【秋本番の庭園展示入れ替え❗️】

彼岸の季節、秋風が心地よい京都大徳寺。
酷暑を耐え抜いた庭園の盆栽達も、夏飾りの役目を終えて羽生培養場に帰るもの、
新しく庭園に飾られるもの、“中秋から錦秋“までの芳春院盆栽庭園は、
老大樹・枯淡の盆栽・造形的な景趣の作品・等々、多種多様な盆栽達に“衣替え“されました。


IMG_5903

4人がかりでないと運べない大型盆栽が多い庭、手入れも含めて羽生から2名、常駐1名、私と応援の京都古園、大溝さん。
合計5名でヘトヘトの3日間でした。
自分でも、メリハリの効いた庭園飾りになったと納得しています。

IMG_5902
まだまだコロナの影響で、訪れる方も少ない大徳寺。
でもそれも良しと思っています。
この庭園を預かる時、“生涯の仕事“と心に決めていました。
初めの1~2年、静謐な盆栽庭園も良いものです!
それに、その中でも来園下さる方々と、ゆっくりお話をする刻の良き事!
5年、10年、そしてその先、この庭はいつまでも続くのです。

IMG_5904
50年後のここは、私にも見られませんが、その中の1年、その中の1日を預かった事だけでも、盆栽人としてありがたい刻だと思っています。