【盆栽作家の名品のオンパレード‼️】

47年目(実際は昨年のコロナ中止を挟んで48年)の日本盆栽作風展が、上野グリーン倶楽部で開催されました。
大賞である内閣総理大臣賞は、私共羽生雨竹亭のそばの仲間である、森山義彦さん。

IMG_7319
名匠木村正彦先生の直弟子として、先生の名作真柏「登龍の舞」以来の真柏での大賞受賞!
所蔵者である舩山秋英氏と共に、会場にお祝いに行きました。

IMG_7320
大賞の真柏は他を圧倒する存在感!
それでも他の作品群も、作家各自が丹精と情熱を注いだ秀作ばかり。

IMG_7321

IMG_7322
日本の盆栽界は、正式にプロとして登録した証となる「日本盆栽協同組合員」になる事で、審査資格を得ます。
つまり、国風展は愛好家の展示会、作風展は商売だけではなく、盆栽家として作出や培養を手がけるプロの発表の場なのです。

海外と違って、日本は盆栽を業とする者と趣味とされる方がハッキリ区別されています。

たとえ僅かな金額の盆栽を愛好されていても、純粋に趣味として楽しまれる方を尊び、
上位として、どんなに名品を所有していても、それを売買して生活をしている者は、愛好家より一歩下がって礼儀を立てるものです。

海外も最近は日本も、“セミプロ“的に、愛好家なのか?商売なのか?区別のつかない方々がいますが、
盆栽を心から愛好される趣味の方とは一線を画して私達プロは見ています。

素材からの作出が難しい昨今。
若いプロ作家を支えて下さるのは、次代の盆栽界を思って下さる趣味家の方々の応援あればこそです。

全国にいらっしゃる愛好家の皆さんの支えが、若いプロ達を創っています。
ありがとうございます。