【圧巻の財団展示❗️】

コロナ禍で昨年中止となった晩秋の京都の大イベント「日本盆栽大観展」第41回展が、
11月19日~22日まで、歴史的文化遺産群の中心地、京都平安神宮前「みやこメッセ」で開催されます。
毎年、友人の盆栽作家である、鈴木伸二さんが実行委員長を務める事、
そして私が旧高木盆栽美術館を継承された、京都国際文化振興財団「慶雲庵」の美術館準備委員会室長を預かる関係で、
企画担当者として、同展の構成をする事になりました。

財団も間もなく美術館建設予定地の発表(場所は現在極秘です!)となる前の大展覧!
今回は、盆栽以外にも膨大な盆器・水石などを所蔵している財団ですが、“ここからの財団の姿“をスッキリと皆さんにご覧頂こうと、
所蔵する名盆栽から精選して、過去、国風賞や内閣総理大臣賞を受賞した作品のみで構成すると言う、前代未聞の形をとります。

IMG_6746
温暖化や盆栽の文化的歴史的価値の再評価が求められる現代、その保存伝承の為に財団が繰り広げている“真の姿“を圧倒的な所蔵盆栽群で披露します。

IMG_6747
海外の愛好家の皆さんの来場が難しい中だからこそ、映像などが、世界に拡散する事で、
“やっぱり日本の名樹は素晴らしい“と思って頂けたら嬉しいです。

IMG_6748
毎年の事ですが、11月は、雨竹亭の観照会・大観展・そして私が懇意にさせて頂く著名愛好家の団体
「玄虹会」の展覧が、京都禅林『大徳寺』で開催、準備、手入れ、展示構成・!!!
目がまわります❗️
それでも、盆栽や水石を皆さんにお伝えするこの仕事、ありがたいと思っています。
間もなく開催!楽しみにしていて下さい!