雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

2016年06月


【明治神宮  神域東回廊と社務所講堂】

50年を越える歴史を持つ「日本水石名品展」が
今年も明治神宮で開催されました!
日本を代表する愛好家達による名石の数々はもちろんのこと、
添えに飾られている小さな草物がとても可愛らしく、
この殆どが出品を毎年されている世田谷区三軒茶屋の内田さんの自作の草物!
自然を愛する水石家の丹精!
脱帽です。


【都会の喧騒を忘れて  山野草・盆栽・水石  そして  アンティークの数々】

今春、池之端の老舗骨董店「呂宋・内久根」が
銀座雨竹庵  池之端店」となり、半年が経ちました。
創業70年(終戦後  開店!)の歴史を持つこの店は、
私どもの古くからの友人である現店主内久根シゲ子さんが2代目として守られていたものです。
美術骨董界に信頼厚い内久根さんが "店長"を快く引き受けてくれたので助かりました!
床の間飾りも楽しめる店内は、盆栽水石界と
骨董世界の様々な道具を楽しんで頂く「出会いの場」として
多くの皆様が内久根さんとの語らいのひと時を楽しまれています。

この間、霧煙るまさに今の季節を切り取った様な飾りをされていました。
 
室内に自然の美しさと詩情を取り入れる日本の素晴らしさを伝えたいと店主は願っています。
(店主は結構男勝りの"江戸っ子タイプです!お会いになればわかります!)

【借景に囲まれた名庭と和風大邸宅!】

友人の紹介で、栃木県を代表するさつき盆栽愛好家の坂本先生宅へ伺いました。

温厚な先生が案内して下さった庭園と邸宅、
そして圧巻の太幹大型さつき盆栽の名木群!
すべてにスケールの大きさに感動しました。

「これでもまだ未完成」と仰る庭園と豪邸、
盆栽は「大盃」と「紫竜の舞」がおそらく現存の最高峰の作品でしょう!

邸宅の奥の庭には"未来の名木"を夢見るさつきの素材が見渡す限り!
四国新居浜の故岩崎大蔵先生を彷彿させる坂本先生に脱帽です!


【神域に飾られた名樹の数々・500年の真柏・加藤三郎翁 遺愛の五葉松など】

日本水石協会による明治神宮の「奉納盆栽展」
菖蒲園で賑わう神宮の初夏の恒例行事。

今年も全国から選抜された名木達が、参拝の方々をはじめ、
圧倒的な海外よりの観光者の目を釘づけにしていました。


【昔  名高い名樹が見る影もない姿に・・技と心で新たな美へ】

遠い昔、数々の受賞を得た真柏名木、私が先々週手に入れた時は、
ようやく枝先に力をつけて命を繋いでいる状態でした。
"この樹は素晴らしくなる"という直感的なものを感じて
"次なる道"を描いて施術に努めました。
元々、名樹としての要素を秘めた樹は私の思いを受けとめて、
未来へ遺す姿となってくれました!  
               ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
斯界に受け継がれ、守られた樹達は、
その本質を大切に次代へ伝承したいものです。

↑このページのトップヘ