雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

カテゴリ: 日常

【舩山コレクション秋の手入れ!】

現在の日本盆栽界で東北地方を代表する愛好家・舩山先生の所で、季節の盆栽手入れを行いました。
気候変動の厳しいここ数年、五葉松の原生地でもある福島も例外なく、管理に神経を使います。
舩山コレクションを代表する五葉松「天帝の松」も、今年伸びた芽をひと回り追い込み、健康な冬を迎えます。
IMG_4249
約250点の盆栽達も、各枝の調子を揃え、整姿針金、真柏などの葉透かし、
羽生から3名の熟練、宮城県の加藤充君、圧倒的な質と量の「舩山コレクション」は、手入れに慣れたメンバーでも終わりなき内容です!
IMG_4250
今回一緒に同行してくれた森山義彦君は、名匠木村正彦先生の門下。
木村先生との交流も深い舩山邸には、創作作品としての著名な真柏の立石付もあります。
「この樹は森山君がひとりで手入れをして」私の声に真摯にこの作品と向き合う森山君。
IMG_4248
「師が作った作品を弟子が手入れをして守り継ぐ」側で見ていても嬉しいものです。
羽生の近隣、加須に盆栽アトリエを自力で構え、“腕ひとつ”で日々盆栽と向き合う森山君。
盆栽作家の檜舞台「日本盆栽作風展」で、いつかは大賞を彼に獲らせてあげたい!
舩山コレクションからその樹が生まれてくれることを願っています!


私に真柏盆栽の圧倒的な迫力と年輪の凄まじさを教えて下さった、須坂市の井浦さん。
三陸の海岸に聳り立つ 断崖絶壁に、数百年の命を必死に繋いだ真柏達。
IMG_3915
その命の造形を井浦さんの庭で拝見して20年の時が経ちました。
天国に逝かれた先輩は、ご子息貴史さんという、自身が生涯をかけて残された原木の数々を大切に受け継いでいます。
先日久し振りに 須坂に出向く機会があって、貴史さんとゆっくり話す時を得て、
父君が遺した真柏の中から、一樹を譲って頂くことになりました。
彼の所で 真柏改作の技を学ぶ小林君に “思うように好きに仕上げてみて!”と、
未来の名木を未来の盆栽作家に託しました。
IMG_3916
北陸に赴いた帰路、立ち寄れば、彼がこの樹と取り組んでいる真っ最中でした。
“思いっきりやってね!” 
それだけを伝えてよけいな “ああしてほしい・こうしてくれるといい” など、若き栽匠が迷うことのないように退出しました。
IMG_3917
まもなく 羽生にこの樹は到着します。
そこからは、この樹がどこまで登りつめて行くか!私の仕事です。
仕上がった姿を近日お伝えしますので、乞うご期待!

iPadから送信

【五葉松の競り合い!】

9月27日 栃木県西那須野で、北関東地方を代表するプロ盆栽園大会オークションが開催されました!
IMG_3787
IMG_3788
那須五葉松の故郷での開催、さすがに葉性素晴らしい五葉松群が数百点出品されました!
私の兄弟子である鈴木理事長からの参加要請で、自然豊かな那須へ赴き、多くの五葉松を落札しました。
IMG_3789
そのまま展覧会に飾れるもの・手入れをして姿を整えるもの・将来性を見据えるもの、
様々な樹々が順々に競台に上がり、次々と落札されてゆきます。
IMG_3790
IMG_3791
IMG_3792
最近は、海外勢の参加により、多くの古樹達が流出し、
大きなプロオークションも出品数が減少して全体の質も低下しています。
だからこそ、みんなの目を惹く作品が乗ると、一斉に声が上がります!
今回もトラック1台分の落札仕入れ!
相変わらず “束ね買いの森前”なんて言われるけど、
エスキューブは ネットオークション・羽生本店・銀座店・そしてレンタル事業部・と、
盆栽の活用範囲は、幅広いのです。

