1月25日、上野グリーンクラブで、第95回国風盆栽展の選考審査会が行われました。
各地・各盆栽業(日本盆栽協同組合員)の取扱いによる300点を超える申込作品。
愛好家の方々が、出入り方のプロと手を取り合って、作出に励まれた樹達は、どれも甲乙付け難い逸品ばかりです。
それでも、コロナの影響で、東京都美術館に飾れる席数は、削られて、審査会では、厳選など点数性によって落選してしまう盆栽もあります。

私が修行中の頃は、数百点が落選する事が当たり前の様な国風展でした。
当時数百万円の樹が落選する、出入り方が愛好家本人に“残念な結果でした“と伝える時の辛さは、私も経験があり、
“二度とこんな思いはお客さんにさせない“と心に誓って励んだものです。
特に落選の報を伝えた時“そうか、ご苦労だったね“と、何も言わずに受け入れて下さった方々の事は、今も鮮明に覚えています。
その“想い“が、その後の私の糧となったのです。

今回も名匠木村正彦先生と共同で、審査会に挑みました。


IMG_1733
IMG_1734

2ヶ月間にわたる手入れ・仕上げ・準備の末に、今回は無事に29点のすべてが入選となりました。
ありがたいです。
そして、その中に木村正彦が手掛けた“未公開真柏名樹”が、栄えある「国風賞・国風展全体の中で、特に優れた作品に与えられる賞」に選ばれました。

FullSizeRender

間もなく81歳になる先生の老成した術によって世に送り出した真柏。
一年程前から先生の棚場で拝見するたびに“久しぶりに見た秘蔵未公開の樹だ“と、見入っていました。
そしてこの樹の出品者が、海外の方と聞いて驚きました。
“ハッタリ“の効いた樹などが、海外でもてはやされるのはわかります。
しかし、この樹は私達半世紀近くこの世界に身を置く者が見ても、真柏盆栽として、真柏芸術として、第一級の名品なのです。
簡単に言えば、“目利き“と言われるような旦那衆でなければ、所有していない樹です。
先生に伺うと、
“とても目筋の良い方で、たとえ国風展に受かるような樹でも、余程の内容を感じなければ買わない人なんだよ“
と言われ、“そんなレベルの人が海外に生まれてきたんだなあ“と感慨深いものがありました。

ここで、考えるのは、プロとして多くの盆栽を扱わせていただく中で、
国風展級といわれる多くの愛好家の方々でも、1000万円を優に超える盆栽を求める方が少なくなって、高額名盆栽の多くが、海外流出している事です。
(輸送の合法・非合法も問題です)

『トヨタのレクサスのグレードの高い車種を買う程度の金額、それで「日本の伝統的文化遺産」が買える。』


この比較価値観で海外の富裕層の方々が、日本の名盆栽に注目するのです。
考えてみれば、今回の木村先生の真柏も山採りされてどれ程の年月が経っているのか、わからないほどです。
そしてその山採りも今は素材の枯渇と規制で、新たな原木素材を見つけるのは不可能です。

私はよくスタッフに言います。
私達が日常取り扱っている10~30万円の盆栽の半分以上が、“過去の盆栽を愛した人達が、守り伝えてくれたからこそ、今ここに生きている”ものなんだと。

新作のモダンアートと称される抽象絵画が、名盆栽の数倍の価格で取引される令和。
私達日本のプロ盆栽家は、次の時代の在り方、次の時代への遺産の伝承、の方法を真剣に考えなければいけない時に来ているように思います。

自由市場の流通は、資本主義の原点です。
しかし、失えば二度と取り戻せない遺産達、このジレンマをどうすべきか?
少し考えさせられる時になりました。