【時価30億円! 世界最高の盆器コレクション 蘇州 楊 貴生 邸】

蘇州での実演日程を終えて、木村先生と私たち一行は、
古渡盆器の至高 最大のコレクション
「楊 貴生 盆栽 盆器 コレクション」を 拝見に訪問しました。
存在感ある楊先生は、温厚で心優しい 盆栽と盆器を愛する 中国盆栽界で尊敬の的の人物です。
「古渡盆器の至宝」と謳われる 李鴻章旧蔵の烏泥を中心に、
息を呑む名品が数百点の単位で収蔵されている特別室は、木村先生・藤川君・森山君 皆が言葉を失う程でした。
IMG_5457
IMG_5456
庭園の盆栽も同じく、数百点の真柏と黒松を中心とした 名品達、
そして何よりも木村先生が感嘆したのは、“10年後を見据えた段階的な樹作り”です。
IMG_5453
無駄枝を敢えて伸ばし、ふところの大切な枝を細やかに作ってゆく。
明日を完成にするのではなく、その樹が本当に持つ 力量に見合った時間をかけた培養計画。
IMG_5458
IMG_5455
特に 中国奥地から山採りで採取された圧倒的な年輪と太さを持つ真柏の原木群は、
木村先生をして
「森前君、私はこんな素材を思い切り残された人生で作ってみたい!何とか日本に運んでほしい」
と言わしめる 日本国内では既に手に入れることは不可能と言える内容の逸材達です。
“先生の為にも、必ず この未来の名品達を日本に運んでみせる”
 子供のような眼差しでその素材を見つめる先生を見て、胸に誓う訪問でした。
IMG_5454