【幻の祖母五葉松!初公開‼️樹齢250年!】

国風展併催の上野グリーンクラブ『立春盆栽大市』も、後半「国風後期展」に合わせて、
小店2カ所のブースの“プレミアムブース“を、飾り替えしました。

IMG_1958
前期展で飾った「木村正彦先生、初公開巨大真柏」も、予想に反して(失礼しました)ご成約になり、
もうステージの役目は充分に果たしたのですが、売約品を自慢そうに飾っておく事は、昔から大嫌いなので、
中日に下げて、これも初公開の五葉松を中心に飾りました。


250年の歴史が克明に残っている「幻の祖母五葉松」。

IMG_1954
本当は3月に開園する「大徳寺内・芳春院盆栽庭園」の柿落としに飾ろうと思っていましたが、ひと足早く、帝都での披露とさせて頂きました。
正直、今回の国風展は、コロナの影響で、殆ど売れないと思っていましたので、
こうして高額の盆栽達が、いらっしゃるお客様達のお心を掴んで下さったこと、本当に嬉しいです。


また、映像に写っているイワシデの大型盆栽は、私が20代より関わった斯界の誰もが知る名品。

IMG_1956
旧蔵者のご好意で、30年ぶりに私の棚に帰って来て一年。
鉢を入れ替えて、これも大徳寺で披露しようと思っていましたが、友人の盆栽園主人が国風展にご一緒にお連れされた愛好家の方が、
“今回の大市の中では、この樹が一番だね”と仰って下さって、お求め下さいました!
なんと30代の方❗️
しかも「どうぞ大徳寺の開園に飾って下さい。引渡しはその後で良いですから」と。
ありがたいことです。

社会も盆栽界もコロナで苦しい刻の中、それでも盆栽が心を癒してくれると思って下さる方々。
毎日“今日が一期一会“と思って、出会いを大切にしたいものです。