雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

2020年11月


大徳寺での「慶雲庵特別展」の準備の為、しばらく業界のオークションに出席出来ないスケジュールとなる為、
久しぶりに千葉匝瑳市の「マルキョウ交換会」に参加しました。
手頃な1~5万程の盆栽から、100~200万の将来の国風展へ向かう樹まで1000点を超える出品!


IMG_0347

特に感じたのが、ビットを入れると必ず対抗ビットが入るのが、海外からのオーダーに応える代行業者と声。
会全体の約半数が海を渡る事になりました。
特にサツキの動向が最近目立って注目を浴びています。
海外への検疫等の関係で、“運び易く管理が容易“と言うことが人気に火がついたと思われます。


IMG_0349
それでも全体に言えるのは、10~20年作り上げた樹が、手間賃も出ない額で落札されること。
お客様に供給する立場からはありがたいものですが、今まで作り手が育ててくれたからこうして市場に出てきますが、
海外に輸出された分はもう日本には戻りません。
次の時代、日本の盆栽素材の枯渇は目に見えています。

IMG_0348
人件費の高騰で、日本での苗木からの作出者が激減する中、私達プロは、次代の業界の在り方を根本から考えなくてはいけない岐路に来ているようです。

先達が人生と生活のすべてを費やして残してくれた盆栽達。
もう一度あの若き修行時代に日々苗木の八房五葉松の接木をした頃を思い出し、ここから何をしなければいけないか?
振り返る日になりました。



新宿都庁前、副都心のシンボル京王プラザホテルのロビー階に、
『日本の伝統文化・癒しの盆栽展』が、企画協力NHK文化センター・展示協力日本宝樹会で開催され、参観して来ました。


IMG_0177

普段より業界で共に活動する蔓青園、加藤崇寿さんが案内してくれました。
国風賞受賞の名樹など、都心の現代空間の中に、“古典でありながらモダンな美”として、象徴的に展示されていた事が嬉しかったです。

IMG_0178
これだけの名品でも、コロナ禍の中けして多くの方々が観てくれる訳でもない、
それでも盆栽の素晴らしさの中に“人の心を癒してくれる“事を見事に伝えてくれています。

IMG_0176
私も含めて、少しでも盆栽の素晴らしさを伝えたいとする活動は、それぞれの姿は違っても、
この展覧のように「傍観者」ではなく「実践者」として苦労をされても頑張る方々に敬意とエールを送りたいです。

↑このページのトップヘ