【百日紅】
先日 40年来のお付き合いをさせて頂く 古老盆栽愛好家のお宅にお邪魔しました。
20代の銀座三越の盆栽店を任されていた頃に出会い、相手様も当時40代になったばかり。
盆栽水石の商売はもとより、様々なお客様と出会って、
いろんな事を吸収したり、学んだりしたあの若かりし頃を良く知る数少ない方です。
お勤めを引かれる頃は、大企業の重役になられていましたが、趣味の世界、
そんな日本を背負う程の仕事の大役を担う方など、私にはおくびも見せずに、一愛好家として接して下さいました。
一線を引かれて、神奈川県の里山のような鄙びた農屋を買い取り、盆栽三昧の日々を過ごされる為に、修復をされ、
失われつつある日本の盆栽飾りの文化を中心に、哲学的な晴耕雨読の毎日を過ごされていらっしゃいます。
本来、奥様と老成の終の棲家とされたのですが、漸くその地に移る頃、奥様が病魔で他界。
免許証も持たない古老が、どうやってひとりで暮らされるのだろう?と、お預かりしていた盆栽の移動も当時は、ためらった程です。
“なに、ひとりでやれるようにやるよ”と、達観された言葉を頂くのみの古老。
あれから10余年、晩夏の暑気残る川沿いの小高い邸で、古老は穏やかなお顔で、私を迎えて下さいました。
IMG_3458
玄関には涼をとる溜まり石、名器 古渡青磁の水盤を、さりげなく使われ、三輪晁勢の「翡翠」の掛物。
IMG_3452
添えには 古老ご友人が作られ贈られた白鷺草。 
IMG_3453
IMG_3454
IMG_3455
けして “ひけらかす”わけでもなく、当たり前の飾りの中に、茶の湯ににも似た「客をもてなす」心遣いがにじみ出ていて、
相変わらずの「飾りの名手」だなあと、設えに頭を下げました。
ひとしきりの世間話の後、“森前君が来るので、懐かしい樹を気張らずに設えてみたよ”。
客間(本座敷)に入ると、細身の紅色の百日紅が 楚々と花を咲かせていました。
IMG_3456
IMG_3460
取り合わせの掛物は、林 文塘 の筆による「驟雨に蝉」
IMG_3461
名残の夏を静かにそして健気に生き、
命の謳歌をその花に託す百日紅、俄かの雨にひと夏の命の蝉が飛びゆく様。
脇床には 安倍川のくず屋石。
IMG_3457
“見えぬ人影、過ぎゆく季節、万象の中で繰り返される命”。
“この樹を覚えているかい?”古老の呼びかけに、“そうか!あの時の樹”と思いました。
最近は 社員に普段の出入りを半分任せている方。
銀座の店を苦労の末開店した時、まずはと思い、お世話させて頂いた百日紅でした。
“あの頃が懐かしいね”・・・この言葉の中に込められている古老の様々な想い、
私はどれだけのことができたのだろう、と有難くも不甲斐なさも感じる時でした。
人も時も止まりません。
60の年に京都大徳寺という場に盆栽庭園を挑む私。
ここからなにが私にできるものか?私自身もわかりません。
それでも古老が仰るように、“その日その日を懸命に生きることだよ。”
この言葉をそのまま自分の今におこうと思うひと時でした。
老成にはひとそれぞれの姿があると思います。盆栽も一本ずつ違います。
私も私らしい「明日」を生きようと思います。

IMG_3459