コロナ禍を経て、久しぶりに台湾の愛好家の方の所へ、日本から渡った盆栽達の手入れに、
私と盆栽作家・森山義彦さん、そして初めての“海外デビュー“の羽生スタッフ近藤君と訪れました。

IMG_9322
親しい台湾の盆栽園の方に日頃の手入れをお願いしていましたが、人手不足で、回り切れない💦 
というSOSを受けて、各樹の内容に合わせた手入れ(剪定・針金掛け・幹洗い・硫黄合剤塗布・針金ほどき・植替え)等々、
3日半の行程で、
夜8時くらいまで頑張ってみました。

IMG_9323
こうして海を渡った盆栽達。
おそらくこの10年で、全国では2~3万本に及ぶのではないかと推定されます。
気候や管理の違う国へ行った樹達、どの国へ行こうと、そこで樹を愛して大切にしてくれる人、
私達プロは、彼の地に行った樹達が、健やかに生きていくことを手入れという面でサポートに努める事が、責務だと思っています。

高い旅費や手間賃を払って頂いて、手入れの済んだ樹をご覧になって、心から喜んでくださるお客様。
勿論、手入れでお伺いしている間は、こちらからの要望で朝から夜暗くなるまで、
盆栽棚から離れず、昼も秘書の方にお弁当を現場に運んで頂いての作業。

IMG_9324
“また来るからね“ と心の中で盆栽達に伝えて帰国の途に着きます!