【名筆 森 寛斎と瀬田川古石に五葉松】

立春も過ぎて 明けやらぬ春待ちの冬空。凍みる空気の中、床飾りをしてみました。
IMG_9075
昨秋 栃木県のご老体から譲り受けた五葉松。
三幹仕立ての持込古いこの樹は、木村正彦先生門下・森山義彦さんの手で、空間優美な典雅な松へと生まれ変わりました!
IMG_9078
“梅を使わない2月初旬の飾り”・・季節感を捉えた王道の飾りが すぐに浮かぶ季節こそ、それとは違う飾りをするのに 知恵熱が出そうです。
(手持ちの少なさと言う家庭の事情もありますが・笑)
久々に書斎の奥にしまっておいた森 寛斎の『朧月』の大幅を掛けてみました。
IMG_9077
仄暗い 雪模様の曇天の空、画中 天井部に大月。
幕末から明治にかけて京都画壇に君臨した名筆はやっぱり良いです!
「明治の応挙」と謳われた寛斎の作品の中でも、独特の構図を取る作品に、
これもずっとしまっておいた(実は大きくて重くて ずっと蔵の奥にありました!)2尺を超える瀬田川古石を、
“明けやらぬ朧なる春待ち”の想いを込めて取り合わせてみました。
IMG_9076
月の朧が冬すぎての春を・瀬田川石の稜線穏やかな山容が、泰然とした中に何処かしら長閑さを。
松は変わらぬ翠を湛えながらも、僅かに“水揚げ”の色を濃くし始めている姿。
微妙な季節の移ろいをどうやって捉えて飾りをしつらえるか、これも盆栽水石の楽しみのひとつです。
是非 羽生雨竹亭の床飾りをご覧にいらして下さい。