雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

【今年の初手入れで 大型名木へ!】

元旦から6日まで、恒例の「新春盆栽展」を開いて、多くのお得意様と楽しいひと時を過ごさせて頂いた新年。
歳の初めの大仕事を、昨年末に入手した巨大な五葉松で始めました!
IMG_5068
九州にあったこの樹は、あまりの大きさで、今までおそらく30年近く、植え替えもされずに大型水瓶に植えられていました。
IMG_5069
人の手で 鉢から抜ける大きさではないので、フョークリフトを使って吊り上げての作業!
根の状態も良く、少し大きめの鉢に上手く合わせることができました!
IMG_5071
IMG_5072
樹筋は良かったのに、鉢合わせが盆栽としてお見せできるものではなかったもの、
ここからは 数少ない無傷の丸幹名木としての道を、ゆっくりでいいから歩いて欲しいです!
羽生雨竹亭の応接庭園の門脇にあります。
皆さん是非ご覧にいらしてくださいね!​​

【木村政彦先生の作品を飾って!】

明けましておめでとうございます㊗️
IMG_5011

ご改元初めての新春、神気纏う初春の盆栽はやっぱりいいですね!
羽生の応接室にも新年の飾りをしました。
IMG_4998
IMG_4999
埼玉県の大家が長く愛蔵していた五葉松の根連りを木村先生に暮れのうちにお願いして針金整姿をして頂きました! 
IMG_5007
令和の新年、松を皇居の別名「大内山」になぞらえて、“日出処の國”の象徴としての昇る旭、脇には暁光に輝く大八洲(おおやしま)の山々。
当たり前の設定ですが、「松に日の出、仰ぐ山々」これこそが、日ノ本の徴だと思っています!
オリンピック・水石協会60周年・明治神宮100年祭・そして秋には大徳寺盆栽庭園。
私にとって、穏やかな1年、つまり盆栽と静かに向き合う年はいつになったら来るのやら!!
今年も 宜しくお願い申し上げます🤲
IMG_5008

【雨竹亭のレンタル盆栽】

私が銀座に店を出して1年たった頃、“和食の鉄人” 道場六三郎さんがいらして
「店を新しく作るので、飾る盆栽を売って欲しい」のご要望から、痛んだり管理の難しさ・季節感・などをご相談した結果、
“季節の美しい盆栽を飾るサービス”が始まりました。
都心を中心に22年たった今では、年間4000万円を超えるサービス業になり、
盆栽界という趣味の狭い世界にいた盆栽達が、幅広い多くの皆さんにご覧頂く仕事になりました。
年末は大忙しです!
年間契約のレンタル先に、雨竹亭ならではの「季寄せ盆栽」
つまり宮中などで設えられる松・梅・竹・千両・柚子・福寿草・フキノトウ・等々、新春の目出度さをひと鉢の中に込めた盆栽の製作作業にスタッフみんなで頑張っています。
IMG_4983
盆栽としては、1点ではどことなく物足りない樹達が、ひと鉢の中に組み合わされるで、“醜いアヒルの子が白鳥になる”ような独特の盆栽が生まれます。
場所や大きさ、高さや奥行きなど、1年間お世話になっている所に合った季寄せ盆栽、新春の迎春盆栽として 
多くの方々が 園芸店などで市販されている松竹梅とは違う嬉しい驚きを持って観て下さいます。
IMG_4981
昔は自分で鉢合わせや、流れなど、率先して創っていましたが、今ではスタッフみんなに任せておいても大丈夫になりました。
IMG_4982
“季節を寄せる”と書いて季寄せ盆栽。鏡割りの頃には、役目を果たして庭に帰ってきます。
そして来年までの力を蓄える為に、また元の鉢に戻し植えする作業が待っています!
常しえの栄の徴「松」寒気の中葉も付けずに凛と咲く梅の魁、節目を持ってまっすぐに生い立つ竹、そこに色とりどりの実物花物の“宝尽くし”。
皆さんもご自身の生活に合った「季寄せ盆栽」に挑戦してみて下さい!​​

【1ヶ年の工事】

来年11月の開園を予定している大徳寺盆栽庭園の基本工事が始まりました!
IMG_4968
芳春院・竜泉庵 の南面・如意庵の西面・そして織田信長の墓所「総見院」の北面に位置した、大徳寺の中央。
特に盆栽庭園は 総見院の格調高い土塀を背面にした庭になります。
庭園内の展示処・小座敷・などの建築がいよいよ竣工です。
IMG_4969
ここは芳春院が永く所領されている土地で、ご住職のお考えで 500年を超える大徳寺の歴史の中で、初めての盆栽庭園を創られることになりました。
不肖 私がその任を託されましたが、あまりの責務、幾度もご辞退を申し上げたのですが、結局和尚様のお気持ちに沿う事になりました。
“私は 基礎を創り 預かるだけ、次の守り人への姿をまとめて、50年 100年 の盆栽庭園となる職方” という想いを心に決めて お手伝いする事にしました。
隣接する竜泉庵は、昭和初期に大徳寺の徳高い名僧の隠居所として造られた数寄屋造りの名建築。
ご住職は ここの改修を同時に進められています。
IMG_4970
芳春院を守りながら ご自身の代(23代)で、片桐石州公の墓所であった「高林庵」を再興されただけでも 大変なご苦労だったのに、
大徳寺宗務総長というお立場になられた中、竜泉庵の改修や、盆栽庭園の造営など、禅僧としての生き方そのものを間近で拝見して 唯々 頭の下がる事ばかりです。
来年の秋、盆栽を運び込むまで、私は建築・作庭・の脇役に過ぎませんが、出来るだけのお手伝いをさせて頂くつもりです。

【木村正彦先生応援📣】

羽生雨竹亭の盆栽教室に毎月通う 群馬県高崎市の清水ちえりちゃん。
IMG_4813
盆栽愛好家のお爺さんの影響で、“自分で手入れして国風展に出してみたい”という夢。
そんな彼女の熱意に名匠木村正彦先生が応えてくれました!
IMG_4810
持っている樹の最終調整・中品3点飾りのポイント・鉢合わせ・等々、お父さんお母さんに見守られて 準備が順調に進んでいます。
IMG_4811
IMG_4812
今年2月の国風展の際、来春の出品を夢見て 史上最年少で盆栽協会に入会しました!
来春1月20日の審査が「桜咲く!」か「桜散る」かは 祈るばかりです。
IMG_4814
12歳で盆栽を作り始めたら、30年かけていろんな名品が出来ます。
60歳の私には 羨ましいばかりの時間です!
 ガンバレ!シンデレラ!

↑このページのトップヘ