雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴44年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

2019年04月

【南京で感じた「盆栽人のあるべき姿」】

スタッフ総勢8名を連れての中国 盆栽手入れの旅の中、南京に出向いた折、
以前より交流のあった 中国著名盆栽家 芮先生の自宅に招かれた。
IMG_9932
市内の中心部にある自邸、盆栽の棚を作って楽しむには、勿体ない程の立地。
所狭しと置かれた盆栽は、その種類もサイズも多種多様。
IMG_9929
IMG_9933
飾り映えするものもあれば、名も知れぬ素材も。
屋上には石付に使う葉物の材料の育成まで。その中でもやはり目を引いたのは、大型真柏の数々。
IMG_9930
IMG_9931
IMG_9934
“こんな素材が日本にあればなあ”と、同行した木村正彦師門下、森山義彦の弁。
そして何よりも記憶に残ったのは、芮先生のお人柄。
決して驕らず、所蔵品をひけらかしもせず、唯々 微笑みを持って応対下さっていた。
「私の所をこうして訪ねる盆栽を愛する方々は、私はそのすべてを歓迎します」・・。
想像を絶する所蔵量の鑑賞石を含めて、40年余り一切 手放す事をされず、ひたすらに愛好の道を歩まれている。
こんな邸宅に息づく盆栽達は本当に幸せだと思います。
別にビジネスをするでもなく、盆栽や鑑賞石の歓談をするでもない。
趣味の来客に対して“無償の歓待”をして下さる。
不思議にここで拝見した盆栽達は 何処か穏やかな表情をしているように見える。
また、この「楽園」に“ 遊び ”に来たい。

IMG_9928

【朧月に枝垂れ桜の盆栽飾り!】

平成最後の桜、雨竹亭 盆栽飾りの“定番”とも言える 枝垂れ桜も満開の時となりました。
麗らかな春を告げる「清明」の節気。
IMG_9825
名筆 森公挙 の 朧月にかかる 一重咲きの枝垂れ桜は、美しくも儚さを秘めた、
日本人の心情を表した「もののあわれ」の美を感じさせてくれます。
中国広州登り窯で 誂えた 均釉の鉢・脇床の深山の雪解け水を見せる渓流石。
FullSizeRender
潤湿な日本の季節が席中に満ち溢れています。
日本人は 何故儚く、いずれ消えゆく姿に 深い美を感じるのでしょうか? 
IMG_9826
IMG_9827
永遠でないひとときの移ろい。
自然と言う何ものにも代え難い 自分を取り巻くものと、刻と言う至高の価値。
私は盆栽や水石に、日本人が心の原風景に持つ 美意識が潜在していると思っています。
いつかは、その命題とも言える
 “盆栽とは何か?水石とは何か?己とは何か?”を、拙文に残す機会を得たいと願っています。
勿論 未熟な還暦、ここからの“先”に見えるものを日々有りのままに受け入れながら、
まだまだ この旅路を続けなければ かけないとわかっていますが!
(この ブログも、実は羽生から出かける前に“咲いたらこう飾って”と、指示して撮影してもらった写真を見ながら書いています!こんな事じゃ、当分 ダメですね!)


【木村正彦先生の 名作の維持管理の使命】

中国某大都市に 多数所蔵されている日本の名木を、
私と木村正彦先生の高弟 森山義彦氏・エスキューブスタッフ2名、
OBとしてまもなく宮城県多賀城市に新たな盆栽園を開く加藤充氏・そして羽生で技術の習得に励む西安の2人、
西安からの応援2名、総勢9名で、5日間で約80本の植替えという 刻の中にいます。
IMG_9797
IMG_9799
日本から遠くこの大陸に多くの盆栽が渡っていますが、中国には 愛好家に対してのアフターメンテナンスのシステムがありません。
どちらかと言えば、プロとされる商売をしている人たちが自分の目と力を誇示して、威張っている感じです。
特に高く売れる事には頑張るのですが、その後の手入れや巡回サービスなど、
儲からない事は 超高額品を買ってくれない客とは 面倒くさがってしないという状態です。
訪れたお客様の所は、スタッフの方々の日頃の管理も素晴らしく、日本の盆栽を大切にしてくれています。
IMG_9795
IMG_9798
IMG_9802
中には木村正彦先生の名作と言える真柏もあり、先生の弟子である森山義彦氏の同行で、手入れ製姿・植替えを行いました。
IMG_9800
盆栽に生きる日本人の 姿勢を語ることなく、仕事で見ていただこうと、スタッフと朝7時〜夜7時まで、泥だらけで 頑張っています。
IMG_9796
IMG_9801
この地で生き続ける盆栽達の為にも精一杯の仕事をして帰るつもりです。

↑このページのトップヘ