雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

2018年08月


【銀座「加島美術」さん・名画と盆栽水石】

先日 羽生雨竹亭で、銀座の老舗画廊「加島美術」さんの依頼により、名画と盆栽水石の飾りの撮影が行われました。
古画から近代画まで幅広く扱われる加島美術さんは、審美・鑑識眼共に信頼厚い店です。
私も何度か道具として使いやすい掛物をいただいたことがありますが、
このような 銀座を代表する老舗画廊が、ご自身の大切な誌面に 盆栽水石を 同じ日本文化のひとつとして捉えて下さる事は、嬉しいものです。
IMG_6795
応接展示室を使っての飾りは、江戸期名筆「狩野探幽」の 墨絵の『波』。
IMG_6796
破墨の筆致見事な探幽ならではの横物大幅の掛物は、脇床に設えた佐治川の汀型の石と良く調和してくれました。
IMG_6797
流れを意識した盆栽は、風や潮騒を感得できる五葉松の
“断崖から懸垂する”遥かに見える磯の風景を連想できるものにしようと、飾る前に 枝の捌きを少し加えました。
IMG_6799
IMG_6798
カメラマンさん以外、すべて女性陣のスタッフの方々は、
初めて見る盆栽水石の世界を感嘆と興味深い眼差しで、作業を進められました。
美術品が、単体で画商方が扱う事を主流としてもう長くなります。
私達が盆栽水石を通して学んだ、
「どれ程素晴らしい美術品でも、それを実際に使い切る事が出来なければ、それは単なる蒐集でしかなく、趣味家・数寄者ではない」
と言う考えが、盆栽界・美術界 の垣根を超えて広まってくれる事を願うばかりです。

【短期営業開始!】

7年目の軽井沢店が始まりました。
IMG_6741
最高気温で知られる 埼玉県熊谷市に近い猛暑の羽生本店
盆栽を守る為に 管理を中心とするスタッフ達も 毎朝6時に出勤して水かけをする中、
軽井沢店の常駐者が中々決まらず、結局 私自身が 水石協会の執筆100ページ以上を進める為、
ダンボールふたつ分の資料を携えて、店を守ることになりました。
IMG_6743
飾り付けの際も、友人の鈴木伸二氏が、激励に訪れてくれました。
店にほど近い所に、執筆に合う寝床を確保できたので、
昼間は店、朝夕は執筆とお得意様、という 日々が始まります。
IMG_6744
大観・春草・陳鳴遠・等々、盆栽以外にも 自分で好きな品々を羽生から運んで、
2週間の軽井沢を有意義に過ごしたいと思っています。
IMG_6742
こうして、1000円の可愛らしいミニ盆栽から、国風展に出品された真柏まで、
そして水石・添景などを飾って、避暑の街を歩く若い人達と触れ合うと、
20年前、銀座に店を出したあの頃を思い出します。
「盆栽はお好きですか?」
3個1000円の鉢をスウェーデンから一時帰国された母娘さんにご紹介している自分が、
“こんな時間が本当は一番好きなんだな”と、実感した初日でした。




【羽生に収蔵! 只今 詳細調査中!】

小田原在住の盆栽水石大家、小泉 薫 先生の邸宅より、ご親族の依頼を受けて、
所蔵されていた盆栽水石飾りの座敷用添景道具一式を、羽生に持ち帰りました。
IMG_6734
IMG_6733
「盆栽水石界で楽しんだ道具をより広く愛好家の方々へ」と言う、ご親族のご意向によるものです。
IMG_6737
IMG_6735
IMG_6736
景道を創始された片山一雨先生の直弟子として、邸宅に陳列用の数寄屋書院まで設けられた小泉先生。
その蔵品のレベルは高く、
ここから小泉先生の友人でもある私のお得意様達に、受け継いで頂く思いで、ご紹介したいと思っています。
勿論、エスキューブ にご縁ある皆様にもご提供出来るように、ウェブサイトを通じて何割かはご紹介したいと思います。

水石協会『日本の水石百選』の執筆もあり(汗)8月8日からは軽井沢店の店番をしながら、
2週間ほど、“山にこもる”予定ですが、縁あって使いやすい別荘が借りられたので、
そこに 気に入っている数点を運び、訪れて下さる方々と、眼福の品々を肴に?お茶を飲みたいと願っています。
お時間のある方は、是非 軽井沢へいらして下さい。
IMG_0275


【真柏の文人盆栽】

記録的な暑さの続くこの夏。
お客様をお迎えする羽生雨竹亭の応接飾りも、蓮の花や水石など、冷房のかかった応接室に入って、ホッとするものが多い季節です。
時には そんな中でも、盆栽の本質的な中身を持っているものを楽しみたくなります。
IMG_6636
先日、羽生で開催されたプロ専用オークション『天地会』に静岡の高木あずま園氏が出品して小店が落札した真柏を飾ってみました。
IMG_6637
細身の中型ながら、その舎利幹の味わいある旋律と間調子の効いた造りが、とても気に入っています。
IMG_6638
握りこぶし程の、くずや石を取り合わせることで、樹の大きさが増したように思います。
小僧時代より、
「文人樹とは、細ければ良いのではない。その中に枯淡の風趣や、生き抜いてきた厳しさが見え隠れしていないものは、偽文人樹でダメだ。」
と諭されました。
還暦を間近にする中で、その意味は実感として強く感じます。
IMG_6639
扁額「自在天・自ずから天にあり」禅問答のようなこの言葉が妙に似合うのも、
樹が何かを語りかけているような印象があるからでしょうか?

↑このページのトップヘ