雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

image37image35













挿し芽で作られた出猩々もみじの苗木を針金掛けで将来の名木への第一歩の仕事をしました。

笑われるかもしれませんが、私はこのように“ゼロからの新しい命”を生み出すのも
盆栽家の大切な仕事だと思っています。


image36image34













出来ればこれを各種大量に生産して一般の社会に盆栽が普及でき、
産業となることを願っています。


image


信州赤松の持ち込んだ優良素材を手に入れたので、縁あって木村正彦先生に整姿をお願いしました。

とりあえずの“図出し”に留めた仕事ですが、相変わらず端正な仕事は見事です。

image

image1


何日か前の雪の日、五葉松の養成棚はまるで雛飾りのようでした。

 

image

<

昨日朝起きたら雪景色でした。
この間久しぶりに手入れをした真柏名樹「丹頂の舞」も“雪鶴”の姿です!

image


岩崎太蔵先生旧蔵培養場もまわりも昼にはもとに戻ってしまう幻想的な世界になりました。

image

晩春の雪は盆栽達にまるで白無垢の衣装を着せた様です。
何でこんなに静かで綺麗なんでしょうね。

image

image

image

↑このページのトップヘ