【秦野市・椎野宝樹園】

コロナ災禍で長い間行けなかった、友人・椎野宝樹園に久しぶりに伺いました。
昔、皇室の飲料水の水源となった山々を背に、静かな盆栽園は、見事な手入れを施して、ご家族で守り営んでおられました。
IMG_7551
私より20歳も年下の彼、日焼けして真っ黒になった姿が、日々盆栽と向き合っている事を教えてくれます。
「中国の愛好家の方々が来れなくなって、商売の方をどうしたらいいかと思っていましたが、
日本の愛好家の皆さんに支えられて、本当の盆栽園の仕事と言うものを、振り返る良い機会になりました」
私の好きな初代創業盆栽園の園主に戻った顔の彼は、清々しいものがありました。
IMG_7550
小品盆栽から、国風賞クラスの名樹まで、手入れ素晴らしく彼の手で守られていました。
不思議なもので、彼の庭には“彼らしさ”がちゃんとあります。
私も同じく、みんな好きでこの世界に入った者は、自分の描く盆栽世界があるものです。
緑深き山々、清き石清水、澄み切った空、ここにいる盆栽達は本当に幸せですね!