、小社の「天地会」、
群馬県の「6日会」と共に、民間三大交換会と言われています。
IMG_7121
IMG_7122
会主の江波戸さんは、気風の良さは天下一品の方!
娘婿の光一さんの共種園さんと共に、エスキューブの事業の良き理解者でもあります。
市場流通は、時として盆栽の人気種の相場が変動して 安いなあと思う時、
中々買えない時 など様々ですが、ここマルキョウは現地の愛好家も参加される為、
“こんな樹があったんだ?”と 感心するものがあります。
IMG_7123
IMG_7124
海外の購買力が強く、徐々に市場の優良な盆栽が減少する中、
愛好家の皆さんの為にも 私達専業者は頑張らないといけません。

【「祖母五葉松」の故郷 九州 八女地方へ】

八月の終わり、久しぶりに九州 八女の地に赴きました。
IMG_6917
数年前、縁あって偶然出会った祖母五葉松の守家「田中家」ご当主も奥様も
高齢とは言え、相変わらず 盆栽の愛培に汗をかきながら過ごされていました。
「森前さんのおかげで、いろんな人がうちの五葉松を見に来るよ!
森前さんには魔法にかかったみたいに、代々受け継いで来た樹の何本かを譲ったけど、
やっぱり大切にしてくれる人にしか渡せないね」
と、以前と変わらない話ぶりが嬉しくなりました。
IMG_6915
IMG_6916
半日いる間に、また「森前マジック?」で、
何点かを譲って頂くことになり、お互いに笑顔でお別れしました。
(田中さんご夫婦も笑顔でしたよ!念のため!)
田中家の親戚筋の庭に伺って、そこの先代が残された盆栽・庭木を拝見して、
この地が本当に松を愛した地域なんだとあらためて感じましたが、
地元を離れて大企業で活躍された現ご当主が、先代の盆栽を維持管理されている姿を拝見して
“これ以上このままでいると、樹たちも限界”なのが感じられて、割愛を申し出ましたが、
いつもあることですが、プロが一括買取を申し出れば、「安く買い叩かれるのではないか」と不安を感じられて ご返事が頂けません。
わかってはいるのですが、盆栽のことが心配です。
IMG_6918
庭の五葉松も「これを鉢上げすれば面白い!」と思うものがありましたが、
根巻き・抜き込み を依頼する地元のプロに尋ねたところ、
「接口に問題があって抜く時に外れる恐れがある」とのこと。
やっぱりその道で苦労している人の意見は大切です。
暑い1日でしたが、五葉松を守るご夫婦に会えた楽しい旅でした!
(田中さんには祖母五葉松ではなく、矮鶏五葉松だよ!と何度も言われました・笑)


【1億円越え!】

8月26日に上野グリーンクラブで開催された
「盆栽・水石 大オークション」(日本水石協会主催)は、
日本トップクラスの専業者・盆栽作家・愛好家が参加して、総出来高1億300万という今季最高額となりました。
IMG_6847
IMG_6848
企画・事務局を預かる私にとっても本当に有難い結果でした。
弱小水石協会の様々な文化企画展の予算捻出の為に行われたオークションですが、水石・樹鉢・卓・水盤 は 勿論のこと、
名匠木村正彦先生をはじめ、小林國雄理事長・鈴木伸二理事・など、
日本盆栽界を代表する面々の全てが、ボランティアの精神で参加して下さったことに、心から感謝しています。
IMG_6845
盆栽部門は予想通り木村正彦先生の文部大臣賞受賞作品の真柏が550万の最高値、
水盤では吉村香風園出品の名器「紫南京楕円」が 350万、
主人公である水石部門は、関西に眠り続けた孔雀菊花石が1350万で落札されました。
私も1億円のうち、2000万程の買付となりました。
これからも、水石文化の発展と伝播の為に年2回のこのオークションで、各地に眠り続けている名品を探したいと思います。
IMG_6846

【作品制作への情熱!】

羽生と同じく、木村先生の住む埼玉県伊奈町(羽生から車で30分)は、連日35度を超える猛暑。
屋外での作業は体感気温が楽に40度を超えます。
そんな中でも 先日先生の所へ 作品の相談と9月にご一緒する海外旅行の打合せで伺いました。
IMG_6631
IMG_6632
立っているだけでも 汗が玉のように出てくる中、先生はいつもの格好で 奥の作業所から笑顔で出迎えて下さいました。
IMG_6633
見たことのない真柏の名木を私が棚で眺めていると「森前さん、この樹がどの樹か分かりますか?」との問いかけ。
見当のつかない私を見て先生は微笑みながら、「国風賞を頂いた樹だよ。どうしても納得いかないところがあったので、少し変えてみたんだ!」と。
たしかによく見ると数年前先生の作品として国風賞を受賞された真柏でした。
少し根の処理をされたのか?全体の高さが低くなっていました!
もっと驚いたのは、「木村ワールド」とまで評価される
中国『武陵源』をモデルにした真柏の石付き群の脇に
先生の背の高さ程もある同じジャンルの大型真柏石付きが ありました。
IMG_6634
春に先生と行った中国黄山の大自然のあの日、78歳の誕生日を黄山の上でお祝いした事が信じられません!
先生の創作意欲は 歳を重ねるごとに深く強くなられているように思います。
「秋には森前さんと行った 黄山の面影を写した作品を作ろうと思っているんだ!」と、
先生は すでに頭の中にある自分の創作世界を語られていました。
8月の初めに『近代盆栽』に その改作過程が一挙公開された、
北海道からの大型一位『神威』も、内庭に日除けをして守られていました。
IMG_6635
灼熱の夏、木村正彦先生の盆栽にかける情熱は、それ以上に熱かったです!

↑このページのトップヘ