【33代1000年!の隠れ仕立て畑!!】

3年ぶりに四国高松・鬼無の五葉松の生産地に伺いました。
某所より“長く培養に励まれていた何人かの方々が、高齢の為、まとめて買ってくれる人を探している”と言うお話を頂き、懐かしい地をまわりました。
山懐の最奥部に位置した「神高本家」、敷地の中には7世紀初め頃の、古墳まである由緒ある家!
数えて33代目にあたるご当主の神高哲夫さんは、いかにも家柄の良い風貌とお人柄。
IMG_7776
宮島五葉松(この土地では、銀八五葉と呼ぶそうです)を苗木から畑で育てて、10〜15年で鉢揚げ、そこから剪定・整姿・を繰り返し!
別に70年以上かけて、太幹の名木となる素材が、古墳前の畑にビッシリ!
「出来れば選び出しではなく、せめてひと畝ずつで考えて欲しい」とのお言葉。
大変な量と手間、・・・自分でも苦笑いの結果、全体で600点を超える約束をして、来月には300点の鉢物引き取り、来春には300点の地植え物の大量移動となりました。
IMG_7775
羽生に帰って、管理班の“顔色”を見ながら(笑)さて、羽生第三培養場3000坪も、だいぶ狭くなってきている中、どうやって置こうか?
・・相変わらずの私でした!
でも、高松は素晴らしいです!
樹と土を友として、日々樹づくりに励まれる鬼無・国分寺・坂出・の盆栽家の皆さん。
自然美しい地が、育んでくれる未来の名木達。
この地が、これからも変わらぬ五葉松の「聖地」でありますように。
IMG_7777