【須坂市 井浦家!】

20年来の朋友、須坂市の井浦勝樹園に玄虹会の皆さんと訪れました。
IMG_3718
IMG_3719
ご先代より守り継がれている名樹『風神・雷神』 久々の対面でしたが、やっぱり圧巻の貫禄! 
『風神』は 日本の現代真柏盆栽を木村正彦先生の『登龍の舞』と共に代表する樹。
IMG_3725
IMG_3724
IMG_3723
もうひとつの『雷神』は、現在更なる樹格向上の為に、敢えて徒長させて次なる整姿を待っている段階でした。
現在の園主 井浦貴史氏は、生一本で 裏表の無い男から見る「男前」!
ご一緒した 福島の大家・舩山会長曰く「あれはスッキリしていて良い男だね」
地方で頑張っている友人を こんな見方をしてもらえると、何とも嬉しいものです!
IMG_3720
IMG_3721
IMG_3722
夥しい未完の真柏群!
先代より続く 真柏の素材からの枝接ぎ・吹き上げによる施術と培養は、彼にもしっかり受け継がれていました。
“こんな時じゃないと 頼めないな”と、思い切って10年以上前から気になっていた大型真柏の
大器の逸材を相談しました。
しばらく考えて「森前さんならいいですよ」と、即答!
この スパッとした性格が大好きです!
別に数点の手頃な盆栽を分けてもらって失礼しましたが、とても心地よいひと時でした。
※音声が流れます。音量にご注意ください。

【いつの日か・・】

8年間の夏の銀座雨竹庵・軽井沢店、8月20日をもって役目を終了しました。
IMG_3273
はじめの5年間は、スタッフ中心で頑張りましたが、避暑地の夏、中々思うような結果とはなりませんでした。
このまま閉じるべきか? 悩んで社員の意見を求めましたが、「採算が無理」と言う答え。
悩んだ末に私が出した結論は「ここからは会長に任せてみて!」でした。
IMG_3274
銀座店の半分の小さい店、ご覧に入れている盆栽も どちらかと言えば 初心者向けの可愛らしいものが中心。
“ここで1カ月間で100万の収益をこの形であげるのはキツイ、何か別の方策はないか?”
・・私が出した答えは、「もうひとつの軽井沢応接室」でした。
IMG_3191
IMG_3192
以前より親交のあった軽井沢名門貸別荘「前田郷」。
 8月のベストシーズンだけを借りると1ヶ月でなんと120万!
 “500万売ってやっと収益イーブン!?” 私はやる事にしました。
重要文化財「三笠ホテル※現在は観光公開のみ」の近隣、木洩れ陽の美しい軽井沢を絵に描いたようなロケーション。
“ここにお世話になっているお客様を招いて、夏の応接室にする!”
お陰様で 前田郷と軽井沢通りの店、この二ヶ所体制にして、売り上げは、毎年1000万台にのせることが出来ました。
私にとっても、普段とは違う場面での お得意様と一対一の時間。
IMG_3275
朝夕は、羽生では全体の盆栽管理や業務に心が動きますが、
ここでは 物事を考えたり、普段出来ない執筆を進めるなど、店に10時から16時、お得意様がいらっしゃれば、留守を頼んで別荘へ。
“この形でしばらく頑張ってみよう!”

昨秋、京都大徳寺・30年近く 私淑させて頂く芳春院のご住職より、「寺の中に盆栽庭園を作らないか?」と思いもしないお言葉を頂きました。
応仁の乱以後、500年の間、戦国大名が建立した名刹塔頭しか存在しない大徳寺、
しかもご住職が指定された場所は、織田信長公の墓所の北、
「利休に帰れ」の名著で有名な立花大亀和尚が創った如意庵、そして脇には最大塔頭芳春院。
幾度も分不相応と辞したのですが、ご住職の強いお勧めを頂き、盆栽庭園開園を決意したのです。
今年秋より工事に入り、建方を春までに終了し、作庭を夏前に終わらせる。
そして来秋には「大徳寺・芳春院 盆栽庭園」が 開園します。
“二兎は追えず”の例え通り、軽井沢の店を営みながら、大徳寺の庭を仕上げる・・どちらも中途半端になってしまう。
そして私が出した結論が、「100年後にも残る盆栽庭園」でした。
想いを込めて頑張ってきた軽井沢、こんなに複雑な気持ちになったのは初めてです。
IMG_3276
私が好きで始めた店など、いつ無くなっても、但し、大徳寺は私だけの想いで閉じられない。私の次までも守れる形を作るのが、私の役目。
軽井沢店をご利用下さった皆様、本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。
羽生本店・銀座店・そして 来年秋からは、京都で皆様をお待ち申し上げます。
・・・でも、大好きな軽井沢、形を変えて・・考えたいです!
ここを好んで下さった私の様な
盆栽水石以外、何の役にも立たない者を良しとしてくださる方々の為に。

↑このページのトップヘ