長野県小布施町、久しぶりに友人鈴木伸二さんの盆栽園に伺いました。
いつの間にか、彼も今年で60歳、30代初めの頃、
“小布施に盆栽美術館を作りたいので、相談に乗って欲しい“と言われて、
もう30年以上の時間が経ちました。

業界、世界を代表する盆栽作家になられた彼は、昔と変わらず、唯々盆栽を見つめる好青年!
それでも多くのお弟子さんを育てて、今も6人のスタッフを抱えて日々盆栽と向き合っています。
“森前さん、盆栽と居る時間だけでいたいですね!“
・・お互いにこの歳になると、この言葉には本当の想いを感じます💦

庭内の盆栽達は、私の雨竹亭とは桁違いのレベル‼️
名樹が当たり前のように所狭しと置かれています。

IMG_1087
“樹と一緒に生きていたいんだなあ“・とつくづく思います。
特に盆栽のひとつひとつに対する適切な管理面には頭が下がります。

IMG_1088
どんな樹でも、“今はこの状況が一番“と思える管理です!
盆栽園には、それぞれ園主の個性や感がう方が滲み出ます。

IMG_1089
彼は本当に盆栽を愛しているのでしょう。