雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 日常

【須坂市 井浦家!】

20年来の朋友、須坂市の井浦勝樹園に玄虹会の皆さんと訪れました。
IMG_3718
IMG_3719
ご先代より守り継がれている名樹『風神・雷神』 久々の対面でしたが、やっぱり圧巻の貫禄! 
『風神』は 日本の現代真柏盆栽を木村正彦先生の『登龍の舞』と共に代表する樹。
IMG_3725
IMG_3724
IMG_3723
もうひとつの『雷神』は、現在更なる樹格向上の為に、敢えて徒長させて次なる整姿を待っている段階でした。
現在の園主 井浦貴史氏は、生一本で 裏表の無い男から見る「男前」!
ご一緒した 福島の大家・舩山会長曰く「あれはスッキリしていて良い男だね」
地方で頑張っている友人を こんな見方をしてもらえると、何とも嬉しいものです!
IMG_3720
IMG_3721
IMG_3722
夥しい未完の真柏群!
先代より続く 真柏の素材からの枝接ぎ・吹き上げによる施術と培養は、彼にもしっかり受け継がれていました。
“こんな時じゃないと 頼めないな”と、思い切って10年以上前から気になっていた大型真柏の
大器の逸材を相談しました。
しばらく考えて「森前さんならいいですよ」と、即答!
この スパッとした性格が大好きです!
別に数点の手頃な盆栽を分けてもらって失礼しましたが、とても心地よいひと時でした。
※音声が流れます。音量にご注意ください。

【いつの日か・・】

8年間の夏の銀座雨竹庵・軽井沢店、8月20日をもって役目を終了しました。
IMG_3273
はじめの5年間は、スタッフ中心で頑張りましたが、避暑地の夏、中々思うような結果とはなりませんでした。
このまま閉じるべきか? 悩んで社員の意見を求めましたが、「採算が無理」と言う答え。
悩んだ末に私が出した結論は「ここからは会長に任せてみて!」でした。
IMG_3274
銀座店の半分の小さい店、ご覧に入れている盆栽も どちらかと言えば 初心者向けの可愛らしいものが中心。
“ここで1カ月間で100万の収益をこの形であげるのはキツイ、何か別の方策はないか?”
・・私が出した答えは、「もうひとつの軽井沢応接室」でした。
IMG_3191
IMG_3192
以前より親交のあった軽井沢名門貸別荘「前田郷」。
 8月のベストシーズンだけを借りると1ヶ月でなんと120万!
 “500万売ってやっと収益イーブン!?” 私はやる事にしました。
重要文化財「三笠ホテル※現在は観光公開のみ」の近隣、木洩れ陽の美しい軽井沢を絵に描いたようなロケーション。
“ここにお世話になっているお客様を招いて、夏の応接室にする!”
お陰様で 前田郷と軽井沢通りの店、この二ヶ所体制にして、売り上げは、毎年1000万台にのせることが出来ました。
私にとっても、普段とは違う場面での お得意様と一対一の時間。
IMG_3275
朝夕は、羽生では全体の盆栽管理や業務に心が動きますが、
ここでは 物事を考えたり、普段出来ない執筆を進めるなど、店に10時から16時、お得意様がいらっしゃれば、留守を頼んで別荘へ。
“この形でしばらく頑張ってみよう!”

昨秋、京都大徳寺・30年近く 私淑させて頂く芳春院のご住職より、「寺の中に盆栽庭園を作らないか?」と思いもしないお言葉を頂きました。
応仁の乱以後、500年の間、戦国大名が建立した名刹塔頭しか存在しない大徳寺、
しかもご住職が指定された場所は、織田信長公の墓所の北、
「利休に帰れ」の名著で有名な立花大亀和尚が創った如意庵、そして脇には最大塔頭芳春院。
幾度も分不相応と辞したのですが、ご住職の強いお勧めを頂き、盆栽庭園開園を決意したのです。
今年秋より工事に入り、建方を春までに終了し、作庭を夏前に終わらせる。
そして来秋には「大徳寺・芳春院 盆栽庭園」が 開園します。
“二兎は追えず”の例え通り、軽井沢の店を営みながら、大徳寺の庭を仕上げる・・どちらも中途半端になってしまう。
そして私が出した結論が、「100年後にも残る盆栽庭園」でした。
想いを込めて頑張ってきた軽井沢、こんなに複雑な気持ちになったのは初めてです。
IMG_3276
私が好きで始めた店など、いつ無くなっても、但し、大徳寺は私だけの想いで閉じられない。私の次までも守れる形を作るのが、私の役目。
軽井沢店をご利用下さった皆様、本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。
羽生本店・銀座店・そして 来年秋からは、京都で皆様をお待ち申し上げます。
・・・でも、大好きな軽井沢、形を変えて・・考えたいです!
ここを好んで下さった私の様な
盆栽水石以外、何の役にも立たない者を良しとしてくださる方々の為に。

最終執筆!

