雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴43年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

2017年10月


【観音堂で 安らかに 畏友ガルのもとへ】

私がこの雨竹亭を作った時から雨風も一緒に過ごしてきた名犬タロウが 
天国へ旅立ちました。
何も無かったこの土地に子犬で来て、生涯十三年間をこの庭で暮らしました。
2年前に同じく初代名誉会長だった名犬ガルが旅立ち、
大病を患いながらも、人間の様な仕草を見せたタロウ。
番犬としても立派に務めを果たし、この一年は2匹の後輩ゴールデン見守っていました。
獣医先生の所から帰って来て、大好きだったピンクの衣装ケースに入った姿は、
今にも目を覚ましそうで涙が出ます。
ガルと同じように観音堂に眠っているよう!
生涯の友だったガルの眠るとなりに眠らせてあげました。
ありがとう、タロウ。
ガルと天国で好きなだけ走って遊んで下さい。


【真柏「風神・雷神」の 展示構想!】

11月18日〜21日の「日本盆栽大観展」で公開される 
一般財団法人『京都国際文化振興財団・慶雲庵』の 特別陳列に 
片岡鶴太郎氏の書「風神・雷神」と 真柏名木のコラボ飾りが行われます。
大観展実行委員長であり、財団の主管盆栽作家の鈴木伸二氏の庭に訪れて、
作品を前に"極秘の打合せ"をしました。
相変わらずの名木群の鈴木邸。
二点の真柏をどんなデザインの展示にするか、
私の拙い練想で設営業者と打合せを始めなければなりません。
知恵熱出そうですが、京都の秋を彩る展覧を是非楽しみにしていて下さい。


【春花園 盆栽庭園で開催!】

来年2月に東京都美術館で開催される第5回「日本の水石展」の選考審査会が
協会理事長 小林國雄師の自邸「啓雅亭」で開催されました。
特別出品・床の間席・一般席・道具飾り など、
百数十席の大展覧も5回目となると、その出品内容もレベル高く、
審査でも理事全員から感嘆の声が出るものも多かったです。

頼 山陽・岩崎財閥・山元春挙・水府散人 等々、歴代の名石から初見参のものまで、
流石に日本水石界を代表する展覧らしく、圧倒的な量と質が勢揃いしました。

併せて、この小林理事長邸はいつ来ても、建築は勿論のこと、棚の盆栽達も名木揃い!

木村正彦先生・小林國雄・そして鈴木伸二氏。
日本を代表する盆栽家は、どの庭も溜息が出る庭です。
私の雨竹亭、お三方からすれば まさに百貨店!
でもそれが私共の良さだと思って居ます。
誰にでも楽しんで頂ける雨竹亭でありたいと思っています。


【盆栽庭園40周年!】

アメリカの建国200年を記念して日本盆栽協会から53点の盆栽が海を渡って40年。
今回の記念に3点の盆栽を寄贈したことにより、式典に呼ばれました。
高橋貞助・上田秀一・小口賢一・小渕恵三 各先生、
名だたる方々の寄贈された盆栽は、植物園の皆さんの努力で、とても元気です。
3年前に訪れた時に贈った古谷石の葛屋が、私の名前でパビリオンに展示して頂いているのを見て
「人に何かを贈る時は、自分の名と名誉を贈りなさい」と 若い頃教えて下さった古老大家の言葉を思い出し、
これに従っておいて良かったと思いました。

大徳寺芳春院ご住職よりお預かりした色紙「樹石是禅」を 植物園にお届けして、
3点寄贈の感謝状を頂いた時、式典に招待された全米の盆栽水石関係者100人の内、
半数がアメリカの良き友人達であることを見て、初めての訪米講演から15年、
感慨深いものがありました。
盆栽協会岩崎理事長たち日本からの皆さんと、先達が遺してくれた足跡に感謝しました。

特に、アメリカ東部の盆栽文化発展に生涯を注いで下さった、
香風園吉村酉二師の肖像が、学芸員の部屋に飾ってあるのを見て、
深い尊敬と微力でも自分もいつかは「盆栽水石文化の伝道者」になりたいと
非力浅学を顧みず思いました。

50周年の時は私も68歳、出来ればその頃私の夢でもある拙著「盆栽の心・水石の心」を携えて、
この地に訪れたいと願っています。


【ダグラス・ポール邸  名盆栽群!】

ニューヨーク州北部ロチェスターでの講演を前に、
毎年羽生の庭に来て下さるダグラスさんの庭に伺いました。
私は何度も訪れていますが、アメリカ初訪問の白石君 森山君は、
そのコレクションのレベルに圧倒されていました。

現在は自邸の中にある検疫用ハウスで、日本からの盆栽を2年間隔離管理していますが、
以前は来日して根洗いの上 苦労してアメリカに運んでも、
そこから2年間自分の所へは運べない中でコレクションを増やしてこられました。
美しい自然に囲まれたダグラス邸は、まさに盆栽達の楽園です。
私が講演に出かけている間、二人は手入れに取り掛かります。
若い二人が初めてのアメリカを見て感じて・・
いつの間にかそんなことが嬉しい年になってしまいました。

↑このページのトップヘ