【神話の銘を持つ神居古潭石「高千穂」特別展示❗️】

東京都美術館において、水石界の象徴的展覧会となっている「日本の水石展」が、コロナ下の開催が危ぶまれた中、無事に開幕しました。

IMG_1927
東京都への来訪を積極的にお勧めする時とは言えない中でも、昨年を上回る総席数177石の出品をいただいた事は、
事務局長を預かる身として、本当にありがたい事でした。


全国各地に愛蔵されてきた名石の数々が、一堂に展覧される国内最大規模の水石展。
今回は特別出品としてポスターにした石は、戦前より名石として名高く、帝国議会への展覧、
そして“天覧“(陛下がご覧になった事)の栄を受けた石、神居古潭、銘「高千穂」が選ばれました。

IMG_1921
天孫降臨の神話の舞台としての地、高千穂の名を持つこの石は、水石家の誰もが知るものですが、近年は公開の機会を得る事がありませんでした。
コロナ下の都心、気高い名を持つ石を首座に据えて、無事に開催が行われる事を願っての
出陳です。


他にも、廣瀬自在庵氏の協力で、郷男爵、旧三菱財閥岩崎家、等々の旧蔵歴を持つ、日本の代表的な名石12点を一挙展示する企画展示も注目の的です。

IMG_1928
IMG_1929
外出を控えて、自宅での時間が多い中、自然界の造形である「石」の持つ美が、

多くの人々の心を癒やしてくれることを願っての展覧会になりますよう、祈りたいです。