軽井沢「銀座雨竹庵」最後の年、7月下旬から3週間、残すところあと数日となりました。
道ゆく避暑地を歩く皆さんに初めてご覧になる盆栽を説明するのは、今も昔も楽しいものです。
お得意様のお相手も凡そ済んだ中、水石界に依頼されても“貧乏暇無し”ゆえ、
執筆に長い時間を頂いている『日本水石名品選集』、この残された軽井沢の時間で骨子全体の執筆だけは完了しようと鉢巻を締めています。
IMG_3191
いざ!取り掛かると、所載が予定されている水石の数々は、日本を代表する名品ばかり!
IMG_3193
IMG_3194
IMG_3195
IMG_3196
次世代に遺す大切な文献のなる事を思えば、1度1石の校了となっても、再考して書き直す!の繰り返しです(笑)
IMG_3192
IMG_3197
少しでもひとつひとつの石に対して、正確で出来るだけの資料となるように努めて、
自分にとっても、プロとしての足跡になれるように頑張りたいと思います。
それにしても、学が無いという事を身にしみる毎日です(泣)


避暑地軽井沢に、銀座雨竹庵の夏季営業店として店開きをして8年目の夏。
IMG_2769
昨年からは 以前から親交のあった旧軽井沢の貸別荘「前田郷」の 一棟をお借りして、
お得意様との水石や諸道具を囲んだ佳き歓談の場を得て、「こんな形ならやっていこうかな」と思っていました。
そこに 京都名刹「大徳寺・芳春院」様より、
“盆栽庭園を作ろうと思う・森前君がやるならそうしたい”
と、思いもしないお言葉を頂き、熟慮の末、この愛着ある軽井沢店を今年限りとして、
500年を超える名刹の歴史の中に初めての盆栽庭園を作るお手伝いに打ち込もうと決心しました。
“最後の軽井沢の夏”、若かりし頃この土地が好きで、妻と年に1回の1泊旅行を必ず軽井沢で過ごしたことを思い出します。
IMG_2751
IMG_2752
店に訪れる盆栽を初めてご覧になる家族連れや若いカップル。
21年前 銀座の店を開いたあの頃、街ゆく人達が 盆栽を見ていたあの景色が重なります。
FullSizeRender
別荘の方は、毎年いつのまにか書斎の奥に集まった“大好きな”品々を並べて、
お得意様と落語のような楽しい時間を過ごせるようにしました。
IMG_2770
形を変えてでも、またこの大好きな軽井沢で、盆栽を広める仕事がしたいと思っています。

さあ!今月18日まで、いつものように いらっしゃる皆さんに「盆栽はお好きですか?」
と21年間変わらない言葉をかけていこうと思います。
ブログをご覧の皆様も、是非遊びにいらして下さい。
お待ちしています!
IMG_2750


(銀座雨竹庵HPに飛びます)


【秘技は世界に! 若き中国盆栽技術者の研修】

中国西安に活動の拠点を置いて8年、姉妹店としての「楊凌雨竹亭盆栽有限公司」から
技術研修出向の形で、若き2人が私の羽生本店に来て、1年半が経ちます。
IMG_1487
朝7:30から、夜は作業の多い日中の仕事が終わるのも19~20時。
「3年で出来るだけの管理と手入技術を身につけて故郷に帰り、多くの中国盆栽愛好家の為に、『商売よりも名品盆栽の維持管理』に尽くしたい」
と願う彼等。
日々の生活・盆栽に取り組む姿勢・今の日本では見られなくなった若者の熱意と信念を見ているようです。
今年の2月、彼達にとっての新春である「春節」を前に、
“両親に仕送りをしたい”と私に言ってきて、差し出した金額は1年の給料の半分でした。
こんな彼等に出来ることはないか?そんな気持ちに応えてくれたのが、名匠木村正彦先生でした。
IMG_1483
IMG_1484
「森前君が躾けた子達ならいつでもいいよ」と快く彼等を交代での手伝いを許可して下さいました。
“世界の木村の下で 技を磨く”・・夢のような出来事ですが、それが中国へ戻った時の彼達のどれだけの心の支えと誇りになるか、私は唯々見守るばかりです。
心配で用事も無いのに 先生の所へ伺えば、名匠は相変わらず 盆栽と向き合う毎日。
IMG_1486
IMG_1485
“この方は盆栽以外の事には何も興味がないんだ”・・天職というものを得た数少ない盆栽家。
あらためての尊敬という言葉を自然に感じました。
がんばれ!ハオ、がんばれ!ツァオ。
秋からは “木村マジック”の本格的な手伝いだぞ!
IMG_1488

↑このページのトップヘ