雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

【1ヶ年の工事】

来年11月の開園を予定している大徳寺盆栽庭園の基本工事が始まりました!
IMG_4968
芳春院・竜泉庵 の南面・如意庵の西面・そして織田信長の墓所「総見院」の北面に位置した、大徳寺の中央。
特に盆栽庭園は 総見院の格調高い土塀を背面にした庭になります。
庭園内の展示処・小座敷・などの建築がいよいよ竣工です。
IMG_4969
ここは芳春院が永く所領されている土地で、ご住職のお考えで 500年を超える大徳寺の歴史の中で、初めての盆栽庭園を創られることになりました。
不肖 私がその任を託されましたが、あまりの責務、幾度もご辞退を申し上げたのですが、結局和尚様のお気持ちに沿う事になりました。
“私は 基礎を創り 預かるだけ、次の守り人への姿をまとめて、50年 100年 の盆栽庭園となる職方” という想いを心に決めて お手伝いする事にしました。
隣接する竜泉庵は、昭和初期に大徳寺の徳高い名僧の隠居所として造られた数寄屋造りの名建築。
ご住職は ここの改修を同時に進められています。
IMG_4970
芳春院を守りながら ご自身の代(23代)で、片桐石州公の墓所であった「高林庵」を再興されただけでも 大変なご苦労だったのに、
大徳寺宗務総長というお立場になられた中、竜泉庵の改修や、盆栽庭園の造営など、禅僧としての生き方そのものを間近で拝見して 唯々 頭の下がる事ばかりです。
来年の秋、盆栽を運び込むまで、私は建築・作庭・の脇役に過ぎませんが、出来るだけのお手伝いをさせて頂くつもりです。

【木村正彦先生応援📣】

羽生雨竹亭の盆栽教室に毎月通う 群馬県高崎市の清水ちえりちゃん。
IMG_4813
盆栽愛好家のお爺さんの影響で、“自分で手入れして国風展に出してみたい”という夢。
そんな彼女の熱意に名匠木村正彦先生が応えてくれました!
IMG_4810
持っている樹の最終調整・中品3点飾りのポイント・鉢合わせ・等々、お父さんお母さんに見守られて 準備が順調に進んでいます。
IMG_4811
IMG_4812
今年2月の国風展の際、来春の出品を夢見て 史上最年少で盆栽協会に入会しました!
来春1月20日の審査が「桜咲く!」か「桜散る」かは 祈るばかりです。
IMG_4814
12歳で盆栽を作り始めたら、30年かけていろんな名品が出来ます。
60歳の私には 羨ましいばかりの時間です!
 ガンバレ!シンデレラ!


【愛弟子達の活躍・木村正彦先生一門と共に】

漆畑大雅君が内閣総理大臣賞を受賞した日本盆栽作風展が12日から開幕しました。
IMG_4787
羽生の研修生 ハオ君ツァオ君も若手部門で無事に入選し、ホッとしています。
若い盆栽家が少しずつ頑張っているのはとても嬉しいことです。
IMG_4788
会場で木村正彦先生と一緒に「この樹はこうなるね」など、いつのまにか年長者の立場になったんだなあ と笑ってしまいました。
IMG_4773
会場では 日本盆栽界の宝と言える『貴重盆栽展』も併催され、名樹の数々が一堂に飾られました。
IMG_4789
この樹達を守り伝える役目が私達にはあると あらためて古木の大切さを感じました。
IMG_4790
中堅と言われる盆栽業者の方々こそ、商売も大事ですが、もっと競い合う気持ちで、作品づくりに励んで頂かないと、若手の手本にならない事も痛感します。

【今年もあとわずか!】
年賀状用の盆栽飾りの撮影、毎年の恒例ですが、お客様に年の始めのご挨拶となるものです。
新春は何故か盆栽と触れ合う刻として、一番似合う季節のように思います。
IMG_4688
やっぱり松を選びました。
松は遠い昔「枩」と書いたそうです。
IMG_4689
「おおいなる木」樹木の中の王として、どんな時も旺盛な緑を湛えて、大空に向かって扇を広げるように葉を開く・・。
皆さんは門松の由来をご存知ですか?
家の入口に松を立てて
「我が家は このように松が緑を湛えた豊かな家です。どうかふり降りて下さい」
この願いが門松となったそうです。
黒松の名樹・海原に昇る日輪・脇には金色の小槌。
IMG_4690
IMG_4691
来る年がすべての方々にとって幸せな豊かな年になりますように・・
盆栽しか出来ない私の願いです。

【百年後のために】

30年来のお付き合いをさせて頂く、臨済宗 大徳寺派本山 京都「大徳寺」内の塔頭『芳春院』
400年前、戦国大名の雄、前田利家公の妻「おまつ様」により建立された名刹です。
IMG_4682
当代(23代)ご住職・秋吉則州師より “山内の私の預かる地に盆栽庭園を作らないか”と、お話を頂いたのが、丁度一年ほど前でした。
茶の湯に所縁深い名刹、しかも場所が大徳寺山内の上座中央部分の約500坪。
「分不相応な事、ご遠慮すべき」と思案して、お話を頂いて十日程後にお伺いした時には、
既にその地は 生い茂っていた杉や桧、雑木の一切が綺麗に伐採されて、更地の姿になっていました。
「君がやらないなら、白砂の枯山水にするだけ、やるかやらないかを決めてくれ」
このお言葉に、私の還暦を過ぎた中での人生の次なる役目を想い、「承ります」とご返事しました。
どんな風になるのだろう、どうしてゆけばよいのだろう、と 正業に励みながら、ここへお伺いする機会の度に、
ご住職にご挨拶しても「まあ、何から何までそう考えすぎるな、少しずつ相談しながら進めよう」こうおっしゃるばかり。
大観展も幕を閉じ、晩秋の名残の紅葉に覆われた芳春院を訪れれば、庭園の門周りを大工さん達が忙しくなさっていました。
IMG_4683
ここから、百年残る盆栽庭園が始まります。
私がここをお預かりするのは僅か10年ほどでしょう。
でも、そこから営々と盆栽の素晴らしさを伝える庭として「つなぎゆく」第一歩をお預かりすることになります。
来年の秋、多くの皆様にご披露するまで、このブログで幾度か進行をお伝えします。
15歳で禅僧になりたかった小僧が、盆栽の道を歩く事でご縁を頂いたこの地。
私はもしかすると、ここに至るための自分や今までがあったのかと 仏様に手を合わせる思いです。
IMG_4684

↑このページのトップヘ